OKI Olive Crowdfunding OPEN

OKI Olive
クラウドファンディング

開催期間
2020年12月10日~2021年1月10日

温暖なせとうち気候、讃岐山脈を臨む丘陵にて
最高級オリーブオイルを創る
オリーブの樹オーナー募集

援購入総額:20,000円 / 目標金額300,000円
サポーター :1人
残り    :  0日

概要

オキオリーブの目標は「素材の旨味を引き出す調味料」としてのオリーブオイルの生産です。オイルとしての用途ではなく最高の調味料としてのオリーブオイルのお手本となるよう、日々オリーブと向き合っています。
ぜひオリーブの樹オーナーとして、私共と一緒に「素材の旨味を引き出すオリーブオイルのお手本づくりプロジェクト」に参加しませんか。

はじめまして
オキオリーブ 代表園主
澳敬夫(Oki Takao)です。

1990年に訪れたイタリアンブームは、またたく間に日本中に広がり、それと同時にオリーブオイルの利用も飛躍的に増えてきました。

最近ではそのおいしさだけでなく、健康への関心も高まりますます人気が高まっています。

でも、実際に市場に出回っているオリーブオイルの中には、本来のオリーブオイルのおいしさとは違ったものが多いのも事実です。私たちは細心の注意を払って純国産のオリーブオイルを手間ひまを惜しまず搾ることによって、オリーブオイルの「お手本」を作ろうと思っています。

美味しくて健康にいいオリーブオイル、丹精込めて作り上げた究極のエクストラバージンオリーブオイル、それが「澳 OKI Olive」です。

今年も素晴らしいオリーブオイル
搾れました!

オキオリーブとは

[特徴]
和食にあうオリーブオイル

その理由は
・100%純国産の貴重なオリーブ
 オイル。

・味はオイルなのに油っぽくなく
 サラッとしている。

・クッとくる辛味がスッと抜けて後を
 ひかない。

・ポリフェノールが豊富にあり、たい
 へんヘルシー。

・見た目の緑の深さは品のいい盛り付
 けに華を添える。

結果、食材の味を邪魔せず逆に引き立ててくれて、料理のポテンシャルを引き上げます。

食材を活かす料理「和食」との相性が抜群!
オイルとして使用するのではなく、旨み引き出すエッセンス、調味料としての利用をお勧めします。

[実績]
国際オリーブオイルコンテスト
2018年最優秀賞獲得

2018年の「JOOP(Japan Olive Oil Prize)国際オリーブオイルコンテスト」で国別部門最優秀賞に輝き、日本一のオリーブオイルの称号を獲得しました。

*国際オリーブオイルコンテストは2013年から毎年開催される世界でも最もレベルの高いエキストラバージンオイル限定のオリーブオイルのコンテストの一つ

[実績]
国際オリーブオイルコンテスト
2018年最優秀賞獲得

2018年の「JOOP(Japan Olive Oil Prize)国際オリーブオイルコンテスト」で国別部門最優秀賞に輝き、日本一のオリーブオイルの称号を獲得しました。

*国際オリーブオイルコンテストは2013年から毎年開催される世界でも最もレベルの高いエキストラバージンオイル限定のオリーブオイルのコンテストの一つ

徹底的に拘りぬいた製造法

恵まれた環境&奇跡のミッション種

・瀬戸内海の恵まれた気候風土
 オリーブに最適な豊かな瀬戸内の風土。地中海に似たその温暖で乾いた気候はオリーブの栽培には最適。自然豊かで清らかな空気の丘の上のは、最高のオリーブを作るために申し分のない環境です。

・奇跡の品種ミッション種100%
 明治41年にアメリカから輸入されたミッション種は、上品なコクと爽やかな香り、喉を抜ける清涼な辛みが偶然にも和食にぴったり。1,400種以上の品種からこれほど和食に合う品種が来たのは神が導いた奇跡です。

こだわりの手摘み
オリーブの実を傷つけないように、一粒づつ丁寧に手摘みで収穫するのは途方もない作業。でも最高のオリーブオイルを搾るために、私たちはその手間を惜しみません。
い実のみ採取(超早摘み)

フレッシュな草の香りやすっきりしたコク、目の覚めるエメラルドグリーンのオイルは、熟す前の青い果実だけを搾るからです。果実からたったの3%しか採れない貴重なひと雫のオイルは、まさにオリーブの宝石。

収穫後4時間以内に搾油

収穫した瞬間から劣化が始まるオリーブはできるだけ早く搾油することが重要です。私たちは4時

 間以内(IOC=国際オリーブ委員会基準は72時間)にすべてのオリーブオイルを抽出します。

収穫後4時間以内に搾油

収穫した瞬間から劣化が始まるオリーブはできるだけ早く搾油することが重要です。私たちは4時

 間以内(IOC=国際オリーブ委員会基準は72時間)にすべてのオリーブオイルを抽出します。

最高のオリーブオイルの完成です!

