おもひでを残す

今が終わった瞬間 その記憶は おもひでになります。2002年きれいな色のプリント=おもひでを残したいと、スタートしたおもひで工房。フィルムの時代が終わり、デジタルでおもひでを残す時代。私たちにできることに向き合い 名前に込められた想ひに取り組みます。

3つのおもひでの残し方

きれいにプリント

2002年のスタートから 変わらない想い。きれいな銀塩写真プリントで おもひでを残すお手伝い。

きれいに飾る

せっかく撮った写真をどう見るか、、

スクラップブッキング製作Sri Galih の美津江さんとコラボレーション スクラップブッキングやデコレーションふぉとの教室をご案内します♪

データを残す・・・

スマホの教室(準備中)

おもいで箱の使い方設定のしかた教室(準備中)

変わっていくことと変わらないこと

店主 プロカメラマン 岩田賢彦 (日本写真家協会 会員)
ショップマネージャー いわた ひろみ(おとちゃん)

変わっていくこと、、、街の風景
変わらないこと、、、記憶の中の風景
変わっていくこと、、、こどもの背の高さ
変わらないこと、、、生まれてきてくれた時の気持ち
変わっていくこと、、、おもひでの残し方。。
変わらないこと、、、おもひでを残したい気持ち

そんな気持ちに寄添って写真に向き合いたい。。
そんな気持ちに寄添って人に向き合いたい。。

おもひで工房のおもひで

2002年東大阪市石切神社のすぐ近く 日下町のマンダイさんの駐車場のプレハブから始まった おもひで工房。フィルムをお預かりして、お買い物をしている間に写真をお渡しする毎日でした。そんな中 時代はデジタル化に。。

2008年立ち退きの依頼により香里園へ転居。フィルムの需要は急降下。。フィルムカメラからデジカメへの過渡期を間近で感じながら、これまでの技術を活かして デジタルでの色管理 作品作りを使命として A3のプリントができる高性能デジタル出力機 ノーリツ鋼機37HDを導入。 写真講師業もスタート。生徒さんは今やコンテストに入選されたりや会派の会友になってどっぷり楽しんでいただけているのが、何よりの喜びです!

2015年 そんな中 家族の病気などにより営業形態を変えて続けるべく、香里中央商店街へ引っ越し。星彩写真として活動を開始。撮影部門の岩田写真事務所 教室部門の星彩ふぉと部 プリント部門のおもひで工房として新しいおもひでを残す活動を展開!

おもひで工房のHP

ワークショップ

素敵におもひでを残すための ワークショップを企画して一緒におもひでを残すお手伝いをいたします!

①デコレーションフォト教室

とっておきの写真は心を込めて一枚ずつ お花を生けるように お菓子やケーキをデコレーションするみたいに スクラップブッキングにして壁に飾りつける。

その後はファイルに綴じて、見るたびに あの素敵なひと時を想い出して、笑顔の時間に浸りませんか?

詳しくはこちら

スマホ寺小屋計画

*スマホの使い方 簡単教室♪
*パソコンが無くてもハードディスクに残してテレビで見れる!おもいで箱で残そう教室♪

とにかく撮って溜める。。そして、、データが重たくなり、、固まり。。クラッシュ。。

一番かわいらしい時期のデータがすべてなくなってしまったという方を何件も見てきました。

新しいデジタルの時代に どのようにおもひでを残していくのか。。簡単に楽しく残す方法をご提案します。

そして、ちょっと聞きたいスマホの使い方。。お気軽に聴いていただける寺小屋になれるように日々楽しくスマホをいじっています(笑)

調整中

〒572-0085 大阪府寝屋川市香里新町21-12 ℡ 072-833-5137
【営業時間】14:00 〜 18:00 【定休日】水・木曜日