ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)ってどう?僕の体験談とか価格とか評判とか全部教えるよ

もしいろんな英語教材を比較して、迷っているならこの記事を読んてみてください!ケンペネEnglishのすべてを、事細かに解説しています!
ケンペネEnglishは発売されてすぐに、話題が広まった教材です。「英語教材の歴史が変わった…!」というふうにも一部では言われています。それくらい画期的な方法で、英語上達が叶うようになっているんです。
ある人はケンペネEnglishによって、海外ビジネスを成功させました。またある人は、今や月に1回くらいのペースで海外旅行をし、現地で美味しいものを堪能しています。
こちらは、そんなケンペネEnglishの特徴や価格、評判をまとめた記事です。英語教材選びに失敗したくない人は、ぜひ参考にしてもらえたらと思いますよ!

英語教材ケンペネEnglishの体験談①「悪評がないか徹底調査」

僕がケンペネEnglishを知ったのは、インターネットでいろんな英語教材を調べていたときでした。「もう周りの人が当たり前のように英語を話す時代がやってくる」「このまま英語を話せないままでいいのか」。そんな焦りを抱えていた僕の目に飛び込んできたのが、ケンペネEnglishです。
公式サイトを見ると、たくさんの魅力的な文言が並んでいました。「受講期間は60日」「新しい勉強は一切不要」「使う文法はたった1つだけ!」「ネイティブ講師のフィードバック付き」などなど…英語を身につけたい僕の心に、突き刺さる言葉ばかりがあったんです。
でもそれと同時に、こうも思ったんですね。「本当に言われているとおりの授業なのか」、そして「本当に英語が話せるようになるのか」って。そこで僕は、ひとまずこの公式サイトを見たあとに、ケンペネEnglishの周りの評価、悪評がないかどうかも含めて調査したんです!

口コミを徹底調査!

まずは、ケンペネEnglishの口コミからです。口コミは、ケンペネEnglishを利用した人が素直な感想を書いているものですからね。
それでいろいろ調べたんですが…悪評がほとんど見つからなかったんですよ。本当にいろいろ見たんです。利用する人の数だけさまざまな意見があるはずなんですが、でもなかった。これには驚きしかありませんでした。大体どの口コミも、ケンペネEnglishの素晴らしさが書かれていたんですね。

体験者の喜びの声

しかも公式YouTubeチャンネルには、実際にケンペネEnglishで英語を学んだ人たちの感謝のコメントがアップされていました。体験した人たちは、皆満足そうな表情を浮かべていたんです。
実際に英会話に親しめた人たちの言葉だからこそ、説得力があります。ケンペネEnglishの受講を考えている人にはぜひ知っておいてほしいので、お伝えしていきますね。

応用の効く学習方法がよかった

「短い言葉でいいよ」「なにも覚えなくてもいいよ」という言葉が印象的だったと語る体験者の方。使いわませる言葉で表現してくれて、ほかのことにも応用できるのが良いポイントだと感じたと話しています。
実際にワークショップに参加した感想は、「とても楽しかった」とのこと。またワークショップの中で仲間ができたとも話していたのです。
同じ目標に向かう人たちが、同じ方法で英語を学ぶということ。それは仲間を増やして、モチベーションを上げることにも繋がるのだと改めて思いましたよ。

英語との向き合い方が変わった

英語との向き合い方は変わりましたか?という質問に対して、自信を持って「変わりました」と答えていた体験者の方。勉強の時間が取れない中でも、1日20分という時間設定で無理なく続けられたと話していましたよ。
しかもレッスンを受けたことで、これからも英語を継続的に続けていきたいとも話してくれた。つまりケンペネEnglishは、続けることの大切さも教えてくれるということです。
最初は緊張していたものの、実際に始めてみたら「楽しくできた」と笑顔で話している様子が印象的でした。気さくな人が多かったとも話していたので、話下手な人や引っ込み思案の方でも安心してレッスンを受けられますね。

英語教材マニアから聞き込み!

