新潟市@任意整理|借金返済の無料相談/オススメの弁護士・司法書士って?

新潟市で借金返済で困っている人。任意整理や債務整理に関して、弁護士・司法書士へネットや電話の相談窓口を使って、無料相談してはいかがでしょう?

新潟市に住んでいる人が債務整理・借金の相談するならどこがいいの?

借金の額が多くなりすぎて返済が苦しい…。
債務整理して、借金の辛さから解放されたい…。
もしそう考えているなら、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談を。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、督促がストップしたり、返済額が減ったり、といういろいろなメリットを受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も複数あります。
ここではその中で、新潟市にも対応している、お勧めの所を紹介しています。
また、新潟市の地元にある法務事務所や法律事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけではなかなか解決できません。
司法書士や弁護士の知識や知恵を借りて、解決策を見つけましょう!

任意整理や借金の相談を新潟市在住の方がするならココ!

◆オススメ1位◆弁護士法人サンク総合法律事務所

新潟市の借金返済・多重債務問題の相談なら、ココがお勧め。
弁護士対応で、全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いも可能。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の取り立てをSTOPすることも可能。
個人再生、過払い金、自己破産、任意整理、など、債務や借金のことを相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付できるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付をすることができます。
オススメ1位|サンク法律事務所
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!
↓↓↓↓↓↓↓↓

◆オススメ2位◆
アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、債務や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に合ったやり方で多重債務・借金の問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないので、安く解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

◆オススメ3位◆
街角相談所-法律-

新潟市に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金解決診断シミュレーター」という名の、インターネットでできる診断ツール。
カンタンな質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月々の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し気後れする。
そんな人にもピッタリです。
しかも匿名&無料で利用できます☆
キライ全国対応の法律事務所・法務事務所のサービスなので、新潟市の方も安心して利用・相談できます。
◆特徴◆
・たった5つの質問に答えるだけ!
・借金を減らす方法が分かる!
・月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
・無料・匿名で使える!
・全国に対応!
あなたの借金・債務の悩み、匿名で相談・診断してみませんか?

新潟市周辺にある他の司法書士・弁護士の事務所紹介

新潟市には他にも複数の法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。

●新潟合同事務所(司法書士法人)
新潟県新潟市中央区東大通1-1-15 東大通ビル 3F
0120-101-874
http://niigatagodo.com

●新潟合同法律事務所
新潟県新潟市中央区上所1丁目1-24 エヌビル 2F
025-245-0123
http://niigatagoudou-lo.jp

●中村江花法律事務所
新潟県新潟市中央区花町2069 日生第3ビル 6F
025-211-4777
http://niigata-law.com

●りゅうと司法書士事務所
新潟県新潟市中央区西堀通4番町259-58
025-201-8402
http://ryu-to-office.jp

●新潟青山法律事務所
新潟県新潟市中央区学校町通1番町12
025-222-7788
http://niigata-aoyama.com

●バンビル法律事務所(弁護士法人)
新潟県新潟市中央区医学町通2番町74
025-222-3731

●牛木国際特許事務所 新潟事務所
新潟県新潟市中央区信濃町21-7
025-232-0161
http://ushiki-pat.com

●岩渕浩法律事務所
新潟県新潟市中央区西堀通4番町259-58 西堀青藍館 7F
025-227-5188
http://iwafuchi-law.com

●相模司法書士事務所
新潟県新潟市中央区関屋田町3丁目527-1
025-234-5258
http://db.niigata-shiho.net

●松岡立行法律事務所
新潟県新潟市中央区西堀通3番町800-1 西堀セントラルハイツ 10階(1001号)
025-227-5711
http://matsuokalaw.com

●成田司法書士事務所
新潟県新潟市江南区東船場2丁目1-20
025-288-6776
http://nari-office.com

●新潟県新潟市西区平島782
025-234-5277
http://mitsuba-heijima.jp

●新潟県弁護士会
新潟県新潟市中央区西堀前通1番町703
025-222-5533
http://niigata-bengo.or.jp

●石川司法書士事務所
新潟県新潟市中央区出来島1丁目2-13 オーグ県庁前ビル 2F
025-384-0073
http://ishikawa-sihou.main.jp

