なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングが選ばれる理由

ファクタリングは、入金待ちの請求書を現金として受け取ることができるサービスで、資金調達の方法として注目されています。

OLTA(オルタ)は、独自に商標登録をしているクラウドファクタリングを提供しているファクタリング会社です。

こちらでは、OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングとは何かとともに、クラウドファクタリングが選ばれる理由や利用の流れ、口コミまで詳しく解説していきます。

OLTAのクラウドファクタリングとは

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングは、オンラインで申し込みができるファクタリングサービスです。

アカウント登録と必要書類のアップロードで申し込みができ、事務所などに出向く必要がありません。

2者間ファクタリングを採用しており、OLTA(オルタ)と利用者の2者の間で取引が完了します。

取引先への通知や登記が行われませんので、取引先に知られることなく資金調達できるのが特徴です

OLTA(オルタ)の基本情報は、以下の表を確認してみてください。

会社名 OLTA株式会社
住所 〒107-0062 東京都港区南青山一丁目15番41号 QCcube南青山115ビル 3階
電話番号 03-4405-0980
営業時間 平日10:00~18:00
電話番号 03-4405-0980

OLTA(オルタ)が選ばれる理由

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングにはどのような特徴があるのでしょうか?

クラウドファクタリングが選ばれる3つの理由をご紹介していきます。

最短即日振込のスピード感

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングの特徴のひとつがスピード取引です。

申し込みから24時間(1営業日)以内に見積もり結果を回答し、契約後即日または翌営業日に振込が行われます

できるだけ早く売掛債権を現金化したい、すぐにでも資金が必要というときに心強いサービスです。

オンライン完結の利用しやすさ

クラウドファクタリングでは、申し込み・契約のために面談が必要ありません。

書類の提出はオンラインでアップロードするだけで良いので、気軽に利用することができます

また、面談が必要ないことによって、全国どこからでも利用可能です。

手数料2~9%のリーズナブルな料金設定

ファクタリングには手数料がかかりますが、手数料の幅は1~20%ほどとなっています。

手数料が高くなるほど受け取れるお金が減るため、できるだけ手数料の少ないファクタリング会社を利用のが得策です。

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングは、手数料は2~9%に設定しています。

AI審査やオンライン完結の手続きなどによってコストをカットしているため、安い手数料を実現できるのです

OLTA(オルタ)の利用の流れ

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングを利用する流れは、簡単な3ステップです。

利用の流れをチェックして、クラウドファクタリングを検討してみましょう。

  1. 登録:代表者を確認できる本人確認書類によるアカウント登録
  2. 申し込み:昨年度の決算書一式、入出金明細、売却予定の請求書をオンラインでアップロード
  3. 見積もり・振込:AI審査による審査後、見積もり結果を24時間以内に通知。契約手続き完了後、指定の口座に即日振込

OLTA(オルタ)の口コミ

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングを利用した方は、どのような評価をしているのでしょうか。

いくつかの口コミをご紹介しますので、利用を検討するヒントにしてみてください。
今月25日に入金予定だった会社から月末になると連絡があったので、慌てて申し込みました。

手数料がこんなに安いんだったら、早くやっておけばよかった。
近畿圏で使えるところを探していました。

他では20%の手数料に加えて、大阪までの出張費も払いました。

出張だと30万円くらいでは断られるので、少額OKなところも良いですね。
青森から東京のファクタリングA社に行ったが、とても大変で、OLTAが一番良い。

切り替えについてA社の担当者からも「ああ、OLTAさんですか、、、それは楽ですよね」と容認されました。
近畿圏で使えるところを探していました。

他では20%の手数料に加えて、大阪までの出張費も払いました。

出張だと30万円くらいでは断られるので、少額OKなところも良いですね。

まとめ

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングが選ばれる理由は、最短即日振込のスピード感やオンライン完結の手続き、手数料の安さといった3つです。