口コミは、このようにケンペネEnglishを肯定的に評価しているものが多かったんですが、どんな人が書いているのかは、もちろんわかりません。なので、もしかしたらケンペネEnglishの関係者の口コミである可能性もゼロではないと僕は思いました。(そんなことは、まずないとは思うんですが、僕は疑り深い性格なので…)。
そこで僕は、次にいろんな英語教材を評価していて、巷で英語教材マニアと呼ばれている人から聞くことにしました。その方の評価なら、客観性が高いと思ったからです。
「ケンペネEnglishは悪評がほとんど見当たらなかったんですが、本当なんでしょうか」と僕は聞きました。すると英語教材マニアの方は「それはそうだろう」と言うわけです。その人が言うには「ケンペネEnglishは、いろんな人に適している教材だから」だそう。このことについては、またあとで詳しくご紹介しますが、まさか即答で「ケンペネEnglishはいい」というお返事をいただけるとは思いませんでしたね。

高校時代の恩師にも聞いてみる

英語教材マニアの方に聞くのと合わせて、僕は高校時代お世話になった英語の先生にも話を聞いてきました。先生がケンペネEnglishを知っていること自体にびっくりしたんですが、「ケンペネEnglishは、英語講師の間でわりかし有名だからね」と。肝心の評価ですが、やはり先生も一目置いているということで、「今後もしかしたら授業に活かすかもしれない」というお話でしたよ。それだけケンペネEnglishの教え方が優れている、っていうことですよね。

メディアや大学でも紹介されている

こんな感じで僕は、いろんな方から情報を集めていたんですが、その中でもより有力な情報をゲットすることになります。それはケンペネEnglishが、さまざまなメディアや大学、さらにはテレビ番組で紹介されていることです。
では実際に、どのようなメディアがケンペネEnglishを紹介してくれているのでしょうか?具体例を示しながら、お伝えしていきたいと思いますよ。

大手メディアで紹介!

たとえば「朝日新聞デジタル」「LINE NEWS」「SankeiBiz」、大学だと青山学院大学、中央大学、学習院大学など…。こんな感じで、どこかで一度は聞いたことがあるような有名なメディアや大学で取り上げられていたんです。これはケンペネEnglishが、特に優れた教材であるっていう証ですよね。だって、もし詐欺のようないい加減な教材だったら、そのメディアや大学の信頼もガタ落ちですから。

民放テレビにも出演!

なんとケンペネEnglishは、石田純一さんやさとう珠緒さんといった有名タレントさんと一緒に、民放番組にも取り上げられているんです!そこには、ケンペネEnglishの創始者であるケンペネールしずこさんも一緒に映っています。
テレビ番組は、忙しい芸能人の方をキャスティングしたり信頼のおける情報を厳選して取り扱ったり、とにかく信頼と視聴率を大切にしています。テレビ番組に取り上げられるということは、ケンペネEnglishが英語教育業界で確固たる市民権を得ている証ともいえるんです。

トークイベントにも登壇!

さらにはケンペネールしずこさんとタレントの押切もえさんが、ケンペネEnglishを軸にして英語について語り合うトークイベントも開催されました。押切もえさんは過去にNHKの語学番組に出演にしたり、英語の翻訳書を出版したりと、英語についての造詣がとても深い方。
英語に愛着を持つ押切もえさんが、ケンペネEnglishが提唱する学習方法を高く評価してくれています。発言に影響力のある著名人でさえ納得させてしまうケンペネEnglishは、誰にでも胸を張っておすすめできると言っても過言ではないんです。

英語教材ケンペネEnglishの体験談②「教材のすごいところをチェック!」

ケンペネEnglishの評判をいろんな方面から調査した結果、この教材が高く評価されているのは確かだとわかりました。それでは次に、口コミや英語教材マニア、英語の先生の言葉から気づいた、ケンペネEnglishのすごいところを紹介していきたいと思います!

いろんな人に適している!

