奥井組の車両紹介

重量物運搬・特大貨物輸送
重量物据付・各種機械設置工事・クレーンリース
倉庫物流・人材派遣・ウエイト/鉄板リース
奥井組の車両を従業員Sが紹介していきます。

奥井組ホームページ

奥井組のクレーン

220トンのオルテレーンクレーンから小回りの利くミニクレーンまで、用途に合わせて様々な機種をラインナップ。

車両の特性を活かし幅広い分野でお客様のニーズに応えている。
複数の資格を持った経験豊かな乗務員も奥井組の確かな技術を支えている。

オルテレーンクレーン

超ロングブームで広大な作業空間を創出

タダノのオルテレーンクレーンAFT220G-Iは、つり上げ荷重220トン、最大地上揚程68メートル、最大作業半径64メートルという広大な作業空間を作り出す。

メインブーム長68メートル、220トンの能力を5軸キャリアに凝縮。超大型クレーンでありながら走行時の安定性と小回りの良さを持つ。

第1ステージ
オート三輪時代

昭和29(1954)年~昭和35(1960)年

代表的な車両

みずしまTM6D/
新三菱重工号

これが奥井組の輸送の原点となった。

8tボンネットトラックT330型/
三菱日本重工業

車両メーカー

  • 新三菱重工業
  • 三菱日本重工業

当時の輸送事情

奥井建輸が創業された昭和29年当時、貨物の運搬はオート三輪が主流であった。
奥井正夫が日通の退職金で購入したのは、新三菱重工業の「みずしま」TM6Dである。
みずしまTM6D は744cc、750kg積で、当時の販売価格は30万円であった。
オート三輪は小回りが利き、頑丈な作りで過積載にも耐えられるという利点はあったものの、時代の流れとともに運搬車両の主流はオート三輪から四輪トラックへ移っていった。
奥井建輸でも昭和33年から昭和34年にかけて、三菱日本重工業のディーゼルエンジン、8トン積みのトラックT220型を2台購入している。
T330型の導入によって積載量が大幅に改善されたことで、より大きな荷物にも対応できるようになった。

当時の車両と運搬の様子

みずしまTM6Dで建設機械の部品を輸送していたころの写真。

みずしま号は「三輪車業界では初めての幌や、航空機技術を活かした風防、フロントオレオフォークを採用、他車とは一味違う特徴を備えていた」(三菱自動車のサイトより引用)という。

第2ステージ
ボンネットトレーラ時代

昭和35(1960)年~昭和55(1980)年

代表的な車両

三菱ふそうのボンネットトラック

セミトレーラ・ポールトレーラ/
東洋車両工業

車両メーカー

  • 三菱日本重工業
  • 日産ディーゼル工業
  • 東洋車両工業

当時の輸送事情

昭和30年代後半以降、主力得意先であった小松製作所やキャタピラー三菱より、土木工事に使用するブルドーザーやモータースクレイパなど大型建機の輸送依頼が増加。

従来、これらの大型建機は分解搬入されていたが、納期や組み立て費用がかさむため、分解せずに運べる車両の開発が望まれていた。そこで奥井組は重量貨物を運搬する専用台車として、荷台中央部を低床にした16輪トレーラを東洋車両工業の協力を得て製作。
この専用台車によって建設重機を分解せずに運ぶことが可能となり、輸送力が飛躍的に向上した。

また当時のトラックは現在のようなエンジンの上に運転席があるキャブオーバー型ではなく、ボンネット型が主流であった。

当時の車両と運搬の様子

1970年台の2代目16輪トレーラ

国内最大級のダンプトラックCAT773を運ぶ

自社クレーンによる建設機械の積み込み

トレーラとポールトレーラを使用して
長さ30mのキャピテーションコンベアブリッジを輸送

第3ステージ
特殊トレーラ時代

昭和55(1980)年~平成12(2000)年

代表的な車両

フラット高床トレーラ
(後方3軸)

低床8輪セミトレーラ
(後方2軸)

フラット中低床トレーラ
(後方3軸)

低床16輪セミトレーラ
(後方2軸)

フラット中落ちトレーラ
(後方3軸)

低床16輪セミトレーラ
(後方2軸一打舵装置付き)

車両メーカー

  • 三菱ふそう
  • 日産自動車
  • トーヨートレーラー

当時の輸送事情

昭和50年代後半以降は醸造タンクや工作機械、プラント装置など、運ぶ貨物の形態が多様化していった時代である。
それに伴い円筒形タンクを運搬するための専用台車や長尺フラット台車を導入。
エアサスペンションや小回りの利く舵切装置を設けた特殊トレーラを次々と開発し、特殊性の高い重量物に対する輸送技術が蓄積されていった。

ちなみにトレーラを牽引するヘッドは従来のボンネット型からキャブオーバー型へと移行。
エンジン性能や牽引能力も格段に向上した。
また、奥井組では運ぶ貨物が多様化したことで、運搬後の機械の据付工事や起訴土木行為時などエンジニアリング関連の分野にも拡大進出していった。

当時の車両と運搬の様子

土木造成工事で使用される
超大型権機を運搬

ポールトレーラ長尺物輸送

特大プラント機械輸送

引伸式筒型タンク台車での醸造・オイルタンク輸送

TVドラマ撮影用の戦車

シールドマシン輸送

石造土台の輸送

第4ステージ
コンビネーショントレーラ時代

平成12(2000)年~平成27(2015)年

代表的な車両

マルチトレーラⅠ
(2軸+ベッド+3軸)
ショイエレル社

マルチトレーラ2
(2軸+ベッド+4軸)
トーヨートレーラー

低床タンクトレーラ
(後方3軸一舵切直径4.0m)

車両メーカー

  • 三菱ふそうトラック/バス
  • メルセデス/ベンツ
  • 日産自動車
  • トーヨートレーラー
  • ボルボ
  • ショイエレル

当時の輸送事情

超大型輸送時代を迎え、奥井組も長年の経験と技術を結集し、コンピュータを駆使した最新鋭のキャリアとトレーラを配備していく。貨物にやさしいエアサスやハイドロサスペンショントレーラ、荷台の昇降およびステアリングが自在となる多軸トレーラ、貨物の重量や長さに応じて引き伸ばしや組み換えのできるコンビネーショントレーラなど、特殊トレーラがさらに進化していった。

また、H-ⅡAロケットブースタの輸送を期に、最新の油圧技術とコンピュータ制御を備えた特殊台車をドイツのショイエレル社と共同開発。
航空機、風力発電機、電車、サイロなど、最新の注意を要する精密貨物の輸送を可能とし、さらなる輸送品質の向上を実現した。

当時の車両と運搬の様子

プラント要ドライヤー機輸送

大型コイル巻取り機輸送

大型建設機械輸送

大型タンク輸送

大型食用タンク輸送

大型サイロ輸送