集まれ、先生たち!
2020年に向けて今できること

IchigoJamを使った先生向けプログラミング講座 for 特別支援教育

ポスターはこちら

イベント情報

日 時
11月10日(土)10:00〜12:00
場 所
沖縄県立総合教育センター IT教育棟   
定 員
40名
  参加費  
2,500円(会場代・IchigoJam代として)
定 員
40名

はじめに

新学習指導要領に「プログラミング教育」が盛り込まれ、巷では早速プログラミング教室が開設されてきています。
特別支援教育においては、こども達の特性を活かす場となる可能性を含んでいるとも言われます。
その「可能性」を拡げるために、指導する側である私たちがプログラミングについて知る必要はないでしょうか?

今年も「すべてのこども達にプログラミングを」をテーマに掲げ、各地を奔走してイベントを展開するKidsVentureが、沖縄でワークショップを開催します。

プログラミングには、こどもの年齢に応じてたくさんのツールがありますが、今回はKidsVentureオリジナルの「IchigoJam」というマイコンを使ったプログラミング体験を行います。
この機会に「こどもプログラミング」の世界を覗いてみませんか?

午後は障がいのあるこども達を対象としたプログラミング教室を予定しています。



プログラム

9:30 開場
10:00〜10:30

特別講演
講師/福野泰介(jig.jp 取締役会長)
演題/特別支援教育とプログラミング

10:30〜11:45

IchigoJamワークショップ
講師/松田優一(Natural Style 代表)

11:45〜12:00
意見交換会
12:00
閉会
12:00
閉会

IchigoJamとは?

手のひらにのせられる大きさの、プログラミング専用こどもパソコンです。IchigoJamにテレビとキーボードをつなげば、すぐにプログラミングを始められます。インターネットへの接続や難しい設定は必要ありません。

初心者向けプログラミング言語BASICを使っているので、事前にプログラミングの高度な知識や技術を学ぶ必要はなく、気軽にプログラミングを体験できます。また、抵抗などの部品を基盤にはんだ付けして組み立てて、電子工作を体験することもできます

IchigoJamは、こどもたちのものづくりへの関心やICTリテラシー向上のため、プログラミング教室の実施などプログラミングや電子工作について学ぶ場を提供しているプログラミング・クラブ・ネットワーク(PCN)やキッズベンチャー(KidsVenture)などで、プログラミング教材として活用されています。

IchigoJamが、すべてのこどもたちのプログラミングのきっかけになれば幸いです。

昨年度のイベントの様子

講師紹介

福野 奏介
jig.jp 取締役社長
松田 優一
Natural Style 代表