英語教材マニアが言っていたように、ケンペネEnglishはいろんな人に適した教材です。だからこそ、評判がいいんですね。では、どんな人に適しているんでしょうか。

英語の成績があまりよくなかった人

たとえば、英語の成績があまりよくなかった人におすすめできます。なぜかと言うと、ケンペネEnglishは、扱っている英語がそこまで難しくないからですね。単語も文章も中学校の一年生、二年生で習うものがほとんど。しかも、一から丁寧に教えてくれます。
かと言って、それを完璧に覚える必要はまったくないのも特徴です。最初はこんな感じの単語あったなあ、と思いながら発音の練習をするだけで十分なカリキュラムになっています。大事なのは、簡単な英語でも相手に伝えることですからね。

記憶力に自信がない人

記憶力に自信がない人にも適しています。それはケンペネEnglishが、カタカナ英語を利用しているから。カタカナ英語は、みなさんが生活の中で当たり前のように使っているそれです。カタカナ英語でも、ネイティブのように発音できるコツを掴めば十分に伝わる。だから、新しく単語を覚える必要はないとケンペネEnglishは言うわけです。最初の方で「新しい勉強は一切不要」と公式サイトにあると言いましたが、まさにこの部分ですね。

時間があまりない人

ケンペネEnglishは、時間がない人が英語を身につけたいと思ったときにもおすすめです。この教材は、テキストやCDなどはなく、基本的には動画です。そして、長さは1回20分程度しかありません。なので自宅だろうと外出先だろうと、ちょっと空いた時間にさくっと見て勉強できるんです。英会話教室に行く時間がなくても、ケンペネEnglishなら無理なく続けることが可能なんですね。

確かな理論に基づいている!

ケンペネEnglishのすごいところは、まだあります。それは単に今までなかった指導方法を採用しているわけではなく、すでに効果が立証されている理論に基づいていることです。ここでは代表的なものとして、フォニックスと20時間理論について説明したいと思います。

フォニックスとは

フォニックスとは、英語を母国語とする国の子どもたちが、効率よくスピーキングスキルを身につけるために発明された教育方法のことです。さっき、カタカナ英語でもネイティブのように発音できるコツを掴めば、と言いましたね。このコツを教えてくれるのが、フォニックスなんです。すでに教育現場で用いられている方法なので、効果がないわけありません。

20時間理論とは

もう1つの20時間理論とは、ジョシュ・カウフマン氏というアメリカの作家が提唱している理論です。彼によれば、新しいことを身につけるのには、ある条件さえ満たしていれば20時間で十分らしいんですね。
ケンペネEnglishの授業時間は、そんな彼の理論に基づいています。1回20分の動画×60日で20時間になるでしょう。要するに動画の時間がたまたま20分なんだとか、レッスン期間が2ヶ月なんだとか、そういうのではないということですね。ちゃんと、最も高い学習効果が現れる時間に合わせて作られているんです。

さまざまなシチュエーションを網羅!

ケンペネEnglishでは、より実践的な力を身につけてもらうために、60日間の授業で20ものシチュエーションの例文を教えてくれます。これも、すごいところの1つです。

【シチュエーション一覧】

自己紹介・道案内・食事・買い物・乗り物・旅行・ホテル・電話・予約・トラブル・病院・仕事①・仕事②・おもてなし・文化・趣味・家族①・家族②・友だち・褒め言葉・自己表現

これによってどうなるかと言うと、短期間ながら、いろんな状況に対応できる英会話力を身につけられるんですね。
あと、英語教材マニアと先生が奇しくも同じことを言っていて、「こうやって明確に数を見せてくれるとゴールが明確に見えるからいい」と。確かに同じ距離だったとしても、ゴールテープが見えているのと見えないのじゃ全然違いますよね。こういう明確な目標があって、生徒のやる気を引き出してくれるのも、ケンペネEnglishの優れたところだと思います。

実践の機会がある!

ケンペネEnglishのすごいところは、まだあります。60日のレッスン期間中に、動画で学んだり練習したことを、ケンペネEnglishの先生や生徒を相手に実践する機会があるんですよ。これをケンペネEnglishではワークショップと呼んでいます。
一人で練習するのも気軽でいいんですが、それだけだと相手に本当に伝わるのかどうか気になりますよね。一方的にこちらから喋っているだけなので、相手から質問されたときに、ちゃんと答えられるのか不安にもなります。こうした部分を補う授業を、ケンペネEnglishは行ってくれるんです(しかも無料です!)。

英語教材ケンペネEnglishの体験談③「ケンペネEnglishの料金は?」

ケンペネEnglishの特徴については、ここまでで十分にわかっていただけたことと思います。でも、どんなに「ケンペネEnglishはすごいんだよ!」と言われたとしても、気になるのは料金ですよね。

ケンペネEnglishの料金は?

