革新的リテーナー/コーンリテーナー
souvillage@munemuring.net

あなたは簡単且つ安価に省エネが出来ます。
省エネ効果の維持にコストと手間は掛かりません。
私はそんなあなたのお手伝いをします。

爽ビレッジ コンサルタント 宗村


ビレッジ コンサルタント

  • 私はあなたが実行する省エネのお手伝いをします。
  • 私は工場・ビル・病院等を運営されているお客様の「エネルギーの無駄遣い」と燃料代を同時に減らすお手伝いをしています。
  • この事業を通じて、SDG‘s 7.3「2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる」を達成します。
  • あらゆるスチームトラップを0-TRAPに置き換えることで蒸気ロスを撤廃し、省エネを実現します。
  • あらゆるバグフィルター集塵機のリテーナーをコーンタイプに変更出来ます。これによってフィルターの目詰まりを解消し、集塵機の性能が100%発揮する初期状態にリセットし続けます。
  • 私は工場・ビル・病院等を運営されているお客様の「エネルギーの無駄遣い」と燃料代を同時に減らすお手伝いをしています。
  • 私は工場・ビル・病院等を運営されているお客様の「エネルギーの無駄遣い」と燃料代を同時に減らすお手伝いをしています。

省エネ効果

ベンチュリーの代わりに特許を取得した独特の形状のコーンがついているリテーナーを装着すれば濾過面積の拡大と吸引力アップの効果でブロワの消費電力が削減出来ています。集塵するものにも拠る為、保証値ではありませんがベンチュリーリテーナー比で電力量が平均7%削減出来ています。
省エネ電力削減量の計算は次のように行ってください。
集塵機ブロワー電力(kw)×稼働時間(h)で現状の消費電力量が出ます。
これに7%を掛けると削減電力量となります、
リテーナー交換だけの場合投資回収が3年のお客様も多く、大変喜んで頂いています。

コーンリテーナ開発秘話

伸興産業株式会社はバグフィルター集塵機関連部品を製作、集塵機メーカーに販売しています。バグフィルター集塵機の主流は盧布に付着した粉塵をパルスエアで払い落とすタイプです。盧布を取り付けるリテーナにはベンチュリーが取り付けられているものが多く、その大きさ・形状は集塵機メーカーによりまちまちです。ベンチュリーの形を統一出来ればコストダウンにつながるのに。そこで同社は最適なベンチュリーの大きさ・形状を探し始めました。が、ベンチュリーには2つの大きな欠点があることがわかりました。1.吸い込み風量が少ない為、ブロワが全力で運転している。2.エジェクター効果のせいでベンチュリーを通ったパルスエアが盧布上部600mmで仕事(払い落とし)をしていない事です。同社は統一ベンチュリー開発を諦め、ベンチュリーにかわる仕事をするものの開発に着手しました。2年超の歳月が掛かりましたがエジェクター効果がない上部から払い落とし効果の高いコーンを開発し、特許を取得し、自社販売に至りました。コーンリテーナ開発の副産物として省エネ効果もありました。

コーンリテーナの実力

コーンタイプリテーナはバグフィルター集塵機で使えます。
バグフィルター集塵機には盧布交換に上抜きタイプと下抜きタイプがあります。
上抜きタイプであれば今まで使っていたリテーナをコーンタイプリテーナに交換して頂くだけで使えます。安価に省エネ出来ます。投資対効果抜群!
下抜きタイプであれば天板の変更等が必要です。投資対効果は悪いですが集塵でお困りであれば検討に値します。
見積もりは無料です。
現在のリテーナサイズ(径と長さ)と本数をご連絡下さい。
詳細不明の場合は集塵機のメーカー名と型式をご連絡下さい。

導入事例

バイオマス発電所
盧布に付着したダストが払い落とし出来ていないお客様から45本を試験導入。「しっかり払い落とし出来ている」との声を頂き、残り250本もコーンタイプに変更していくとのこと。
肥料工場
以前はダストが多く付着し、週明け稼働前に作業員が2〜3時間かけてフィルターのダストを払い落とす作業をしていたがコーンに変更後はその作業が一切無くなり週明け一番から稼働出来ている。
製薬メーカー
集塵機本体の更新の際にベンチュリーからコーンタイプに変更、コーン導入後は粉の付着量が減り、パルス間隔を大幅に伸ばす事が出来た。同社はパルスを窒素で行なっていたので窒素使用量削減につながった。
製薬メーカー
集塵機本体の更新の際にベンチュリーからコーンタイプに変更、コーン導入後は粉の付着量が減り、パルス間隔を大幅に伸ばす事が出来た。同社はパルスを窒素で行なっていたので窒素使用量削減につながった。

公式Facebookページ

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。