中古ドメインオークション

はたして中古ドメインのオークションは妥当なのか?

中古ドメインの特長


特徴1-Good
ページランク及び優良リンクが付いている場合がある

特徴2-Good
ドメインエイジが引き継がれた、オールドドメインである。

特徴3-Bad
マイナス効果を生むのドメインである場合がある

特徴3-Bad
マイナス効果を生むのドメインである場合がある

中古ドメインとは?

中古ドメイン(オールドドメイン)とは、一度利用されたことがある、期限切れのドメインの事になります。中古ドメインはSEO対策に有効なことから、GoogleのPageRankが高いドメインや運営歴が長いドメインを高値で売買されています。

しかし・・・!

中古・オールドドメインを利用する上でSEO効果が期待できる反面、リスクは非常に高くなっている状況で、中古ドメインを充分理解したうえで、購入することが重要です。

中古ドメインオークション

たとえば、住む家を探す時、新しい家を建てるという方法もあるわけですが、生活する上で必要な機能がすべて動き出すまでには、とても時間のかかることでしょう。
でも、すでに誰かが住んでいた家であれば、家具の配置も迷うことなく、世間からもそこに家があることは周知されているはずです。

中古ドメインの活用も同じようなことが言えるのかもしれません。
ホームページやブログを開設するにあたって、一から準備して、すぐにアクセス数を増やすということはなかなか難しいもので、代わりに中古ドメインを活用すれば、出だしも順調で高評価を得られるサイトとして登場するかもしれません。
では、サイト運営に中古ドメインのメリットを理解したとして、どこで中古ドメインを手に入れるかということになりますが、実は、オークションで中古ドメインを手に入れているという方も多いようです。

もともとオークションと言えば、美術品や貴金属類のオークションのように財産価値のある物をオークションで競って手に入れたり、車やバイクの部品やフィギュアのように手に入りにくい趣味の物をオークションで探すということもあるでしょう。
さらに、ネットオークションが盛んになり、コンサートチケットや観劇券、プロ野球の観戦チケットまでオークションで手に入れることができるわけです。
そして、オークション市場では、中古ドメインの売買も盛んに行われています。
この中古ドメインのオークションの場合、他の物品を扱うオークションと最も異なる点は、物がないということかもしれません。
つまり、情報が頼りであり、オークションの中には新品同様のドメインもあれば中古のドメインもあり、どんな業種のサイトで使われていた中古ドメインなのか、どんな業種にお勧めの中古ドメインなのかといった情報を元に、オークションを利用してこれだと思う中古ドメインを手に入れてみてはいかがでしょうか。

中には、オークションに出品されて、わずかな時間で買い手が付く中古ドメインも多く、これからネットショップを立ち上げようという方などは、中古ドメインのオークションがねらい目かと思います。

中古ドメイン導入事例


複合キーワードではあるが、短期間で、上位表示が達成された。

サテライトサイトとして利用しているがリンク効果が高いと思われる。

新規サイトOPEN後、短期間でTOPページ表示された。

希望したオールドドメインが取得できて非常に満足している。

会社概要

123Server株式会社
会社名 123Server株式会社(123サーバー株式会社)
所在地 〒700-0821
岡山県岡山市北区中山下1丁目9番1号
山陽アルファ中山下ビル4F
TEL 0120-718-768
Mail info at 123server.jp(atの部分を@に置き換えてください)
代表者 代表取締役社長  平川 智一
資本金 3,000万円
事業内容
  • 中古ドメイン買取及び販売
  • IPアドレス分散サーバー
  • 国内分散サーバー
  • 事業内容 ホスティングサービス届出電気通信事業者 F-19-660
代表者 代表取締役社長  平川 智一

お知らせ

2017.6.27 ペライチにてサイトをOPENしました。
2017.6.27 ペライチにてサイトをOPENしました。

マップ

優良でSEO効果の高い中古ドメインの販売及び買取りを行っております。
中古ドメインに関することや、SEO上位表示対策、IP分散サーバーほか
ネットに関することであれば、どんな事でもお気軽にお問合せ下さい。