ケンペネEnglishの販売金額は、197,000円です。いや…正直そんなに安くないって思いますよね。僕も最初はそう思いました。一生モノのスキルが身につくとは言ってもね、20万円の買い物なんて早々しませんよって。

ケンペネEnglishは安い??

でもこの料金に関して、次のような口コミがあるんですよ。

「よくよく考えてみたら安価だと思う」
「動画60本、講師からの直接指導、その他も含めてこの値段なら妥当」
「英会話教室に1年間かけたお金より遥かに安かったです」

このような口コミは、まだ他にもあります。とにかくケンペネEnglishの料金に対して、納得している人や安くて驚く人ばかりだったんです。
とはいえ巷の評判だけでは、本当に安いのかと疑問に感じてしまう人もいますよね。そこで実際に、英会話教室を運営・展開する他社と、料金設定という部分について比べてみました。

有名TOEIC対策コースの料金と比較

まず調べたのは、TOEIC対策コースを展開している大手英会話会社。ケンペネEnglishでも万全なTOEIC対策ができるため、試験対策という部分で比較してみたいと思います。
僕が調べた英会話教室では、TOEIC750点を目指して全10回レッスンを受けられるコースで税込158,510円でした。一見するとケンペネEnglishよりも安いと感じますよね。
でもケンペネEnglishは、60日間に渡ってレッスンを受けられて197,000円なんです。1回あたりのレッスンに換算すると、圧倒的にケンペネEnglishのほうがお得といえるでしょう。

有名英会話教室その1の料金と比較

次に、大手英会話教室のお得プランと比較してみました。このお得プランは、2つの違う種類のレッスンを30回ずつ計60回受けられて、なおかつプライベートレッスンが2回ついてきます。
なんだかケンペネEnglishよりもレッスンの回数が多いように感じますね。しかしこの英会話教室のお得プランの料金は、税込407,440円です。
レクチャーの内容は、たしかに充実しているように感じるかもしれません。しかし40万円オーバーという金額は、たとえお金に余裕のある人でさえ躊躇してしまうのではないでしょうか。
対して、ケンペネEnglishは税込197,000円。圧倒的なコストパフォーマンスの差があることがわかりますよね。

有名英会話教室その2の料金と比較

最後に、個性的なCMでも有名な大手英会話教室の料金と比較してみました。結論から言うと、その英会話教室の料金は最大60回のレッスンで税込439,920円です。
同じレッスン回数でみると、ケンペネEnglishのほうがリーズナブルであるのは一目瞭然。英語に触れられるのはどちらも60回ということを考えれば、ケンペネEnglishがどれだけ良心的な価格設定なのかがわかりますよね。
しかもこの大手英会話教室は、都内にある教室でさえ数が限られています。でもケンペネEnglishはいつでもどこでも学べて、なおかつお得。
僕に言わせれば、もはやケンペネEnglish一択だといっても過言じゃないんです。

ケンペネEnglishの料金は赤字覚悟の設定

それで、僕も改めていろいろ計算してみたんですね。たとえば英会話教室だと、大体1ヶ月あたりの料金は40,000円くらいになります。
でも、成長の早い人でも半年から1年くらいは通うのが一般的です。なので結局、ケンペネEnglishの料金を上回ることになります。1ヶ月あたり40,000円もあくまで平均なので、教室によってはもっと差が出ることでしょう。
また調べていると、ケンペネEnglishが無料で提供している特典やサービスも、他の講座や教材だとひとつ10,000~20,000円くらいで販売していることが多いとわかりました。これらのことからケンペネEnglishは確かに安くて、もっと言えば赤字覚悟の設定なんじゃないかなと思います。

英語教材ケンペネEnglishの体験談④「いざ勉強スタート!」

このように、ケンペネEnglishの評判、特徴、料金とさまざまな角度から僕は調べていきました。そして以上の調査結果を踏まえ、僕は意を決してケンペネEnglishを始めます。ここでは、この教材を始めたことで、改めていいなと思ったポイントを中心に紹介しましょう!

