あなたも、今のうちに良い女をゲット

しておき、優雅にクリスマスなどを

過ごすという事に魅力を感じて、

この手紙を読んでいると思う。


世の中で言う一般論からすれば、

美女と付き合う、一夜を過ごすという

ことは容易なことではない。


何故なら、向こうの方が、自分より

も社会的なステータスが高いのでは

ないかと誰もが認識するからだ。


だから、美女と付き合える男というと、

見てくれがいい、お金を持っている、

コネクションが豊富などという魅力を

予め持った男だけが付き合えるのでは

ないかと考えるのが一般的だ。

しかし、今回のOFLでは見てくれに

関しては全く関係ない。


つまり、どれだけあなたがデブで

あっても、ブスであっても、必ず

結果がついてくるというものだ。


そして、上記でも言った通り

無料モニターとして参加して頂く

モノなので、お金もかからない。


かつ、ひたすらコミュニケーション

能力を磨くなどの身を削るような

努力も、難しい専門的な知識も

一切必要ない。


あなたが美女を手に入れる為に

必要なものは、


インターネット接続環境と

パソコン、又はスマートフォン、


そして俺を信じるという覚悟だ。


この3つの条件をクリアして

頂けるのであれば、


OFLは確実にあなたの役に

立つはずだし、あなたが美女を

手に入れるという願いは、


このOFLを読むことによって

成し遂げられることを約束しよう。



このOFLというものは、

読む事によって、


ためのメソッドなどが書いてある。

もしこの上記の内容で、あなたが

魅力的に感じたものが1つもない

のだとしたら、


おそらくこの手紙を読むことは

時間の無駄になるだけなので、

今すぐ閉じて欲しい。


逆に、魅力に感じたものが1つでも

あるのなら、この手紙は最後まで

読み切り、あなた自身で受け取るか

判断して欲しい。



人間にとって一番難しい所業

というのは、実は行動すること

によって変わることじゃない。


『現状維持』だ。


俺たちが今の状態をキープしようと、

必死に足掻いたとしても、時間が

経つにつれていつの間にか変わって

いってしまうことは多い。


しかも、大体勝手に変わって

しまう時は悪い方向に変わって

しまうのだ。


現状維持を目指して事態が

好転することはないと

言っても過言ではない。


もしあなたが今、

「このノウハウは自分には

関係ない」と思っていたと

しても、今から対策しておいた

方が良いというのは間違いない

はずだ。



だから、今ここでこの手紙を

閉じてしまったら、あなたは

居心地の悪い現状から脱出する

ことはないどころか、


という状態になってしまう

可能性がある。


これから先、人生において

あなたは今が一番若いはずだ。

これからドンドンと老いて、

醜くなっていくのである。


現状からの克服のために

行動しようとせず、


ただ理想と現実のギャップに

苦しみ続ける脂たぎった中年の

おっさんに、振り向く女は1人も

いないだろう。




…そんな未来は絶対に嫌だ!

今すぐ克服する手立てが欲しい!

