アジア「食べる森」
プロジェクト


はじめに


自己紹介

山本浩士 / 命の養蚕家 in ラオス
愛知県出身 東南アジア・ラオス在住
初めまして。

南ラオスで「命の養蚕」を始めたMarusugi-Laoの山本と申します。

母体は町の呉服屋で、10年以上タイで生の絹を作ってまいりましたが、ある時「絹本来の力」に気づき、人のためのシルク作りを始めました。

人のためのシルクは肌に使うので、「一度も薬の使っていない土地で繭を作りたい」と綺麗な土で養蚕できるところを探し始めました。そしてタイから陸路でラオスに渡ったのが2017年のことです。

そこで偶然の出会いが重なります。すでにお蚕さんの餌となる桑を栽培している農家がいて、農薬も肥料も使っていません。早速試験養蚕をしたのですが結果は思った以上に綺麗で良好でした。

いくつかの村を巡ったところ非常に真面目な村の人たちとも巡り会うことができ、「ここでなら本当に綺麗な繭ができる」と、南ラオスの「シノムノー村」というところで本格的に繭作りをスタートさせました。

そんな養蚕に従事しながら自然の中で暮らしていると、現地の人の「生きる力」と「自然の力」を実感することが多々あります。薬も肥料も使わないで育つ植物。そしてそれを食べ暮らす人々。

そんな彼らは、よっぽど今のほとんどの日本人より強くたくましい体をしています。想像していた貧困地域とは違い、みんなとても豊かに暮らしています。ただ危惧することもあります。それは、こんな田舎にまで大規模農業がやってきていることです。

土を返し薬を巻くこの農法では徐々に、そして時に素早く土が枯渇してしまうでしょう。そして数年のちには村の人も自然のものを食べることができなくなってしまうことが予想されます。

勿体無いと思った私たちは、日本にこの自然の力を届けることで、少しでも土がそのまま残る手助けができないか?と考えるようになったのです。

シムニー村のこと

ラオス サラワン県ラオガン郡シノムノー村
私たちの暮らすシノムノー村は、ラオス南部のサラワン県ラオガン郡にある58軒・人口わずか300名程度の小さな村。標高は約400mあり、ラオスの都市部に比べ過ごしやすい気候をしています。

村の人たちの暮らしは、朝日とともに目覚めて、夕陽とともに眠る生活。森から野から、川から食料(野草・川魚・昆虫など)を調達してきたと思ったら、主食であるもち米とともにいただいています。まさに自然とともに暮らしている村です。 気候は亜熱帯。雨季と乾季があり、雨季は5月~10月、乾季は11月~4月にあたります。気温は12
月~1月にかけて、朝方10度近くになることもあり、4月の昼間は35度以上にのぼりますが、平均して25~30度程度が通常の気温です。

経済的には後進国のラオスにおいても貧困地域と指定されている地域で、ほとんどの家が勤め人ではなく、自分の土地で小規模農家をやっています。
民族はラオ族が中心ですが、近隣の少数民族が村人と結婚することもあり、色々な民族が混ざっています。

性格は南のラオスの中でも非常に真面目で、物静かな人が多く、村長がしっかりしているので、農業でも薬を使う人はいません。(近隣の村では使う人が出てきています)

近くには山や滝・川があり、自然と共に暮らす村です。

現地で感じた「自然の力」

そんな村で共に暮らすと、彼らの自然と共生する力に驚かされます。

市場でものを買わず、自然に取れるものだけを食べて暮らす彼らは、働きながらでも何か足りないと感じたら、その土地に生えている草や虫を食べることで体のバランスをとっていたりします。

私たちから見ると、少し心配になってしまうかもしれませんが、はっきり言って、私たちよりよっぽど強い体を持っています。

そして、市場で買ってきた野菜を食べる私を見て、「そんなの食べてたら体弱くなっちゃうよ」と逆に諭されてしまうほどです。

写真は農場で働くウォンさんの体。48歳とは思えないほどツヤとハリのある、たくましい体をしています。そして虫の多いこの地域の中でなぜか虫刺され一つしません。(私は毎日刺されます)