実際に利用しているユーザーからも好評が集まっており、信頼できるファクタリング会社といえるでしょう。

利用の流れを確認して、ぜひOLTA(オルタ)のクラウドファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

OLTAの信頼性や手数料・審査スピード

事前に調べておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれて、結局、時間と労力を無駄にしてしまうことがあります。この場合、せっかくの時間と労力を無駄にしてしまいます。

当社では、「クラウドファクタリング」という独自のオンラインファクタリングサービスを提供していますが、ファクタリングの仕組み自体は他社と同じなのでシンプルです。

BtoBのオンラインサービスを提供するために、フロントエンド、サーバーサイド、外部API連携、機械学習などを駆使して独自の与信モデルを開発しました。

このため、現段階での当社の手数料は、クレジットの全額に対して2.0%~9.0%となっています。また、取引のある既存のお客様を担保としています。

また、ここでは手数料を「請求書の購入金額」に変更しています。279〜294万円となっています。つまり、この段階でのコミッションは、請求書の全額の2.0%~7.0%となります。

最後に、「請求先企業が上場企業である」にチェックを入れると、「想定承認率」が最大80%に下がり、「請求書の買取価格」が285万円~294万円に下がります。

資金調達の緊急性から、コミッションの金額をすぐに把握し、支払いまでの日数を明確にしておくことが必要です。

OLTAのファクタリングで即日資金調達

OLTAは、ファクタリングと呼ばれるビジネス資金調達方法を提供しています。ファクタリングとは、「支払いを待っている請求書」を売却することで、運転資金を迅速に調達する「無借金」の方法です。

現金化には最低額も最高額もありませんので、どのような価値の請求書でも売却することができます。しかし、請求書を現金化するわけですから、取引先にファクタリングをしていることを知られないか心配する人もいます。

OLTAは新生銀行との合弁会社で、anewというファクタリングサービスを提供しています。比較的取引金額の大きい請求書を中心に取り扱っており、150万円以上の大口取引の資金調達にはanewの利用をおすすめします。

株式会社オルタは、「クラウドファクタリング事業」を株式会社鳥取銀行にOEM提供し、2021年2月1日より「とりぎんクラウドファクタリング poweredbyOLTA」としてサービスを開始します。

anew合同会社と株式会社みちのく銀行は、売掛金の入金が遅く、資金調達の選択肢が少ない中小企業の資金繰りを支援するため、オンライン請求書買取ファクタリングサービス「anewクラウドファクタリング」の顧客紹介に関する業務提携を開始しました。

オンラインファクタリングサービス「anewクラウドファクタリング」を提供するanew合同会社と、グローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」を提供するトレードシフトジャパン株式会社は、顧客紹介に関する協業を開始しました。

OLTAの特徴や口コミ・評判を分析

OLTAは2017年創業とまだ若い会社ですが、申込総額400億円、提携銀行数は業界最多と急成長中のファクタリング会社です。他のファクタリング会社で悩んでいる方は、比較対象として当社をご確認ください。

当社の手数料は、ファクタリング会社の中でも最安値です。他のファクタリング会社では、債権譲渡登記や印紙代などの手数料がかかることも珍しくありません。また、他のファクタリング会社では、最低購入金額が10万円となっています。

基本的に2社間ファクタリングでは、クライアントはファクタリングを意識しませんが、ファクタリング会社によっては、債権譲渡登記が必要になります。

債権譲渡登記をしたからといって、必ずしも売掛金がバレるわけではありませんが、法務局に概要記録証明書を見られたときにバレてしまうので、バレたくない人は避けたほうがいいでしょう。

OLTAには、請求書の買取価格に制限がないこと、手数料が安いことなど、多くのメリットがあります。手数料が安いファクタリング会社は、審査が厳しい傾向にあります。

ファクタリングには手数料がかかりますが、カードローンやキャッシングのような高金利ではなく、信用情報にも記載されないので、資金繰りが厳しいときに利用しやすいシステムです。