このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
098-911-8393
受付時間:平日9:00〜16:00

【先着順で対応中】

長期化するコロナ禍の資金繰り悪化で
「事業再構築補助金を受けたい!」
だけど、自分で事業計画を作れなくて
困っている方へ
不採択となった事業計画を見直して
再申請したい方もご相談ください

第1回公募採択率100%の
ReHug株式会社が
コロナ禍を乗り切るためのアイデアの
実現可能性を高められるように
丁寧に
支援いたします。

※補助金申請には申し込みの締め切り(厳守!)があります!
まずは初回の無料相談(1時間)だけでもOKです!
詳しくご説明いたします。
初回
無料相談
あり

第4回は10月中に公募開始
12月中下旬ごろまで
第5回は1月中に公募開始
3月ごろまで実施を予定

事業再構築補助金は採択された後に
事業を続けられるかが大事です

公募要領で求められている要件を満たして
補助金の採択を受けられたとしても
その事業を立ち上げられるかどうか
しっかりと続けられるかどうか

第1回公募の全国の採択率は
41.6%(※)である中、

認定経営革新等支援機関の
ReHugが申請支援した
4社
全てが無事に採択!
※ 8,016/19,239件
事業再構築補助金事務局公式サイトの「採択結果」はこちら

第2回は力及ばず2件の支援先がありましたが
2件とも不採択となりましたので
現在の採択率は66.6%(4件/6件)です。

第2回までの全国の採択率は 46.1%(17,352/37,572件)

中小企業庁の
認定経営革新等支援機関検索システムで
公表されているReHugの採択率

上記の検索システムで「事業再構築補助金支援実績」の採択率が確認できます。

補助金申請支援サービスをご利用いただいた方のお声

一人では見えなかったことに気づきを持たせてもらえました

観光業
自分のイメージする新規事業のアイデアに客観的な 質問をしていただけることで、具体的な行動が明確になった。完成した事業計画を見て「これは自分では作れない。しっかりと対応してくれる支援機関に相談することが大事だ」と思いました。

オンラインミーティングでの対応をしてもらえてよかった

畜産農業

苦手だった自社の経営の振り返りを答えやすい質問で 聴いてくれるし、新規事業の収益計画を数値化してくれるので助かりました。遠方でもオンラインミーティングで対応してもらえるのも良かったです。

自分ではまとめられなかった事業計画がハッキリとしたカタチになった

建設業

「こういうことが言いたかったんです!」と思うほど、自分ではうまく表現できなかったことが、事業計画に言葉と数字でまとめられていった。

再申請の対応してもらえました!

サービス業

不採択となった事業計画の審査員コメントをもとに客観的な視点で事業計画を見直ししてもらい再申請できました! オンライン対応もスムーズでした。

オンラインミーティングでの対応をしてもらえてよかった

畜産農業

苦手だった自社の経営の振り返りを答えやすい質問で 聴いてくれるし、新規事業の収益計画を数値化してくれるので助かりました。遠方でもオンラインミーティングで対応してもらえるのも良かったです。


ReHugの採択率が高い理由

採択率が高い理由-1
経営改善の実績を持つ公認会計士が代表と務める経営支援のプロ、認定支援機関である
ReHugは中小企業庁が認定した「経営革新等支援機関」(通称:認定支援機関)です。

事業計画は数字(売上や利益など)だけではなく、
数字の根拠(顧客や商品の特徴、販売活動など)を示す必要があります。

様々な企業の事業計画を策定した経験があるため、

事業再構築補助金申請で特に重要な事業計画の策定を支援できます。
採択率が高い理由-2
依頼者の方のアイデアを具体的なカタチにしていける
アイデアについてしっかりとヒアリングを行い、公募要領で求められている事業計画で示す項目や審査項目を意識しながら、審査員が読みやすいストーリーにして説明のできる事業計画にまとめていきます。


採択率が高い理由-3
事業計画策定のポイントを熟知している
ReHugの主なサービスである経営改善計画の策定支援をしているスタッフが事業計画の策定におけるポイントを熟知している。

