こんにちは。初めまして。
大阪でライターをしている、白川といいます。


今回のプログラムのことを書く前に、
沖縄の土地について話をしなければならないのだと思います。

なので、どうにか書いてみようとは思いますが、しょうじき自信がありません。
なぜなら、ぼくの言葉だけではすべてが伝わらず、
ぼくの想いだけが伝わってしまうかもしれないからです。
それでも、どうにか書いてみようと思います。
 
 
 
 * 初めて旅行以外で沖縄を訪れたのは、ちょうど二十歳の6月でした。
そのころぼくは、ロックバンド「おかん」という
ミュージシャンのアシスタントをさせてもらっていて、
その活動の一環として、沖縄を訪れることになりました。

6月に訪れたその理由が、
沖縄の平和記念日に合わせて組まれたツアーだったからです。



そこでぼくは、沖縄という土地で、平和というものを考えさせられることになります。


戦争を体験されたおばあちゃんと話をしました。
涙を流しながら、その手は涙をぬぐうのではなく、ぼくの手をやさしく握っていてくれました。

ガマと呼ばれる防空壕の中へ入らせてもらいました。
電気を消すと真っ暗闇になって、ほんとうに何も見えなくなりました。
そして、その中で何日も生活された人の話を聴きました。

平和祈念資料館にある、いろんな資料を見てきました。
目を背けたくなるような、心を閉ざしたくなるようなものも、正直ありました。
けれど、平和の礎と呼ばれるお墓には、
戦争で亡くなられた方のお名前が、国籍問わず刻まれていました。


そんな、沖縄で起きたことを学んだ一年目。
そこで出てきた想いを胸に、ぼくは次の年からその時期に合わせて、
同世代の若者を連れて、共に沖縄へと足を運ぶプログラムを作り、
一昨年と去年の2回を実施することになります。




 * ようやく話は現在に戻ります。

そうして、今回で4回目となる沖縄の平和記念日を迎えます。
自身では4回目、皆んなを引率する立場としては3回目となる今回、
どんなふうに自分が思っていて、どんなふうに考え、
どんなふうに感じたいのか、そして感じてもらいたいのか。


そんなことをじいっと考えてみて、ふつふつと出てきたものがありました。



ぼくはべつに、沖縄の歴史を伝えたいだとか、
沖縄戦や戦争があったからぼくたちがいるんだとか、
そういったことを伝えたいわけではありません。(むかしはそうでした)


それよりももっと、沖縄という土地に、そこで生きる人たちに、触れてほしい。
ぼく自身も、もっと触れたい。そこで生きた人たちのことも、きちんとすべてに敬意を持って。
そうして、短い間でも「いっしょに過ごしてみたい」と思ったのです。



旅行というとちょっと違うし、旅というわけでもない。
もっとこう、沖縄という場所といっしょに過ごすような、そんな感覚です。

「沖縄」がもしひとりの人間だったら、
その人の隣でいっしょに過ごしてみる、そんな三日間。

だから、今回は「沖縄と居る三日間」と名前をつけてみました。



そんな三日間をぼくたちと一緒に過ごす縁のある友人たちを、今回募集してみようと思います。
べつに、会ったことがなくたって構いません。
特に制限もありません。参加するのに、はっきりとした理由や動機も必要ありません。




  
----------------------------------------
 
 
 
 
【主だったスケジュール(変更する可能性もございます】

〈6/21(金)〉
 
・戦争を体験されたおじいおばあとのふれあい
・ガマ(沖縄の防空壕のことです)見学
・シェアリングタイム

 
 
〈6/22(土)〉
 
・平和祈念公園・資料館見学
・沖縄の同世代と飲んだり、話したり、めしを食ったりします。

 
〈6/23(日)〉

・慰霊の日・平和式典(沖縄全戦没者追悼式)に参列
・三日間の振り返り

その後、解散(15:00ごろを予定)
 
 
 
 
●参加費用:33000円(現地での交通費や宿泊代、プログラム費など)


☆いっしょに割:友人と一緒に参加すると、宿泊費の都合上で
33000⇒30000円(2人とも適用) でご参加いただけます。
 
 
※食事代別
※沖縄での現地集合・解散です。
沖縄那覇空港まで・からの交通はご自身で確保をお願いします。
(21日11時までに着の便でお願いします。遅れる場合はご相談ください。)
 
 
 
●募集定員:10名
(最少催行人数に達しなかった場合、開催しない場合もございます。)
 
 

ぜひ、お早めにお申し込みください!

