古いお風呂場をDIYしたら大苦戦しました

元々、ガーデニングやDIYが好きだったこともあり、古いお風呂場を自分でリフォームすることに挑戦しました。

建売住宅だった我が家を購入してから既に10年以上の年月が経過しており、家族からお風呂場に対する不満の声が高まっていたのも事実です。

特に何とかしたかったのが、冬場の凍えるような寒さと収納スペースの狭さです。

一日の疲れを洗い流して、リフレッシュするためにも自らの手でDIYを成功させたいと臨みました。

しかしながら、所詮素人レベルの未熟なスキルやノウハウだけでは全然上手く行かず、途中で断念せざるを得ませんでした。

張り切って、ホームセンターで購入してきた資材の寸法が合わずに大苦戦…。

途方に暮れてしまった私は、タウンライフリフォームに相談することにしました。

複数リフォーム会社への無料一括見積りを利用することで、その後満足の行くお風呂場を手に入れることができて、家族も大喜びです。

古民家のお風呂リノベ・改装編

古民家再生の記録です。解体編では、古いステンレス製のバスタブを撤去しました。

4人家族の我が家には小さすぎたのと、ステンレスは冷たいイメージがあるので、新しいバスタブにしたかったのです。上の写真の茶色いレンガの前は、以前は薪を置いていた場所です。

新しいバスタブは、水道屋さんと相談して、一般的な素材であるFRPを使い、一般的な形にしました。相談当時、私は以前住んでいた兵庫と奈良を行ったり来たりしていたので、水道屋さんと密に連絡を取ることができませんでした。

洋風のお風呂についてあまり知らなかったので調べてみると、見た目がおしゃれなだけでなく、メリットもたくさんあることがわかりました。

その中でも特に気に入ったのは、洗面器の床がお風呂の底と一致していることです。

以前は、浴槽が床よりかなり低い位置にあったので、踏み越えにくく、小さな子どもが浴槽から出たがっていたので、抱っこするのも大変でした。エプロンとは、バスタブを保護するためのカバーのことです。

お風呂場を簡単にDIYリフォームするコツ

天井と壁にはアルミ複合板を使用し、側壁のみ木目調のシートを貼っています。バスナフローレを使ったリフォームについては、床のリフォームの項目で詳しく紹介しています。

床のリメイクに使用した製品は、クッションフロア、浴室用接着剤、防水コーキング材です。タイル張りの床に浴室用接着剤を塗布し、その上にクッションフロアを貼り付けています。

バスナフローレは浴室専用のシートで、ブラシや目地材などの道具とセットになって販売されている。目地材が乾いた後、接着剤を塗ってシートを貼り付けます。

浴室で水を使う場合は、防水タイプの浴室用壁紙シートを使うとよいでしょう。浴室用の防水タイプを選びましょう。この事例では、タイル張りの床を浴室用床シート「ペディシート」、壁を「アルパレージ」でリフォームしました。

初めてDIYをする人は、目地材や接着剤などがセットになっているので、購入しやすいと思います。

賃貸でもOK!古いお風呂場のDIY方法

壁紙シールは、お部屋を大胆にイメージチェンジするのに最適なアイテムです。小物に貼るだけで、バスルームの印象をガラリと変えることができます。

和風のバスルームにしたいなら、お風呂のふたに木目調の壁紙シールを貼るといいでしょう。こんなにかわいい柄の風呂ふたを見たことがありますか?

自分だけのオリジナルのお風呂や蓋を作ることができますよ。この壁紙は水に強いので、お風呂だけでなく、キッチンや洗面台にも使えます。

ただし、1本の長さが短いので、風呂蓋や浴槽を覆うには数本必要になります。何度でも交換できますし、季節やイベントの柄はシートに戻して来年まで保管できます。

取っ手にはさまざまな種類があるので、好みや用途に応じて変えることができます。

好みや用途に合わせて取っ手を変えれば、バスルームの洗面台が、スタイリッシュなパウダールームに早変わりします。