女子校を校名変更と共学化し
わずか3年で大転換

三田国際学園学園長
大橋清貫氏
女子校だった戸板中学校の名称を変更し、共学化してから3年で、急成長を遂げた三田国際学園。

学校の発展を期待している層にターゲットを絞り、保護者の方が学校を選ぶにあたって、
偏差値の高い学校とは違うことを認識してもらうことから始め、
現在では総受験者数3,088名(都内で2番目)の国際色豊かで高い人気を誇る学校となりました。

この改革を先導してきた大橋清貫学園長についてご紹介していきます。

プロフィール

三田国際学園学園長の大橋清貫
大橋清貫
  • 三田国際学園中学校・高等学校 学園長

  • 一般社団法人新時代教育研究所 代表理事

経歴

1981年 進学塾俊英館を設立
2005年
学校法人順心女子学園理事長に就任
2007年 学校法人順心広尾学園(広尾学園中学校・高等学校)に改称して理事長・学園長に就任
【自律と共生】を教育理念に掲げ、学校改革に着手。高い「通学満足」を得る学校づくりを進め、
2009年度入試では出願者数5554人を数えるなど都内有数の人気校となる。
2013年 戸板学園教育監修理事に就任
一般財団法人新時代教育研究所を設立、代表理事に就任
2015年 戸板中学校・戸板女子高等学校を三田国際学園中学校・高等学校に改称・共学化し、学園長に就任
2016年 21世紀型教育機構発足、副理事長に就任
2007年 学校法人順心広尾学園(広尾学園中学校・高等学校)に改称して理事長・学園長に就任
【自律と共生】を教育理念に掲げ、学校改革に着手。高い「通学満足」を得る学校づくりを進め、
2009年度入試では出願者数5554人を数えるなど都内有数の人気校となる。

21世紀の激動の時代を生きる子供たちへ

「自分の武器を持ちなさい」

常々生徒たちにも言っていることですが、それには自分で学ぶこと。誰にも授けることはできません。
正直、卒業生には社会で活躍し、成功してほしい。コンピテンシーが武器と考えているので、
すべてではなくてもいくつかは自分のものにしてほしい。

「三田国際を武器なしでは卒業させないぞ!」というのが我々の強い思いです。

(インタビュー誌より)

主な著書

大橋清貫著書の「本当の学校価値」とは何だろう?―広尾学園が実践する「生徒・保護者視点重視」の学校づくり
「本当の学校価値」とは何だろう? 
1,524円
発売日: 2011/10/28
出版社:プレジデント社

生徒・保護者視点を重視した学校運営や、「授業の質」先生たちのマインドとスキルの向上について。「顧客満足主義」の学校経営とは。

【レビュー】
「顧客満足主義」の学校経営に非常に感銘を受けました。私自身が「学校はこうあるべき」と考えていたことをほぼ実践され、結果を出されていることに敬意を表します。もちろん、全ての生徒が理想的に成長してくれるわけではないと思いますが、この取り組みの方向性は正しいと思います。
親が子供を通わせたくなる学校ですね。
大橋清貫著書の新時代に生きるための本物の教育
新時代に生きるための本物の教育
1,524円
発売日: 2011/10/28
出版社:プレジデント社

僅か数年で、首都圏有数の人気校に!
少子化時代にたぐいまれな躍進を遂げたユニークな教育システムの秘訣に迫る!

【レビュー】
ある私学の理念や特徴について書かれている。ここで参考になるのは、教員の育成のスタンスである。マインドアップとスキルアップ。まさにその通りだと思います。

関連リンク