ごいっしょする人たち。

白川 烈

フリーランスのコピーライター。エッセイスト。

へたな自己紹介より、下のボタンから文章をよんだほうが、わかると思います。知らんけど。

文章をみる

十輝

ミュージシャン。1993年11月22日生。
一般の学校には通わず、親が自ら教材を使って教える「ホームスクーリング」という特殊な教育方法で育つ。18歳でCD300枚の完売目標を達成し、インド各地の学校で「ヒロシマ原爆展」を開催。
“This is Life”をテーマに、生きたままの表現者を目指し、魂へ歌いかける。
広島のラジオや雑誌、テレビCMなど、 全国でその歌声を響かせている。

HP

森元 明美

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

清水 綾乃

10代で心と体の病になった事をきっかけに食事、心の在り方、生活の物をできる限り自然な方へとシフトしていきました。

現在、妊娠中。
妊娠を機に生活と視点が変わり、命とは、自然とは。というところにより意識を向け日々を過ごす今、お腹に宿した命とともに、沖縄と命を感じ、寄り添った日々を過ごしたいと思っています。

こんなこと、したりします。

戦争体験者の
生の声を聴ける

僕たちの世代が「戦争を体験された方の生の声を聴ける最後の世代」と言われています。教科書やネットで学ぶのではなく、実際にどうだったのか。生の声に勝るものはありません。

防空壕見学

実際に避難されていた「ガマ」と言われる防空壕の中へ入ります。明かりを消すと、何も見えないくらい真っ暗。その中で何日間も生活されていた人々。普通に沖縄に来ただけじゃ間違いなく出来ない体験です。

沖縄で暮らす
仲間たちとの交流

沖縄で生まれ、沖縄で暮らす、同世代の仲間たち。彼らは本当に身近に、戦争の歴史や基地問題、人種問題があります。現地で生きる同世代は何を感じ、どう考えているのか。酒を酌み交わし、抱き合い、一生の仲間になる空間です。

平和式典参列

毎年6月23日に行われる平和式典に参列します。その場にいるからこそ味わえる空気感。そして、平和の礎の前で三線を弾く沖縄の同世代の仲間たち。そこにはどんな想いが込められているのか。その場にいるからこそ感じるものを、存分に感じます。

こんな声をいただきました。

S.Tくん(高知県・20歳男性)

戦争や平和について初めて深く考えた3日間。 平和とは何なのか、考えてもわからなかった。 ただ、3日間で命というものをすごく感じた。 自分たちは生かされてる。命のバトンは今自分たちが任されている。 そんな中で、自分の生き方をはっきりと決めることができました。

N.Kさん(福岡・20歳女性)

今回の旅の最後、みんなの感想を聞いた時、もっと自分も目の前の人や事に、心で寄り添いたい、心で感じたい。そう思いました。 いつの間にかどこかに置いてきた、大切なこと。”心で捉えること”が、自分の中から消えていた事に気付けたのが、この旅です。
もっと頭ではなく心で目の前の人や物事に向き合える人になりたいです。 ほんの少し相手の痛みを想像する、相手に感謝を伝える所から始めようと思います。

S.Yくん(奈良・22歳男性)

22年間生きてきた中ではじめて本気で平和とはなにか悩みました。
自分の中で答えは出ませんでした。

それでも、自分の大切な人、大切な人の大切な人の笑顔が少しでも増えるように、少しでも生きて、生きたいと思いました!