秘密はやはり自然のものを摂ることにあるようです。

彼らはオーガニック農業とか自然農法よりも、もっと自然のものをとっているのです。まさに森や野にあるもの、人の手を加えない草木を食しています。

そんな人の手を加えない植物を食べることは、私たちの体をより健康へ導いてくれるでしょう。

現地の栽培方法

現地の栽培方法はいたってシンプル。それは雨季の前に穴を掘り、そこに種や苗を植えるだけなんです。雑草が多くなると周囲をカットすることはありますが、農薬や除草剤はもちろん、肥料も与えません。代々受け継がれてきた、原種・もしくは原種に近い風土にあった種があるのです。

この栽培方法のいいところはいくつかあります。

① 耕さない

必要な箇所に穴を掘り植えるだけですので、土を耕しません。耕さないことがいいことというと以外に思うかもしれませんが、耕すことで土が疲弊し始めるため、地球環境を考えると耕さないという選択肢は本当に素晴らしい知恵です。

② 肥料を与えない

これも意外に思うかもしれませんが、肥料を与えなくても森が育つことは想像できるでしょう。植物は風土に合えば、自分で土を耕す微生物と共生することがあります。逆に肥料を与えることで植物が本来の力強さを発揮してくれなくなる場合があります。また、不確かな肥料を使うことで、土の中に抗生物質などの有害物質が含まれることを防いでくれます。

③ より強い種をいただく

実はこれまでいくつか様々な種を育てる試みをしました。しかし、作られた種はことごとく虫に食べられたり育たなかったりしました。それだけ外敵を寄せ付けない強さを持っていないようでした。
昔から受け継がれてきた原種とも言える植物をいただくことは、それだけ力強い植物をいただくことになります。


実体験

ちょうどそんな暮らしに興味を持ち始めた頃、世界的な外出禁止令隣が出されます。それは南ラオスの農場も例外ではありませんでした。

私は「これはちょうどいい機会だ」と市場での備蓄をやめ、基本的に農場のものと米だけの生活にトライして見ました。今までで最も彼らに近い食生活を始めたのです。
するとわずか1週間のうちに体が軽くなるのを感じました。胃腸・便が軽くなり、不思議と頭も回るようになる。便の色が代わり快便へと向かいました。

自然には「人本来の力を取り戻す力」があると確信した瞬間でした。 ここには現代人にない大切なものがある。

ここでできる自然の力を届けたい。

そう思い始めました。

ラオスの現状と問題点

一方、近隣の現状は褒められるものばかりでは無くりはじめました。どんどん森が減っているのです。隣国の下請け農業としてキャッサバ畑に変えるため森を焼き払
い開墾されているのです。

ちなみにキャッサバは育て続けると5年で土がダメになると言われています。しかも最近は除草剤の使用も頻繁に見られるようになりました。今まではその辺りの草を食べて体のバランスをとっていた人も、その土地でできた草は現地の人も食べないんだそうです。

箸を使わず手で食べる文化の彼らは、やはり病気も多くなったそうです。薬を一切使ってなかった昔は手を洗う必要がなかったことは驚きです。そして放牧して飼われている牛も、除草剤のかかった土地の草を食べるため体調不良が増えたそうです。

私は素直に「勿体無い!」と思うようになりました。せっかく素晴らしい環境があるのに。

森を焼いて食べれないキャッサバで埋め尽くしてしまうなんて!
(※キャッサバには甘味種と苦味種の2種類あり、芋として現地の人が食べるのは甘味種。苦味種は青酸配糖体が多く、加工しないと食すことができません。今育てている苦味種は収量が多いそうですが、人は食べれず、牛ですら食べると体調を崩すそうです)

このままでは数年後にどちらにしても収量がへり、収入が減るだけでなく、他の植物も育ちにくい土地になってしまいます。


そこで、

「土が綺麗なまま保たれて、キャッサバ並みに収入が得れるようにならないだろうか?」
「森を守るお手伝いができないだろうか?」

そう考えるようになりました。

今ある森でとれるものを価値あるものとして変える、もしくは開墾された土地に「食べる森」を作ることができないだろうか?と考え始めました。

ラオスの課題

ラオスが抱える課題はもう一つあります。それは加工と保管ができないこと。驚くほど加工場がないのです。

せっかく素晴らしい自然の中で力強いハーブや生薬・果物ができたとしても、そのままではやは り農業の下請けから脱却できません。

また湿気や虫から食品を守る衛生的な保管場所も必要となってきます。

森作りに並行して私たちが取り組むことは、そこで採れたものを加工し保管すること。
南ラオスの超自然の強い力を、日本品質で加工することで、より良いものとしてみなさんにお届けできると思います。

