もしお金がなかったらしなければならないこと

お金がない時に、お金を増やす方法や運用方法、お金に関する様々な情報を紹介しています。お金がなくて本当に辛かった体験談も紹介します。
もしお金がなかったら、どのような行動をとらないといけないのでしょうか。生きて行くためにはお金は必要なものであり、生活をしていくのが困難です。

たまたま手元にない場合もありますし、借金のため慢性的にないという方もいるでしょう。緊急時に取れる対策はいくつかありまして、まず簡単にできることが不用品を売ることです。家の中には生活に必須なものもあれば娯楽品など生きていく上で絶対に必要と言えるものではないものがありますから、それらを売却して換金することも考えてください。

例えば、貴金属、本やゲーム、洋服などになりまして、これらは中古で売ることも容易なものでもあります。今ではオークションや個人間でのやり取りも可能となっていますから本当にお金に困った時に助かるはずです。自分の手元に売るものがない、働いてもすぐにお金が手に入らないという時は知人や親族から借りるしかありません。お金のやり取りはマナー的にもやりたくないという方がほとんどですが、援助してもらわないといけない状況となれば仕方のないめんもあります。特に友人関係だと仲が悪化する可能性が高いので本当に信頼できる人に頼らないといけないです。

さらに言えば、業者を利用した時と同じように書面を作成して、金利を支払うようにしたり、返済計画書を作るなどしてお互いに同意してサインして、守れる約束にすることが大事でしょう。親族や知人関係でのやり取りができない場合は消費者金融などの業者を利用することになります。

一般的な業者だと金利が高いのが特徴的なので、他の選択肢も合わせて考える必要があり、同じ業者だとしても生命保険の契約者貸付、銀行の融資、クレジットカードのキャッシングなど自分が一番有利なところと契約した方が良いかもしれません。その他にカードローンでお金借りる手段もあります。銀行が発行しているカードローンや、大手の消費者金融が発行しているカードローンなど、テレビCMでよく見るカードローンであれば安心して借りることができますね。

どうしても借り入れができないからと怪しい町金融を利用すると後で大変な目に遭う可能性もありますから注意してください。そして、もう一つ考えられるのが収入を増やす方ではなく支出を減らすことも同時に考える必要があります。働いている人であれば収入があるはずですから支出を減らしたら必然的に増やすことができますので、支出を減らしたり、支払いが間近になっているものを延ばしたりすると良いでしょう。

光熱費や家賃などの定期的な支出を延期させるのは難しいですが、本当に生活が困窮しているのであれば支払い方法や期限を相談するのも手です。弁護士などに依頼して法的整理をする、自己破産をするなどもありまして、色んな方法があります。
お金を貯めるにはどうしたらよいか
少しでもお金を増やしたいと考えるのは当然で、年金もどうなるかわかりませんし、まだ子供が小さいならこの先莫大な教育費が掛かってくることが予想されますので、増やせる時に増やした方がよいでしょう。

ですがお金を増やす方法が思いつかないという人も多く、何か情報はないかとネットなどで調べてみても、これといったやり方は載っていません。あまりに上手い話はかえって手持ちのお金も減らしてしまうそうですので、簡単に信じるのはやめたほうがよいでしょう。

まずはこつこつ貯めるということで、元になるある程度の資金を作ります。それから今は少額でもできる投資がありますので、怖がらずに始めてみるとよいでしょう。お金を初めから大きく増やそうと考えると失敗しやすいので、少しずつ増やすのであれば、何らかのやり方はあります。

ネットのライティングやアンケートでも一攫千金を狙うのではなく、少額を得ると考えれば、楽しく増やすことができるかもしれません。今は利子もほとんど付きませんので、ただ手をこまねいているだけでは大きくは増やせないかもしれませんが、考え方を変えて、まずはとにかく使わないようにすれば、お金を減らすことはありませんので増すことにつながります。

お金の運用方法がわかれば気軽に投資ができる
お金の運用方法がわかれば、気軽に投資ができるようになります。お金の運用を行う時には長期的に利益を出す投資と短期的に利益を出す投機の二つの方法が考えられます。

日本国内でお金を運用する時の代表的な方法としては、金融商品である定期預金などが考えられますが、定期預金は一般的な考え方としては投資に分類されるものです。ただ、投資の利回りという観点からはそれほど良くはありません。

特に日本国内の定期預金の利回りは全体の1%程度しか存在しませんので、できるだけ多くのお金を預けない限りは目立った利益を出すことが難しくなります。一方で、海外に目を向けると様々な投資方法が存在しますので日本の投資とは比較にならないほどの利益を出すことも夢ではありません。

実際に海外の運用方法を利用した手法としては外国為替を利用したスワップ取引などがあります。海外の金利と日本の金利は同じではなく、海外の金利の方が数倍以上もの利益を得ることが可能です。取引自体は難しいものではなく、日本国内で為替相場の取引が可能な口座の契約さえできれば、インターネットからの取引で簡単に運用していくことができます。こうした方法を理解しておけば誰でも気軽に投資ができるようになるわけです。
お金の意味はなんでしよう
アメリカのベンチャー企業が計画している夢のような月への旅行に日本人が既に申し込み、本番時期を待っていると大きく情報媒体で報道されました。その費用は普通の会社員が一生働いて手にする金額でも払いきれないぐらいの莫大なお金がかかり、ある特別な資産がある人だけに与えられた特件です。

そもそもお金って何でしようか、疑問に感じた方が多いと思います。

現在広く使われている日本のお金は、昔は金や銀、銅などの金属でできていましたが、今は全貨幣の製造をするのは独立行政法人の造幣局です。日本国内で製造されている通常貨幣は、1円玉から500円玉までの6種類で、その他にも国立印刷局では皆様が手元に長い時間置きたいと希望する紙幣を大量に印刷しています。

そんな憧れの眼差しで見られるお金ですが、人はなぜお金を稼ぐという行為をするのでしょうかは、それは価値を集めるということです。沢山のお金があれば自分の欲望を満足でき人生をおうができます。それも魅力的で一部はありますが、しかしそれ以外に大事なものとして、人生の生きる価値を見つけ自分以外の人の信頼感や感謝の精神を集めるための道具です。是非豊かな人生を送るためにお金の意味を考えながら沢山の信頼を勝ち取りましょう。

お金がないのがこれほど辛いこととは

今まではお金に余裕があったというわけではありませんが、最低限生活に困らないだけの金額は手元においておくことにしました。

ところがある時から特別贅沢をしてこなかった反動か、遊び癖がついてしまって散財をするようになったのです。

好きなものを迷わず買って、毎日のように飲み歩いているとあっという間にお金はなくなってしまいました。

そして、お金がないピークが給料がでた直後にやってきて、それから苦しい日々を過ごすことになったのです。

財布の中には500円ちょっとしか入っていない状況で、現金はほぼありませんでした。

幸か不幸かカードは持っていなかったので、その500円ちょっとでなんとか食いつないでいくしかなかったわけですが、これは本当に厳しく感じました。

家にあったカップ麺や缶詰で数日はしのいでも、まだまだ給料日までは先が長く、80円の食パンを一日一枚で凌ぐような状況でした。

それでも厳しくなってきて、最終的には身の回りにあった漫画などを売ってお金にしましたが、それも1000円にも満たない金額で、満足にものを食べられる状況ではなかったのです。

それだけに給料日がきたときの安堵感と、お金がない辛さというのは身にしみて感じ、お金は大事に使うべきだと実感しました。