特に資金繰りに困っている企業の経営改善計画の場合には、金融機関からは「その計画は実現できるんですか?」という、厳しいとはいえ当たり前の質問が日常茶飯事です。
だからこそ、補助金の事業計画の申請支援でも「話としてはうまくいきそうな計画ですね」と思っても、「その商品をどのような人に売るために、具体的にどんなことをしていくんですか?」と実現可能性を高める支援をしています。
新規事業の内容や将来の展望などそれぞれの企業によって状況や内容が異なりますので、
100%の確率で採択をお約束できるものではありません。

少しでも採択される可能性、実現・継続できる可能性を高める支援をしますので、
まずは無料相談をお試しいただいて、正式なご依頼をされるかどうかを
ご判断いただきますようお願いいたします。
採択率が高い理由-2
依頼者の方のアイデアを具体的なカタチにしていける
アイデアについてしっかりとヒアリングを行い、公募要領で求められている事業計画で示す項目や審査項目を意識しながら、審査員が読みやすいストーリーにして説明のできる事業計画にまとめていきます。


第3回公募で売上高減少要件が変更になっています!
(対象が拡大されています)

今までは2020年10月以降の期間で売上高10%減少を満たしているかの判定でしたが
第3回公募からの要件の変更で、2020年4月以降で判定することができます。

また、売上高で要件を満たさない企業は、付加価値額での判定もできることになっています。

売上減少要件の判定が分かりにくい方は、
ReHugが作成した「売上減少要件判定シート」を提供させていただきます。
必要な方は、「売上減少要件判定シートを希望する」ボタンをクリックしてお申し込みください。

15ページの事業計画書にまとめる内容が
一人で考えるとまとめられない!

公募要領で求められている事業計画の項目はこんなにいっぱい!

1.補助事業の具体的取り組み内容

① 現在の事業の状況、強み・弱み、機会・脅威、事業環境、事業再構築の必要性、事業再構築の具体的内容、今回の補助事業で実施する新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組について具体的に記載

② 事業再構築の種類に応じて、「事業再構築指針」に沿った事業計画を作成

③ 補助事業を行うことによって、どのように他者、既存事業と差別化し競争力強化が実現するかについて、その方法や仕組み、実施体制など、具体的に記載

2.将来の展望
(事業化に向けて想定している市場及び期待される効果) 

① 本事業の成果が寄与すると想定している具体的なユーザー、マーケット及び市場規模等について、その成果の価格的・性能的な優位性・収益性や課題やリスクとその解決方法などを記載

② 本事業の成果の事業化見込みについて、目標となる時期・売上規模・量産化時の製品等の価格等について簡潔に記載

3.本事業で取得する主な資産

本事業により取得する主な資産(単価50万円以上の建物、機械装置・システム等)の名称、分類、取得予定価格等を記載

4.収益計画

① 本事業の実施体制、スケジュール、資金調達計画等について具体的に記載

② 収益計画(表)における「付加価値額」の算出については、算出根拠を記載

4.収益計画

① 本事業の実施体制、スケジュール、資金調達計画等について具体的に記載

② 収益計画(表)における「付加価値額」の算出については、算出根拠を記載

15ページの事業計画の策定時間
およそ30時間〜35時間
(打ち合わせ込み)


報酬(税込)の内容

項目 内容
着手金 110,000円

無料相談後、正式にご依頼いただいた時の報酬となります。
※お客様の事情により本契約を途中で解除する場合、お客様の事情により締切までに申請書の提出ができなかった場合、契約後に補助対象外事業だと発覚した場合でも、着手金は返還いたしません。
申請完了報酬 220,000円

電子申請が完了した時の報酬となります。

※申請完了報酬は採否によらず、返金は致しません。
成功報酬

補助採択額×7%×1.1(消費税)


採択された時の報酬となります。
ただし、上限額は1,320,000円(税込)となります。

成功報酬

補助採択額×7%×1.1(消費税)