そしてここの土地でできる自然のものは、他ではできない非常に貴重で大切なことだと日本や隣国で認知させていきたいと思います。それがまたこの村の人の誇りになっていくことがいい循環を生み出していけると感じています。

これまでの取組み

まず私たちが取り組んだは、風土にあった植物を探すと言うことです。そこで現地の人からヒアリングを繰
り返し900㎡の更地で20品種以上の植物を植えました。(写真はその実験場)

その際に大事にしたことは

・極力人の手を加えずに育つものは何か?(肥料・農薬に頼らずに、水やりをせずに雨の力・
自然の力で育つ種)
・多くの種の植物を共生さることができるか?
・体にいいものができるか?
・そして日本の皆さんが喜ぶものは何か?

と言うことです。つまり、現地の風土にあった植物で、自然の力で循環し・食べやすく、販売が継続できるものは何か?という視点です。

1年を通じ、試行錯誤する中で、それらにぴったりの植物がわかってきました。

主産物はバナナ

現地の生育状況、そして日本の消費者へのヒアリングから、主産物はバナナがいいのではないか?という結論になりました。バナナのイメージは農薬がいっぱいというイメージがあるかもしれませんが、密植しなければラオスでは無農薬で無肥料でビタミンたっぷりの美味しいバナナができます。

バナナを選んだ理由① 生育の早さ

理由の一つは生育の早さにあります。農場の実験では最も早いものはなんと、半年でバナナが実をつけるほど早く、平均して1年で収穫できるそうです。栽培して1年後に収穫できる早さは魅力的です。

バナナを選んだ理由② 生育期間の長さ
もう一つは、多年草であるということです。1度植えれば5年は土を返す必要がなく収穫ができます。そして古い木をカットすればすぐに新しいものが生えてきます。

バナナを選んだ理由③ 加工品への転用
バナナは最終的にパウダー化が可能です。甘くグルテンフリーなパウダーを作ることができます。またもう一つ現地で親しまれている赤いドライバナナも大変ヘルシーで面白い食材です。(後述)

バナナを選んだ理由④ 親しみやすさ
バナナは日本で最も食べる果物として親しまれています。総務省統計局の調査によると、日本人がもっともよく食べる果物は、7年連続でバナナがTOPをキープしているというほど親しまれています。

その理由は、「値段が手頃」60.9%に次いで、「健康によい」55.0%、「栄養に優れている」49.9%という機能的な部分への期待が大きく「身近で手軽な栄養源」として認知されています。

ラオスの自然のバナナは、無農薬でより機能的で栄養に優れているため、是非日本の皆様に食べてもらいたいと思います。

以上が主産品にバナナを選んだ主な理由となります。

ただバナナがいいからと単一農法になると、やはり土はバランスを崩し多様性がなくなるので、バナナと共生するように、間で育つ植物を育て、なるべく表土が見えないようにします

副産物はハーブなど少量多品種で

実験を通じ判明した共生可能な植物は、パイナップル、パッションフルーツ、パッションフラワー、バタフライピー、ローゼル、ガランガル、生姜、黒生姜、パパイヤ、マンゴー、カシューナッツ、バジル、レモングラス、紫トウモロコシなど。これらを組み合わせることで常に緑があり、副産物も収入となれる取り組みになれればと思っています。

「食べる森」でできる加工品


① グルテンフリーで砂糖不要なバナナパウダー
種産物であるバナナは1つはパウダーを作ります。青いバナナではなく熟すタイミングを見極めて乾燥させるので、バナナの味がしっかりしたパウダー。特にヘルシーなおかし作りには最適な材料です。