スマホを使った学習がかなり便利

やっぱりスマホを使った学習が、かなり便利でしたね。ケンペネEnglishを調べている段階から、「スマホで勉強できたら手軽でいいな」と思っていたんですが、予想以上によかったです。その理由は2つあります。
1つは、勉強したいと思ったときにさっと始められること。スマホって、もう僕たちは手放せないものじゃないですか。変な話、四六時中自分の近くにあるものだと思うんです。だから今少し時間があるとか、今ちょっと英語を習いたいと思ったときに、ケンペネEnglishであれば英語学習が簡単に実現できるんです。
もう1つは、そういうときは気持ちも前向きなので、思いの外集中できること。僕はいつも「自分のやる気スイッチどこー?」っていうくらい、普段何事に対してもあんまりやる気が出ない人間だったんですが(自分で言ってたらダメなんですけどね…(笑))、そんな僕でもスマホで勉強するスタイルのおかげで、常に集中して取り組むことができたんです。

意外と早く習慣づいた

そのおかげもあってか、意外と早くケンペネEnglishの学習が習慣づきました。最初は「せっかく始めたんだし、頑張って続けないとなあ」と思っていたんですが、あるときから自然にやるようになって、むしろ「今日まだケンペネEnglishやってない!早くやらないと!」っていう気持ちになっていたんです。やらなくちゃいけないっていう義務感がなくなって、やらないと気持ち悪い感じになっていたんですよ。
これも多分スマホによる学習のおかげですね。もしパソコンでの学習だったり、教室に行くような方法だったら、きっとそこまでたどり着かず、いつまでも「あーやらなくちゃ。めんどうくさい…」ってなっていたと思います。なんだか僕の気持ちを見透かされているような感じがしましたが、そういうふうに勉強の継続が苦手な人に合わせて作られているのが、ケンペネEnglishのいいところなんだなと思いましたね。

講師のフィードバックが的確すぎた

ケンペネEnglishは、動画を見て学習するほかに、学習した成果を講師にチェックしてもらうことがあります(これを課題とケンペネEnglishでは言っています)。このチェックとフィードバックを繰り返すことで、成長するというのがケンペネEnglishの特徴です。
このフィードバックがまたすごいのひと言。僕がここはちょっと苦手だなあと思う部分を、講師は発音だけしか聞いていないのにも関わらずしっかり見抜き、「ここはこうやって発音したほうがいいですよ」という感じでアドバイスしてくれたんです。
それから僕が「うん、ここは頑張った!」というところに関しても、やっぱり発音だけなのにわかってくれて、「この部分はすごいよかったです!続けていきましょう!」と言ってくれました。本当、あまりにも的確過ぎてびっくりしましたね。こんな感じで僕の思いに合わせてアドバイスしてくれたおかげで、最初は課題提出と聞いて嫌だなあと思っていたんですが…だんだん、チェックをしてもらうことがひとつの楽しみになっていきました。
こういうオンライン講座だと、講師の方があまり接してこないイメージはありますが、ケンペネEnglishの場合は1人で勉強しているときでも、講師がちゃんと見てくれているという感覚があります。それも、ケンペネEnglishを継続するひとつの理由になったことは間違いありません。

怪しい要素、詐欺的要素は一切なし!

あとこれも強く感じたのですが、ケンペネEnglishはサイトでいろんな魅力的なことを言っていますが、それがどれも嘘ではないんだなと思いました。「思っていたのと違う…」なんていう詐欺的な要素が一切なかったんです!
勉強する内容は言っているとおりで、本当に単語を覚える必要はありません。授業の指示に従って思い出すだけでいい。そしてあとは、それをどう発音するかを学ぶ。これもまた決して難しくなく、動画で丁寧に説明してくれています。
こういう誠実さはお金を取る以上、当たり前なことだと思いますけどね。でも昨今の教材を見ているとそうじゃないものが、残念ながらあるのも事実…。もしそれに当たってしまったらどうしよう、と不安になっている人がいるのは、そういう英語教材を作る側の責任かなと僕は思うんです。
とはいえ、もうこういう事実はどうしようもないので、「とにかくちゃんとした英語教材をやりたい!」って人には、「ケンペネEnglishなら間違いないよ」と僕は伝えたいと思っています。