採択された時の報酬となります。
ただし、上限額は1,320,000円(税込)となります。

補助金申請支援サービスの流れ

Step
1
無料相談
コロナ禍における会社の現状、今後の見込み、再構築のアイデアをお聞きして、申請できそうかどうかのアドバイスをいたします。
売上減少要件を満たしているかは、こちらを参考に事前に自己判定をお願いします。

※ 無料相談は1時間以内(1回限り)とさせていただきます。
2回目以降は1時間あたり11,000円(税込)を事前入金いただいて予約を受けさせていただきます。

正式にご契約いただいた場合は、上記の相談料金は着手金に充当させていただきます。

例:2回目、3回目の有料相談の後、正式にご契約頂いた場合
着手金110,000ー22,000=88,000円のご請求となります。
Step
2
ご契約と着手金のお振込
正式にご依頼いただける場合には契約を締結させていただき、着手金をお振込いただいた後、支援サービスを開始させていただきます。

※ 無理な勧誘は致しませんので、ご安心ください。
Step
3
資料のご準備
①売上減少を確認できる資料
②決算書(2期分)
③再構築する上で補助対象経費とされる見積書(申請する全ての経費)
→50万円以上は、採択後相見積もりも必要となります。
④直近の試算表

【その他】
Gビズ登録は事前にお済ませください。

Gビズ登録方法はこちら
Step
4
ヒアリング
会社の現状、再構築の構想・集客方法・実施体制・新事業スタートまでのスケジュール・収益見込みなど、お伺いいたします。
Step
5
事業計画(案)の策定
数回のヒアリングを元に、公募要領に求められている項目を盛り込んだ事業計画(A4で10〜15枚)を策定いたします。

※代行ではなく、一緒に事業計画策定に取り組むことで、採択される可能性と事業の実現可能性を向上させます。
Step
6
打ち合わせ→事業計画完成
弊社で事業計画(案)をまとめた後、実現可能性があるかどうかを含めた最終確認を行います。
Step
7
電子申請の補助
申請時には、提出書類全てのファイル名の統一が必要だったり、内容によってはエラーが発生することもありますので、ご希望の方へ電子申請の補助も行います。

電子申請システムへの代理入力は行っておりませんが、オンライン対応などにて補助いたします。

※公募要領の注意事項※
本アカウントは、事業者情報の再入力の手間を省くため、採択後の手続きにおいても利用します。
本アカウント及びパスワードを外部支援者等の第三者に開示することは、
GビズIDの利用規約第10条に反する行為であり、トラブルの原因となり得ますので、ご注意ください。

Step
8
申請完了時報酬のお振込
申請後、申請完了時報酬をお振込みいただきます。
Step
9
成功報酬のお振込
申請後、採択されましたら
補助額の7%を成功報酬としてお振込いただきます。
上限額は1,320,000円(税込)
Step
2
ご契約と着手金のお振込
正式にご依頼いただける場合には契約を締結させていただき、着手金をお振込いただいた後、支援サービスを開始させていただきます。

※ 無理な勧誘は致しませんので、ご安心ください。

よくあるご質問

ReHugに寄せられる、よくあるご質問から一部をご紹介します。
その他ご質問があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
Q
急いでいます。すぐにできますか?
A
事業再構築補助金は、持続化補助金に比べると量だけではなく、具体的な内容も示さないといけません。

第1回公募で依頼いただいた企業との打ち合わせは5回程度必要となる会社もあり、
打ち合わせ以外の資料作成にも時間を要します。

申請期限ギリギリでのご依頼は、次回の公募申請でお受けすることになります。

余裕を持ったご依頼をいただくことでお客様と一緒に、
会社の現場、事業再構築のアイデアや実現するための取り組みや設備投資内容などの
お話を聞き取りながら事業計画を策定していきます。

1人で事業計画を策定するよりも確実に早く、
そして採択される可能性の高いものとすることができます。

また、移動時間のかからない、オンライン対応(Google meet / zoom)も可能です。
Q
資金繰りが厳しく、補助金申請以前に問題があるのですが…
A
経営改善支援を専門としている会社なので、資金繰りについてのご相談も承っております。