グルテンフリーで砂糖不要な美味しいお菓子が出来上がります。

② 現地の知恵・赤くしっとり甘いドライバナナ
バナナの加工のもう一つは、赤いドライバナナです。これはラオスの中でもほとんどの人が知らないこの村独特の加工方法。特殊な加工方法でドライすることで、水分が残ったまま長期保存が加 工になります。

「砂糖を使ってるのでは?」と疑うほど驚くほど甘く、乾燥しているのにグミのように柔らかい、新しい感覚のドライフルーツです。
そのまま食べていただくことはもちろん、シリアルやお菓子作りにも役立つ品です。
長距離マラソンやファスティングの際の栄養補給にも最適な食材です。

③ 副産物のドライフルーツやドライハーブ・パウダー
 
・ドライフルーツ
 
主に育つフルーツの中でドライに適しているのはパイナップルとマンゴーです。ただマンゴーは実るまで3~4年ほどかかるそうなので、これはしばらくのちのお楽しみということでしょう。パイナップルは最短1年で実る上、
バナナの木とも共生でき最適です。

・ハーブティー

ハーブも非常に育ちがいいものがあります。特にオススメはレモングラス・ローゼル(ハイビスカス)・パッションフルーツ・バタフライピーです。

・生姜パウダー

生姜はラオスが原産地とも言われ、私が体験した最もオススメの食材のひとつ。キンノイという小さな生姜・山岳民族の胃腸薬と言われる黒生姜などを乾燥・パウダー化します。

今後の取り組み

この土地の風土に合い土を耕さず手を加えずに育つ植物が判明しました。

まずは自然栽培で育てているバナナやハーブがそのまま存続できるように、今育てているものが価値のあるものだと認識してもらいたいと思っています。それには高付加価値商材としての販路の拡大を目指し、皆さんの喜びの声をラオスのみんなへ届けたいと思っています。

現地の自然栽培では

・密植は避けて、自然が心地よい感覚で植えてること
・肥料・農薬に頼らず基本的には水やりすらせずに自然の力で育てていること
・毎年耕さず今後も自然の力で持続できる環境を整えること
・実りにはバラツキや不安定なところがありますが、”ボペニャン(なんとかなるさ)”と広い心で自然に任せること
 
を心がけたいと思います。 販路が確定し数字にめどが立った時、キャッサバとして開墾された土地を食べる森作りへと移行していきたいと思っています。

なぜ農業ではなく森か?

  • 一つは、私たちが森から取れる手を加えない肥料も与えない風土にあった植物の力に驚いたからです。

    そしてもう一つは、土を耕したくないからです。
    土の中には微生物と草木の根っこが共生しています。それが耕されることで崩れてしまいます。すみ慣れた家が壊されるイメージです。新たに作り始めても毎年のように崩されてしまえば、いつか土は疲弊します。

    最初は極めてゆっくり進行するので気づきにくいですが、時に急速に肥沃は低下します。だから森として自然の力で持続できる環境を作りたいと思っています。


肥料を与えないことのメリット

  • 肥料すら与えないと言うと驚かれる人がほとんどだと思いますが、実際にバナナやハーブを植えて見て、風土に合っていれば、肥料が不要だと言うことがわかりました。肥料を与えないぶん、より植物が自分の力で頑張って微生物と共生する必要があります。それはつまりその植物自体に大きな力が宿ることを意味しています。

    また、肥料となる牛や鶏が何を食べているかわからないため、時には抗生物質などが餌に入っている恐れがあるため、有機肥料だとしても使わないほうがいいと判断しています。


将来の展望

森ができることで、
キャッサバ以上の収入が得られる
仕組みができれば、
少しでも多くの土が守られると
思っています。

今からやってくる近隣の大規模農業に
流れないですむ森。

常に緑があふれ、
鳥や虫が多様に住むことで、
自然の力で循環する。
そんな森。

私たちはその共生の一部として、
より力のある植物をいただく
そんな循環の食べる森になっていくと
いいなぁと思います。

サポートのお金の使い道

サポートいただいたお金では、まずは高品質な製品ができるよう加工場を作りたいと思っています。

1.保管庫・保管設備 70万円

太陽光発電による蓄電及び、温度湿度を一定に保てる保管庫を作ります。

ラオスは隣国に売電するほど水力発電に力を入れていますが、特に雨季には激しい嵐が訪れることもあり、頻繁に停電があります。またその頃は丁度多湿期でもあることから、製造した商品の保管に困っています。そこで、太陽光の蓄電と現在の電力のハイブリッドなシステムを組みたいと 思っています。

2.加工代等現地作業員費 60万円

現地の管理や加工の人件費に当てます。

返礼品

見出し

1haまるごとプラン
(1年分の管理費・苗代込み)
150万円 先着1名様
1haの土地をバナナやハーブをあなたのために植えます。1年間しっかりと現地の人に管理をしてもらいます。植える内容は相談の上決めさせていただきます。
(1年間で実ったものが返礼の対象となりますが、多少実りが遅れた場合、みのり次第返礼とします。また自然のことで上手に実らなかった場合、相応の品を返礼とさせていただきます。)
0.5haプラン(1年分の管理費・苗代込み)
80万円 先着2名様
0.5haプラン(1年分の管理費・苗代込み) 80万円 先着2名様
上記同様となります。
0.5haプラン(1年分の管理費・苗代込み)
80万円 先着2名様
0.5haプラン(1年分の管理費・苗代込み) 80万円 先着2名様
上記同様となります。

見出し

100㎡プラン
(1年分の管理費・苗代込み)
6万円 先着20名様
約100㎡の敷地内にハーブなどを植えます。いくつかのハーブを選択いただきます
(ローゼル・バタフライピー・レモングラス・ラオバジル・キンノイ(ラオ生姜)・黒生姜・バナナ・パパイヤ・パッションフラワー・紫トウモロコシ)マンゴーやパイナップル、カシューナッツなどを植えることもできますが、1年での収穫にはなりませんので、引き続きの管理が必要となります。

実ったものは乾燥させた状態でお届けになります。※自然のことで上手に実らなかった場合、相応の品を返礼とさせていただきます。

100㎡あたりの植え付け目安
バナナ、マンゴー、パパイヤ、カシューナッツ・・・いずれか4本(組み合わせ可)
レモングラス・バジル・ローゼル・紫トウモロコシ・・・30本程度(組み合わせ可)
生姜・黒生姜・・・・400個程度(組み合わせ可)
おまかせドライフルーツとハーブで
スタートアップ応援プラン
3万円 40名
バナナパウダーやドライバナナを中心にハイビスカスティーやバタフライピーなど森の一角で取れたお茶やドライフルーツ、パウダーのセットを送ります。
※商品のg数や内容は目安であり、当年に実ったものによって変動があります。

バナナパウダー 300g
ドライバナナ 300g
カシューナッツ 500g
ハイビスカス・バタフライピー・レモングラスティー のハーブティセット
おまかせドライフルーツとハーブで
スタートアップ応援プラン
3万円 40名
バナナパウダーやドライバナナを中心にハイビスカスティーやバタフライピーなど森の一角で取れたお茶やドライフルーツ、パウダーのセットを送ります。
※商品のg数や内容は目安であり、当年に実ったものによって変動があります。

バナナパウダー 300g
ドライバナナ 300g
カシューナッツ 500g
ハイビスカス・バタフライピー・レモングラスティー のハーブティセット

見出し

生姜・黒生姜の生姜パウアーセット
シルクパフ+パック約半年分で応援プラン
20000円
生のシルクのパックとピーリングパフとシルクパックのセットです。
自然栽培の桑からつくった繭をレモングラスの蒸留水で低温で一つづつ手でほぐしたシルクの良さを100%伝える天然のパフです。パックはさらに現地のターメリック効果をプラス。
お試しバナナパウダーで応援プラン
5000円
バナナパウダー300gを返礼とさせていただきます。
お試しドライバナナで応援プラン
5000円
赤いドライバナナ300gを返礼とさせていただきます。
お試しシルクパフ+パック(12個セット)で応援プラン5000円
シルクパフとパックのお試しセットをお送りします。
ハイビスカスティーで
応援プラン
3000円
ハイビスカスティー50g
お試しバナナパウダーで応援プラン
5000円
バナナパウダー300gを返礼とさせていただきます。

おわりに

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

お問い合わせフォーム

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。