●平哲也法律事務所
新潟県新潟市中央区関屋本村町1丁目111-1
025-233-4115
http://ttlo.jp

●みつば(司法書士法人)
新潟県新潟市中央区早川町1丁目2697-4 レイクハイツ 2F
025-210-8515
http://mitsuba-shiho.jp

●逸見公認会計士事務所
新潟県新潟市中央区寄居町345
025-233-5058
http://henmi-cpa.jp

●中川清司法書士事務所
新潟県新潟市中央区西大畑町620
025-224-1177
http://nakagawa-office.info

地元新潟市の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金の返済や多重債務に新潟市在住で困っている状態

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払い等は、ものすごく高利な金利が付きます。
15%~20%も利子を払うことになります。
住宅ローンの場合だと年間0.6%~4%ほど、マイカーローンの利子も年間1.2%~5%ほどなので、ものすごい差があります。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するキャッシング業者の場合、利子0.29などの高利な利子を取っている場合もあるのです。
尋常ではなく高い金利を払い、そして借金はどんどんふくらむ。
借金をしたのは自己責任なので仕方ありませんが、金額が多くて高利な金利となると、返済するのは大変なものでしょう。
どうやって返せばいいか、もうなんの当てもないのなら、法律事務所・法務事務所に相談するしかないでしょう。
弁護士・司法書士ならば、借金・お金問題の解決策をきっと見つけ出してくれるでしょう。
長期計画での返済になるかもしれませんし、過払い金を返してもらって返済額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決への第一歩です。

新潟市/借金の減額請求って?|任意整理

多重債務などで、借入の支払いが大変な実情になったときに効果的な手段の1つが、任意整理です。
現状の借入れの状態を再把握し、過去に利息の支払すぎなどがあるならば、それを請求、もしくは今の借入と差引して、さらに現状の借入に関してこれからの利息を圧縮してもらえる様にお願いしていくという手段です。
只、借入れしていた元本については、ちゃんと返すということが基礎となり、利子が減じた分だけ、前よりも短期での支払いが基本となってきます。
ただ、利子を支払わなくて良いかわり、毎月の支払い額は圧縮するから、負担は軽減することが普通です。
只、借入している信販会社などの金融業者がこの将来の利子に関しての減額請求に対応してくれなければ、任意整理は出来ません。
弁護士の先生などその分野に詳しい人に相談すれば、絶対減額請求が通るだろうと考える人もいるかもわかりませんが、対応は業者によって様々であり、対応しない業者というのも存在します。
只、減額請求に応じてくれない業者はすごく少ないのです。
従って、実際に任意整理をやって、金融業者に減額請求をやるということで、借入の心労がかなり無くなるという人は少なくないでしょう。
実際に任意整理ができるのかどうか、どれ位、借入の払戻が圧縮するかなどは、まず弁護士等の精通している方に依頼すると言うことがお勧めなのです。

新潟市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/任意整理

はっきり言って社会一般で言われるほど自己破産のリスクは少ないのです。高価な車、土地、マイホームなど高価格な物は処分されますが、生活するうえで必ず要る物は処分されません。
また二十万円以下の蓄えは持っていてもいいのです。それと当面数ケ月分の生活に必要な費用が100万円未満ならば没収される事は無いです。
官報に破産者の名簿として載りますがこれも一部の方しか目にしないでしょう。
また俗にいうブラックリストに記載されしまって七年間ほどはローンもしくはキャッシングが使用ローン若しくはキャッシングが使用不可能な状態になるが、これは仕方ない事でしょう。
あと定められた職に就けなくなる事が有るのです。しかしながらこれもごくわずかな限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返金する事のできない借金を抱え込んでいるなら自己破産を実施するというのも1つの手口です。自己破産を実施すれば今までの借金が全部無くなり、新たな人生をスタートできるということで良い点の方が大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士や弁護士や税理士や司法書士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限とし後見人・遺言執行者・保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれません。ですがこれらのリスクはおおよそ関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものではないはずです。