菅野一勢の思考って?

菅野氏は、元インフォトップの創業メンバーとして活躍したひとりです。現在は実業家として、または講演家として忙しい日々を送っており、開催されるセミナーやメルマガでは「稼ぐ方法」やビジネスに対する取り組み方などをレクチャーしています。

もともとアルバイトをしたりフリーターとして日々を過ごしていましたが、1997年(平成9年)に東京電話代理店事業を興します。しばらくは好調な成績を残していましたが、のちに経営が上手くいかなくなり撤退。その後、探偵業に就くなど異色の経歴を持っています。

この探偵業ののち、2003年(平成15年)にインフォビジネス業界に参入し、本格的にインターネットビジネスを開始します。2006年(平成18年)には情報起業家向けのEC決済システム会社・インフォトップを創業。さらに事業を拡大し、グループ年商50億円というすさまじい数字を残しています。

そんな菅野氏は稼ぐことに対してや、普段からどういった思考のもと行動しているのか。菅野氏の言葉をもとにご紹介していきましょう。

「飛び抜けた分野」を持つことを意識する

菅野氏が大切にしていること、このひとつとしてまず挙げられるのが「まずは自分が幸せになる」ということです。自身の幸せについてまじめに考えたことがあるか、と言われるとおそらく多くの人が「ない」と答えるでしょう。誰かを陥れるとかそういうことではなく、自身の幸せを軸に置くことが大切なのです。

 

まず自分が幸せになる、という考えのもと行動したからこそ、菅野氏の今の成功があるのでしょう。また、自身の著書のなかでも伝えているのが「何か飛び抜けた分野を持つ人になる」ということです。

 

すでに成功をおさめ、稼いでいる人と同じ土俵に立つ。これはなかなかに厳しい状況です。しかし、自身が飛び抜けて何か得意なものがある、これなら負けないというものがあればそれが自身のパワー・武器になります。

 

起業を意識するのであれば、この点を意識すべきだと菅野氏はいいます。多くの人が自分の特技を何か分からないまま大きくなってきて、いざそういわれると戸惑うことでしょう。しかし成功の秘訣は、そこに隠されているのかもしれません。

菅野氏の言葉をヒントに励む

菅野氏の言葉はシンプルで、心に自然と入ってくるような分かりやすさが特徴です。起業したい、稼ぎたいと思った時はぜひ菅野氏の言葉を参考にしてみてはいかがでしょうか。ヒントになるものがあるはずです。