オキオリーブの愉しみ方
「おうちごはん」がグルメな至高のひとときに

 オキオリーブの単価は、他の高級オリーブオイルの倍以上します。普通の考えると「おうちごはん」で使用するのは、あまりにナンセンスだと思われがちです。
 しかし、使用方法が違います。オイルとして使用するのでなく調味料として使用します。事実現在取引のある高級料理店でもすべて調味料として使用されています。
 例えば、高級鮨店では、提供する最後の段階でオキオリーブをひと雫のせています。
 その量、わずか、0.6グラムです。金額にすると3円程度です。


*使い方
もともと食材の旨みを引き立てるのが目的です。基本最後の仕上げに一雫が基本です。

豆腐にオキオリーブ
卵かけごはんにオキオリーブ
卵かけごはんにオキオリーブ

ゲストハウス&ガーデンカフェ

ゲストハウス

ダイニングでお座り頂く椅子は、世界的木工デザイナーのジョージナカシマの手になる「コノイドチェア」50年の時を経てもなお輝きを増しています。
それを照らすのはイサムノグチの「AKARI」のやさしい光。
豪奢ではないが落ち着いた日本庭園に囲まれてのゆったりとした時間。
夕食(別料金7,000円)は亭主自らが作るイノヴェーティブフレンチのフルコース。瀬戸内の新鮮な食材をオリーブオイルを使って、素材の持ち味を最大限に引き出します。
朝食(別料金2,000円)は漆塗りのお膳で滋味あふれる日本料理を召し上がって頂きます。「澳 OKI Olive」をかけて頂く至高の卵かけゴハンは絶品ですよ。
そして圧巻は、ゲストハウス隣接の小高い丘の上のオリーブ農園の雄大な眺め。1500本の木に囲まれたガーデンカフェで頂くランチやドリンク、鳥のさえずりや虫の声を聴きながらのオリーブの木陰の散策、すっかり心を解放して頂けますよ。
世界中からここに集まる仲間たちとの交流も、ここでの楽しみの一つ。オリーブを通じた暖かい思いは言葉の壁を超えてうち融けあえます。

ガーデンカフェ

オキオリーブ ガーデンカフェは、オキオリーブのオリーブ畑の中にあります。
1500本のオリーブと、美しい自然の中で過ごすひとときは格別です。

オキオリーブ代表園主 澳 敬夫(oki takao) プロフィール

1966年岐阜県生まれ

11歳の時に、帝国ホテル料理長の「村上信夫の卵料理」を片手に焼いたオムレツが最初の料理体験、それ以来料理を趣味として作り続ける

証券会社勤務時代、2009年に赴任した高松支店にて高品質国産オリーブオイルとの衝撃的な出会いにより、自らオリーブの栽培を始める

2017年、初めてオリーブオイルを搾油販売、全国の料理店にオリーブオイルの利用提案に東奔西走する

オリーブの樹オーナー 2021

支援金額 24,000円
    (通常価格の50%OFF)

リターン
オキオリーブ2020(185ml)*1本
オキオリーブ2021(185ml)*1本
+ゲストハウス ペア宿泊券
+収穫体験

オリーブの樹1本の2021年オーナーになっていただきます。

オリーブの樹ガーデンエリアオーナー 2021

支援金額 1,000,000円
    (通常価格の40%OFF)

リターン
オキオリーブ2020(185ml)*40本
オキオリーブ2021(185ml)*40本
+ゲストハウス無料宿泊(1棟貸切)
 *年間最大10日間
+オキオリーブ主催ガーデンイベント
 年間無料ペア招待(2021年)
+収穫体験

1.オリーブの樹40本の「ガーデンエリアオーナー」になっていただきます。
2.ゲストハウス1棟貸し切り10日間宿泊利用できます。

3.2021年ガーデンで行われるオキオリーブ主催イベントに無料でペア参加できます。

オキオリーブ ガーデン

讃岐山脈を臨む美しい丘陵にて最高級オリーブオイルの樹に包まれてみませんか。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。