英語教材ケンペネEnglishの体験談⑤「英語ができるようになってきた!」

こういった感じで、僕は英語教材ケンペネEnglishの良さを感じながら、毎日の学習を進めていきました。苦労は一切なかったです。1回20分がどれほど楽なものか。このありがたさを感じながら、そして楽しみながら、どんどん授業に取り組んでいきましたね。すると思いの外早く、「ああ、自分は英語ができるようになってきているんだ!」と感じる出来事が訪れました。

友だちに驚かれる

その1つの出来事が、友だちに驚かれたことです。それはケンペネEnglishの受講中のある日のこと。僕は友だちと2人で街に買い物に出かけていました。すると友だちが言うのです。「あの外国人、道に迷っていそうだよね」と。友だちの言葉を聞いて、前方を見ると、たしかに地図を持って駅前をウロウロとしている外国人が。そしてその方は明らかに、誰かに話しかけて、道を訪ねようとする素振りをしていました。
ケンペネEnglishを勉強する前の僕だったら、気づかないフリをしていたことでしょう。「助けたいけど、結局コミュニケーションが取れないんだから仕方がない」と自分に言い聞かせて、その場を立ち去っていたと思います。だけど僕は友だちに言ったんです。「ちょっと話を聞いてみようよ」と。
「え?」と友だちはそのとき不安げな顔をしていましたね。それもそのはずです。僕が英語を勉強しているなんてことを、彼は知らなかったのですから。ですがそんな彼をよそ目に、僕は外国人に話かけました。
すると外国人は地図を指差しながら、ここに行きたいと言うわけです。僕は、自然にその外国人が言う言葉を理解していました。そして道順と、そこまで行くのにかかる時間、困ったときに尋ねられる交番の場所を教えてあげたのです。その外国人はとても納得した顔をし、「ありがとう」と日本語で言ってくれました。ケンペネEnglishで学んだことが初めて役に立った瞬間でした。
その様子を見て、友だちは目を丸くしていましたね。「え、どうしたの?すごくない??」って。だから僕は英語を勉強していることを打ち明けて、それからケンペネEnglishを使っていることを教えてあげましたよ。

ネイティブ同士の英会話が聞き取れるようになる

もう1つ、英語ができるようになってきたなと実感した出来事があります。それもまた、偶然でした。たまたま外に出かけて、たまたまた入ったカフェでの出来事です。
そこは少し静かな場所だったので、意識しなくても、人の会話が耳に入ってくるようなところでした。それでそのとき、外国人観光客が2人席の近くに座っていたんですね。彼らはお茶を飲みながら、楽しそうに会話をしていました。
今までだったら、「英語ペラペラ話しているなあ」くらいにしか思っていなかったんですが…その言葉が日本語と同じようにどんどん頭の中に入ってきて、何を言っているのかがわかったんですよ。僕はそのときはっとしたわけです。ケンペネEnglishで勉強していたからだって。
それからというもの、僕は海外ドラマや洋画も字幕なしで見るようにしました。どのくらい聞き取れるのか試してみたかったんです。そしたら思っている以上に聞き取れる自分がいました。ケンペネEnglishで英語ができるようになっている、それは間違いないと思いましたね。

英語教材ケンペネEnglishの体験談⑥「仲間との出会い」

ケンペネEnglishで勉強していて、上達の効果を実感している頃のことです。ケンペネEnglishではワークショップを定期的に開催していて、それに参加する時期がちょうど訪れました。もっと英語を話したいと僕はそのとき思っていたので、都合をつけて参加しました。

ワークショップでケンペネールしずこさんから講義を受ける

まず驚いたのは、ワークショップの講師がケンペネールしずこさんだったことです。「この人が、ケンペネEnglishを作った人…!」と感動しましたね。ケンペネールしずこさんは、そのとき英会話に関するいろんな講義をしてくださいました。
内容は動画の内容をさらにわかりやすくしたり深堀りしたものなどで、それを聞くだけでも参加する意義があるものばかりでしたね。最初からケンペネールしずこさんのことはすごいと思っていましたが、それを良い意味で裏切ってくれました。道理で、僕のような英語ができなかった人間でも話せるようになるわけだ、と思いました。

