国立大学医学部受験を目指そう!

失敗から学
小学校受験対策講座
幼児教室に大金を支払う前にやるべきこと
子育てに真剣なお母さんへ。
お伝えする内容は、お母さんが家庭で取り組めることです。
小学校受験対策は、ご家庭でお子さんとどう過ごすかが決め手です。

「小学校受験ってどうしたらいいの・・・?」

「国立医学部を目指すなら、まずは小学校受験からかな?」
「とりあえず幼児教室に行ってみようかな?」

「幼児教室に早くから通っていれば合格するの?」
「年長から幼児教室に行けば間に合うって本当?」

「公文式をやっていればプリント問題は大丈夫?」
「月刊のDVD教材を見せておけば、私も楽だし、子供も黙って見ているし、一石二鳥?」
「模擬試験の点数が悪かったから、苦手分野の○○講習と△△講習を受けなくちゃ・・・」

はじめての小学校受験での落とし穴

小学校受験は周囲に内緒にすることが多いこと、また幼児教室に通うママ同士は同じ小学校を目指すライバルでもあるので、小学校受験に関する情報交換は、なかなかできないことが多いです。

合格した先輩ママの体験談は、華やかに紹介され、「○○講習がよかったです」「○○先生には最後まで熱心にご指導いただきました」など、大変参考になります。

しかし本当に頑張ったことや、お金がかかったけどあまり有益ではなかった「受験の裏側」は、あまり触れられません。

そして同じように幼児教室で頑張ったけど不合格だった先輩ママの声は、まず表にでてくることはありません。

「これだけ頑張って、こんなにお金をかけたけど、不合格だった」ことについては、普通は教えてくれません。


ママ友から情報が得られなければ、まずは実績のある幼児教室に通い、先生の指示を仰ぐのが、一番手堅い方法であるように思えます。

ですが、そこが落とし穴になるかもしれません・・・。

手痛い180万円の損失と失敗の原因

私の長女は年中4月から幼児教室に通い、年中11月から試験までの1年間、前年度合格率70%の幼児教室で180万円分の講習を受けました。

しかし、第1希望・第2希望校不合格という結果に終わりました。

失敗の原因は、「合格実績の高い幼児教室に通って、先生の言うとおりに講習を受けているから、ふつうにやっていれば大丈夫!」と思い幼児教室に頼りすぎてしまったこと、また早くからできる家庭での準備をおこたってしまったことでした。

この講座では失敗から学んだ3つ大切なステップをお伝えします

私が失敗を通じ、小学校受験と子育てについて、深く考え、学んだ、不合格組に足りなかった大切なステップ。

1.はじめにゴールをしっかり見据えること。
2.ゴールから逆算し、お母さんが家庭内で子供といる時間の
  すべてを使って
子供の能力を伸ばしながら受験対策していくこと。
3.幼児教室で本格的に受験対策をする年長になる前の段階で、
  基礎的な能力をつけておくこと。

幼児教室の20倍!この数字は・・・

合否をわけるのは、幼児教室の20倍以上をすごす、ご家庭での取り組みです!
 幼児教室200時間/年(週4時間×50週) 
 家庭4380時間/年(1日12時間×365日)

「失敗しないおうち小学校受験対策講座」では、今すぐはじめられるご家庭での取り組みを、お母さまにお伝えします。 そして私が長男に実践した成果を報告します。

この講座であなたが得られること

  • 私の失敗に終わった小学校受験対策を疑似体験できます
     ⇒あなたのはじめての小学校受験での失敗を避けられます
      あなたに必要なところだけをいいとこどりできます
      あなたは遠回りせずに合格への道を進めます
  • 家庭でやるべき事とやってはいけない事がわかります
     ⇒お子さんとの毎日の生活が充実します
      お子さんが深く考えることができるようになります
      お子さんが家庭内でイキイキします
      お子さんはテレビよりも楽しいことがあると気付きます
    • あなたがお子さんの未来を深く考えることができるようになります
  • 家庭でやるべき事とやってはいけない事がわかります
     ⇒お子さんとの毎日の生活が充実します
      お子さんが深く考えることができるようになります
      お子さんが家庭内でイキイキします
      お子さんはテレビよりも楽しいことがあると気付きます

講座内容

  • 小学校受験でおちいりがちな失敗
  • 不合格組に足りなかった3つのステップ
  • 小学校受験の6つの土台
  • 家庭で早くからやるべきこと
  • 国立医学部受験を見据えた準備
  • 不合格組に足りなかった3つのステップ

講座概要

【開催日】未定
【場所】ZOOM開催予定(ご自宅またはネットにつながる好きな場所)
【参加費】未定
【お申込み期限】未定
【お支払期限】 未定
【定員】6名

※当日の急なご欠席の場合でも、動画をお届けしますので、安心してお申込みいただけます。また不参加の際のご連絡はとくに必要ありません。

講師プロフィール

宮崎さきえ(みやざき さきえ)
神奈川県在住。
平成17年国立大学医学部卒業・医師免許取得。
2人の子供(姉と弟)を育てる母であり、現役内科医師。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「何でこんな簡単な問題ができないの?!」
長女の小学校受験本番1カ月前、私は娘の精神をも追い込んでいました。

その根底には、月例模擬試験での右肩下がりの合格判定に対する焦りと、既に180万円以上を幼児教室に投入しているために、「絶対に不合格になりたくない!」という私のエゴがありました。

このあと長女はさらに失速し、結果は第1希望校不合格。


なぜ、前年度合格率70%以上の幼児教室に通い、指示通りの講座をすべて受け、教室に通い詰めたのに不合格だったのか?

わからないまま、さらに幼児教室の講習を受け続け、第2希望校を受験し不合格。

なんとか合格したい!というすがる気持ちで、幼児教室にすすめられた比較的合格しやすい第3希望校・第4希望校のB日程を受験し、ようやく合格しました。


しかし、軸も何もないままに受験したため、どの小学校に行っていいのかわからず、第3希望校に入学金30万円をとりあえず支払いました。

考えに考え、なぜ小学校受験をしたのか?を熟考し、最後にたどり着いた答えは「地元の公立小学校入学」でした。


そして、小学校受験は将来の目標(優秀な子に育ってほしい!子供が望めば、私と同じ国立医学部に入学してほしい!)の通過点でしかなかったことを再認識しました。


長女の小学校受験での失敗から、子育てと小学校受験の本質を理解し、小学校受験においては早くからの家庭内での準備が重要であると考え、現在長男の小学校受験準備中です。


長男は現在、理解力・表現力・想像力・記憶力・図形把握力・計算力・運動能力・集中力・協調性のすべてにおいて、当時の長女を大幅にこえて躍進中。
(子育ての本質がわかった今、長女も躍進中)


令和元年11月、私がおかした失敗を回避し、小学校受験を通じて真に子供の能力を伸ばすための講座を開講予定。
失敗から学ぶ
小学校受験対策講座