このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

仙台からアジアを夢見た男

岡千仞の生涯

朝敵の汚名から興亜へ雄飛
岡 鹿門(おか ろくもん、天保4年11月2日(1833年12月12日) - 大正3年(1914年)2月28日)は、幕末期の仙台藩士、明治時代の漢学者。名は千仭(せんじん)、字は振衣、初名は敬助、鹿門は号。幕末から明治を代表する漢学者の一人で、多くの門人を数える。

岡千仞の事跡

幕末から明治の激動の時代に
挑んだ岡千仞の数奇な運命

 仙台藩の番士として将来を嘱望され、江戸に出て昌平黌に学び、のち舎長となる。同窓の重野成齋、松本奎堂、松林飯山、南摩羽峰と深く交わり、大坂で私塾「雙松岡塾」を開いて尊王攘夷論を唱えた。清川八郎、本間精一などを教育した。慶応2年(1866年)に藩校・養賢堂指南役。

戊辰戦争に際して、奥羽越列藩同盟に反対したことから仙台藩主及び藩士の怒りを買い、投獄された。

維新後は太政官修史局、東京府等に務めたがほどなく辞任し、芝愛宕下の旧仙台藩邸を利用して私塾「綏猷堂」を開いて門弟の教育活動に当たり、福本日南、尾崎紅葉、片山潜、国分青崖など多くの偉人が門を叩き、福沢諭吉の薦めで啓蒙活動を開始し始めた。

晩年には、大陸経論の志を抱き始め、李鴻章を尋ねて支那改革論を説き、大陸浪人として活躍。初期の興亜会にも関与した。没年に従五位に叙された。

本サイトは、仙台が生み出した先見性のある知識人として岡千仞を紹介し、
東北独自の思想を発信しています。

岡千仞とは?

 岡千仞は幕末期の仙台藩に生まれた漢学者です。しかし彼の青年時代には戊辰戦争が発生し、仙台藩は明治政府にとって朝敵となります。しかも明治時代には文明開化という時代となり、洋学が盛んになります。そのため漢学者であった岡にとっては、二重の困難が付きまとっていました。彼はこのような困難をどのように克服したのでしょうか?

 彼の生き方は、コロナ禍の社会においても参考になるのではないかと思います。

漢学者・岡千仞の認識

 漢学者であった岡千仞は、近代社会の在り方を深く考えました。しかし当時の社会的価値観とは異なり、欧米社会一辺倒で考えません。彼はどのように日本の在り方を考えたのでしょうか?

 また、彼は漢学者でありながら、アメリカや欧州諸国の歴史を紹介する教科書を翻訳しています。これは単純な翻訳ではなく、漢学者である岡独自の見解がふんだんに盛り込まれていました。

 それは何でしょうか?

興亜の旗

 岡千仞は、その後自費で中国へ渡航します。そして様々な文人や官僚に見解し、様々な近代に向けた提言を行います。それはどのようなものだったのでしょうか?
 
 また岡千仞の事跡を振り返ることで、東北文化の現代的問題について考えたいと思います。

興亜の旗

 岡千仞は、その後自費で中国へ渡航します。そして様々な文人や官僚に見解し、様々な近代に向けた提言を行います。それはどのようなものだったのでしょうか?
 
 また岡千仞の事跡を振り返ることで、東北文化の現代的問題について考えたいと思います。

岡千仞関係資料紹介

 岡千仞の残した著作は現在も多く残っております。これらの中から主要な資料について紹介します。
『尊攘紀事』『同補遺』『米利堅志』『佛蘭西志』『琉球始末』『渉史偶筆』『蛍雪事業』『北遊詩草』『在臆話記』

岡千仞関係論文目録

 岡千仞に関係する研究論文について紹介します。また岡千仞を理解するために便利な著作も紹介します。

岡千仞関係リンク集
 岡千仞は、当時の様々な人々との関わりで興亜を目指しました。ここでは岡千仞の理解に参考となるサイトを紹介します、
岡千仞関係リンク集
 岡千仞は、当時の様々な人々との関わりで興亜を目指しました。ここでは岡千仞の理解に参考となるサイトを紹介します、
閻秋君
 中国 山東省生まれ。2011年大連海事大学日本語学科卒業、2014年吉林大学大学院文学研究科日本文化文学専攻博士前期課程修了。湖南省工学院日本語学科専任講師を経て、2016年より来日し、東北大学大学院国際文化研究科博士後期課程に編入学。2021年博士取得(見込)(国際文化)。2021年4年より東北大学GSICSフェロー(研究員)

お問い合わせフォーム

Contact
お問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

文責:閻秋君(東北大学GSICSフェロー)

〒980-0862 仙台市青葉区川内41番地東北大学国際文化研究科
【mail】yanqj196 (at) yahoo.co.jp