受講生の中でも評判がいい

このワークショップには、僕以外に、ケンペネEnglishで勉強している人も何人か参加していました。その人たちと少しお話をする機会があったのですが、みなさんやっぱり自分が上達していることに驚かれていましたね。中にはこれまで3つくらい英語教材をやってダメだったのに、ケンペネEnglishだとみるみるうちに力がついた、なんて人もいましたよ。この会話を通して、僕は「受講生の中でも評判がいいんだな」ということと、ケンペネEnglishが口コミどおり良い教材であることを改めて確かめることができました。

仲間がいる、だから失敗しない

あと、こうやって他の受講生と直接出会う機会があったことで、仲間意識がすごく僕の中で芽生えていました。そして「この人もあの人も頑張っている。僕も負けていられないな」と思ったんです。そのおかげと言いましょうか。ワークショップが終わって、また1人で勉強をしているとき、参加前よりも一層のやる気を持って取り組むようになったんです。こういう勉強の動機づけをしてくれるから、ケンペネEnglishで失敗したという話がないんだなと思いましたね。

英語教材ケンペネEnglishの体験談⑦「英語を身につけたことで起きた奇跡」

こうして2ヶ月間の受講を終えた僕は、すっかり英会話が得意と言えるようになっていました。最後は、僕が英語を身につけたことで起きた奇跡について、お話をします。

海外で友だちができる

最初に起きた奇跡は、海外旅行をしたときに、現地でネイティブの友だちができたことです。旅行をする前までは、「ケンペネEnglishで習ったのは、最低限のコミュニケーション能力」くらいにしか思っていなかったんですが…僕は気づかぬうちに、ケンペネEnglishで英語の雑談力も身につけていたんです。
現地の人と事務的なやり取りをするだけではなく、会話を心から楽しみ、相手から信頼してもらえた。だから「友だちになりましょう」と向こうの人が言ってくれたんだと思います。ケンペネEnglishは「コミュニケーションとしての英語」だけではなく、「人生を変える英語」を教えてくれるんだなと感じました。

来日した友だちを案内する

奇跡はまだ続きました。帰国後しばらくしたときに、友だちになったネイティブから、急に連絡が来たのです。何かと思えば、今度日本に行くとのこと。そのときは「あなたに案内してもらいたい」とのことでした。「もちろん、喜んで!」と答えましたよ。
それで後日そのネイティブが来たときに聞いたんです。なぜ日本に来ようと思ったのかって。そしたら、その人はこう言いました。「あなたと初めて会ったときに、あなたは日本の文化をいろいろ教えてくれた。だから興味を持った」と。
日本の文化と海外の文化の違い、これもまたケンペネEnglishで教わったことの1つです。受講後に、こうやって人生のいろんなところで役立つのも、ケンペネEnglishのいいところなのではないかなと僕は思いますね。

TOEICの点数が急激に伸びた

ケンペネEnglishは、僕にさらなる喜びを与えてくれました。結論から言えば、かつて惨敗した英語能力証明試験のTOEICで素晴らしい点数を獲得できたんです。
英語力が大幅にアップして気分がよくなった僕は、さらに挑戦をしたいという気持ちにかられていました。そのうってつけの方法として思い浮かんだのが、当時全く歯が立たなかったTOEICの再受験だったんです。
今の僕なら、きっとできるはず。そう思ったときにはもうすでに手が動いていて、TOEIC受験の申込みを完了させていました。

試験問題が簡単に感じた

試験当日から、驚きの連続でした。以前TOEICの試験を受けたときよりも、心が落ち着いていたんです。
きっとこれは、英語に対してわからないと感じる部分が少なくなったからかもしれません。何でも来い、という気持ちだったんだと思いますね。
そして実際に試験が始まったとき、驚きました。以前はほとんどわからなくて冷や汗ばかりかいていた問題が、するすると解けていったんですから!
ケンペネEnglishのおかげで問題文の意味はもちろんのこと、出題されている会話のシチュエーションがはっきりと頭に思い浮かびました。だから僕はただただ物語の中に入っていくような感覚で、さも当たり前のように問題を解いていったんです。
良い意味で、自分が自分でなくなったように感じました。まるで、大人になってから小学生時代のテストの問題を大人気なく解いているような感覚さえ感じたんですよ。
なんだこれは、どうしちゃったんだ。そう思っているうちに、TOEICの試験は無事に終わりました。
こんなに簡単だったのか、なんで昔の僕はこんな問題がわからなかったんだ…そんな思いを抱きながら、TOEICの結果を待つことにしました。