経営改善支援の詳細は、こちらをご覧ください。

事業を継続する意思があり、どうにかしたいとお考えの方は、まずは一度ご相談ください!
Q
不採択となった事業計画があるのですが、ご対応いただけますか?
A
不採択となった理由を事務局に電話で確認することができるので、
その理由を踏まえつつReHugの客観的な視点で事業計画を見直させていただきます。

まずは、初回の無料相談にて前回申請した事業計画をご持参いただけると
見直す点、対応方法などについて助言させていただきます。

正式にご依頼いただく場合、報酬についても多少の減額を検討させていただきます。
(ただし、全面的に見直しの場合は、通常の報酬とさせていただきます)
Q
第3回公募要領で変更となった売上高減少要件の説明が分かりにくいです。どう考えればいいですか?
A
まずは2020年「10月」以降の売上高で判定

①10%以上減少している場合
要件を満たす。

②10%以上減少していなくて5%以上減少している場合
2020年4月以降の売上高で判定して10%減少していれば、要件を満たす。
10%以上減少していなければ、付加価値額で再判定する。
Q
着手金と申請完了報酬の330,000円の支払いが厳しいのですが・・・
A
事業計画策定でそれなりの時間をかけさせていただくので330,000円は
最低報酬額として採択されない場合もいただくこととしております。

申請完了報酬を採択発表までに分割でお支払いは柔軟に対応させていただきます。
Q
ReHugに依頼したのに不採択になった場合、どうすればいいですか?
A
第2回の申請では2社とも不採択になってしまいました。
第3回での再申請を希望された企業様には、着手金0円、申請完了報酬0円、成功報酬のみの内容で
審査員コメントなどを踏まえた見直しをして、再申請を支援させていただきました。

第4回申請をいただいて、もしも不採択となった場合には、
上記と同様に着手金0円、申請完了報酬0円、成功報酬のみで対応させていただきます。

現時点では第5回までは予定されていますが、第6回以降については公表されていません。
もしも、申請をご検討であれば第4回で申請した方が、不採択となったとしても
第5回に再申請できる可能性を残すことができます。

まずは、無料相談をお試しください。
Q
資金繰りが厳しく、補助金申請以前に問題があるのですが…
A
経営改善支援を専門としている会社なので、資金繰りについてのご相談も承っております。

経営改善支援の詳細は、こちらをご覧ください。

事業を継続する意思があり、どうにかしたいとお考えの方は、まずは一度ご相談ください!

売上高減少要件の分かりやすい説明

間も無く公開しますので、しばらくお待ちください。
リハグの店舗画像
ReHug株式会社について

ReHug株式会社は、 経営改善、仕事環境の改善を通じて


「人生をもっと楽しくする」

ことを理念として、2015年12月11日に創業いたしました。
現在コロナ禍で「正解のない世界」に突入している中、
自発的、主体的に課題を解決するための
「思考力」と「実行力」を
取り戻すことが求められています。


この嵐のように状況が変わる中で、
ReHugも足を踏ん張りつつ、
顧客の皆様に寄り添い続け、
日々「もっと楽しく」を大切にしています。

ReHugメンバーによる、初回無料相談(1時間)のお申込みはこちらから

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

補助金のページを見たと仰って頂けると
スムーズに対応できます。
受付時間 9:00〜16:00(土日祝を除く)
申し込みフォームからのお申し込み
受付時間 24時間 365日
※通常2営業日以内にご返信いたします。

ReHugのSNSをご紹介

▼Facebook
経営についてのお役立ち情報や、ReHug株式会社の日常を発信中

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Twitter
経営についてのあるある話など 肩の力を抜いて更新中

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Twitter
経営についてのあるある話など 肩の力を抜いて更新中

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。


ReHug所在地

沖縄拠点
〒900-0016
沖縄県那覇市前島2丁目15−23

ヒトヨシ拠点
ご相談者様の会社へ直接訪問か、
もしくはオンラインで対応させて頂いております