予想を超えた素晴らしい結果

TOEICの結果が届いたとき、僕はまたしても自分を疑いました。なぜならば、予想を遥かに超える高得点を叩き出していたんですから!
具体的にお伝えすると、昔受けたときのTOEICのトータルスコアは「490点」でした。リーディングでは「220点」しか取れなかったんです。
でも今回の再試験では、なんとトータルスコア「830点」を叩き出せたんですよ!しかもリーディングでは「415点」という高得点をゲットできましたよ。
昔の自分だって、決してサボっていたわけではありません。必死に英語に向き合って、それでも高得点を狙うことはできなかったんです。
でもケンペネEnglishのおかげで、負担のない勉強法でここまでの高得点を獲得できたという事実。これはもう、驚きと奇跡以外に言葉が見つかりません。

夢だった仕事に転職できた

ケンペネEnglishが僕に与えてくれたものの中で、いちばん嬉しかったもの。それは、昔から夢だった仕事です。
幼い頃から、トリップサポーターのような仕事に憧れていました。世界中を飛び回って、日本人旅行客と現地のガイドさんをつなぐような仕事です。
一生に一度観られるかどうかの絶景を何度も体験したり、旅行者の方の笑顔をたくさん見られたり。とにかく、小学生の頃からずっと憧れていた職業なんです。
しかしやはり、世界各地のハードな環境で旅行のお手伝いをするためには、高い英語力が求められる。英語に自信のなかった僕は、キャリアの早い段階で諦めていたんです。
でもそんな僕でも、ケンペネEnglishのおかげで英語力を磨けました。そこで腹をくくって、もう一度この仕事にチャレンジしてみることにしたんです。

面接をしてくれた上司に驚かれ、即採用!

結論から言いましょう。面接に行ったら、即採用をもらえたんです!
面接といっても、英語で軽く雑談をしたり、ディスカッションをしたりとフランクなものでした。しかし上司は、僕の英語を聞いてかなり驚いてくれたんですよ。
一通り英語のディスカッションが終わったあとに、「昔海外に住んでたことあるの?」「留学経験はほんとにないの?」と、質問攻めにあったくらい。ケンペネEnglish仕込みの英語は、多くの旅行者と本場の英語を相手にしている人からしても、びっくりするほどハイクオリティだったということですよ。
だからすぐに採用されて、現場に配属されました。正直、びっくりするほどのスピード転職でした。
最初の研修の数日間は、とんでもない速度の英語を聞かされてつまずくこともありました。でもケンペネEnglishで英語の基礎から学べたおかげで、すぐに仕事に慣れることができたんです。

多くの笑顔と一緒に世界各地へ

今は希望通りに、世界各地を回る仕事をしています。もちろん、笑顔で旅行を楽しむ観光客の人たちと一緒に。
こうして仕事をしている今でも、ケンペネEnglishのことを思い出します。間違いなく、僕にとっての転機だったといえる英語教材ですから。
仕事で観る絶景も、多くの観光客の方の笑顔も、全てが僕にとっての宝物。なにものにも代えがたい財産です。
でも密かに嬉しかったのが、つい先日お客さんの小さい子が「あの英語が上手なお兄ちゃん、日本人?外国の人?」ってご両親に聞いてくれていたことですね。正しい方法で勉強をすれば、国境や人種の壁なんて関係なく、好きな場所で好きなことをして生きていけるんだと改めて思いましたよ。

まとめ

ケンペネEnglishがなぜ高く評価されているのか、どんなところがすごいのか。さまざまなことをご紹介させてもらいました。
何よりもお伝えしたいのは、この記事を読んだときに「ケンペネEnglishがいいと思ったかどうか」その気持ちを大切にしていただきたいということです。その直感に従っていただければ、ケンペネEnglishで失敗することはまずありません。みなさんがネイティブと楽しく会話する力を身につけ、ご自身の夢を叶えられることを、僕もささやかながら願っています!