という人は、下記のフォーム

ボタンをクリックすることで、


俺の知識と経験を詰め込んだ

美女を口説き落とすための

ピックアップメソッド、


【OFL】を受け取ってくれ。


何度も言うようで悪いが、

あなたからお金を取るつもり

はない。


下記のボタンをクリックし、

メールアドレスと氏名、

生年月日を入力することで

無料でGETできるように

なっている。


メールアドレスと氏名、

生年月日を入力して

送信すれば、


俺からあなた宛にOFLを

PDF形式で送らせてもらう。



このメールアドレスと

氏名、生年月日は、

他者に漏らすことは

絶対にないし、


他の迷惑メールが届くこと

も一切ないので、安心して

受け取って欲しい。




美女を口説き落とすための

メソッドを提供しよう、と

言われても実際にどんなモノが

来るのかイメージできない人が

殆どだと思う。


ここではOFLについて、

具体的にどういった内容が

記載されているのかを説明

していこう。



学校のカリキュラムに

「恋愛学」という項目はない。


子供から少年、そして

大人になるまで先生が

教えてくれることのなかった

唯一の学科が、恋愛学だ。


ここでは、恋愛は学問だと

言うことを強く認識した上で、

求愛の化学などについての内容

を説明していこう。



地球上のすべての生命体は

子孫を残すため進化していく

ように設計されている。


つまり、

「生き延びて子孫を残す」

というのは、人間の本能に

組み込まれた、最も重要な

プログラムなのだ。


それを、心の中では誰でも

認識はしているが、


何故男のアプローチに対して

女は嫌がるのか。


男が患う「アプローチ恐怖症」

とはなにか。


人間が幸せを感じる

理由を愛・富・健康の

3つの視点から深く

説明していこう。



女と男は同じ人間だが、

人間という観点以外では

全く違う生き物なのである。


では女はどの様な

ことで楽しみ、怒り、

悲しみ、喜ぶのか。


又、俺たちを避けるために

使われる最も多いパターン、

「彼氏がいるから」

についての理由や対策

について説明していこう。




ナンパというと99%の

女が、悪いイメージを

持っているだろう。


それこそ、

地べたを這いまわるゴキブリ

と大差がない程にだ。


しかし、実は

女はそういった

「ただ自分に言い寄って

来る価値の低い男」

が嫌いなだけで、


別に異性と交流を取ったり、

求愛されること自体が

嫌いなわけではない。


ここでは、第1章で説明

した求愛のプロセスを、

「M3モデル」という名称で

深く掘り下げ説明していこう。



第5~7章では、第4章までで

話した内容を含めての、

実践的な内容になる。


女と話すことができる

ようになったら、

受け入れられ、関心を持たせ、

誘える環境を作るということだ。


そのために必要な

テクニックをすべて暴露しよう。


かなりのコンテンツ量になるので、

自分が使えそうなところから

試していくと良いだろう。




ここでは、女と会話する際に

とても有効な、様々な会話の

テクニックを説明しよう。


弱さの共有、内輪意識の作成、

嫉妬の筋書きなど、色々ある。


普段の日常会話でもかなり

使える内容が多いので、

是非ここは楽しんで読んで

いって欲しい。



第8章までで、君の目的とする

までの役者は全て揃った。


最後は、ホテルにベッドイン

するまでの総仕上げを

説明しよう。


何故、美女は7時間で

口説けると宣言したのか。


これはただ適当な数字を

入れたわけでは決してない。


「7時間ルール」というもの

を作り上げたのだ。


そのルールの概要を

全て公開しよう。






以上が、今回渡すOFLの

あらすじの全てだが、いかが

だっただろうか。


7時間で美女を口説き落とす

ためのピックアップメソッド、

OFL


このあらすじを読んだこと

によって、よりOFLに対して

興味が湧いたら嬉しく思う。




ここまでこの手紙を呼んできて、

あなたが絶対感じたであろうこと

を当ててみよう。


「怪しすぎる」

「胡散臭い」

「新手の詐欺か?」


と思ったと思う、

その考えはもっともだ。


俺の言ってる事は

世間的に言われる「常識」の観点

からすれば確実にズレているし、


そもそも口説き落とすということ

事態が、あなたにとって


「悪いことをしているんじゃないか」

と思うかもしれない。


だが、実際にそれで自分も女も

幸せになっている人達が居ることは

事実なのだ。



ここでは、自分が今までにこのメソッド

を教えてきた弟子達から感想をメールにて

もらったので、それを紹介しよう。




もう一度言うが、

確かに女を口説き落とすという

ことは非常識かもしれない。


だが、あなたが心の底から本当に

求めてるものは何だろうか?


社会の常識のレール上に乗っ取って

無難に生きていくことだけなのだろうか?


それとも、

美女を連れてスイートホテルで

ワインを片手にクリスマスを謳歌する

ことだろうか?


それは、今までのあなたの常識の中

にはない可能性がある。


だとしたら、常識のレール上に乗って

生きているだけでは、それは叶わない。


常識や固定概念に囚われず、

まずはこのOFLを読んでから

もう一度考えてもらいたい。



この手紙を読んでいくにあたって、

何故こんなメソッドを無料で公開するのか、

気になった人はいると思う。


このメソッドを無料であなたにプレゼント

することによる、お前のメリットは何だ?


ということだ。

それが怪しく見える理由のうちの1つを

作っていると思うので、お話しよう。



俺は現在、某アパレル会社に勤めている。

最初は仕事が割と楽しかったが、今では

ただ、生活費と女と遊ぶためとちょっと

した貯金に割り当てるためだけに仕事を

している、正直言ってクソつまらないと

言うよりは、もうそれに対しての感情

が存在しない。


パソコンにつきっきりで作業ばっかりして

いる業務なのだが、俺はもっともっと人と

コミュニケーションがとれる仕事がしたい

のだ。




そこで、俺は来年の3月に26になるのだが、

それをきっかけに会社を辞め、かつてOFLを

教えていた仲間達と、貯め続けていた貯金と

ともに現在恋愛やコミュニケーションに悩んで

いる人たちに向けて、コンサルティングなどの

事業を展開していこうと思っている。




実はこの手紙というのは

そのためのものでもあるんだ。


俺達はコンサルティングをするために、

恋愛やコミュニケーションで悩んでいる

人がどんなことで悩んでいるのか、それに

ついてもっともっと知る必要がある。


つまりあなたが抱えている悩みや不安、

現状に対する不満や未来に対する恐怖など

の感情が知りたいのだ。




実はこのOFLには付録として、

アンケートがついている。



もしあなたがこのOFLを読んで、

少しでもためになった、自分の成長に

繋がったと思ったら、是非このアンケート

に答えて内容を送って欲しい。

(勿論強制はしない)




あなたからの1つのアンケートが、

俺たちの将来を作っていくんだ。



変に固くならず、ありのままのあなたを

アンケートにて見せてくれたら、この上

なく嬉しく思う。



誠に申し訳ないとは思うが、

このプログラムには致命的な欠点

があることを言い忘れていた。


何かというと、

このプログラムは全て俺一人

の手によって機能している

ということだ。


もしあなたがOFLを受け取り、

アンケートに答えてくれたら

あなたは俺にとっての将来の

ビジネスに対するパートナー、

仲間と言っても過言ではない。


俺は確かにこの手紙で、あなたから

メールアドレスという個人情報

を取ろうとしているが、


共に美女とともに優雅な

クリスマスを過ごす、仲間

だと思って欲しい。


そんな仲間には、俺も誠意を

込めてサポートしたい。


OFLの内容でわからないところ

があれば、メールで相談して

くれればいつでも答えよう。


そんな仲間に対して、メールを

自動化したりすることは俺は

絶対にしたくない。

(やり方はイマイチわからないが)


よく、そうやってブログで

お金を取ろうとする詐欺師

のような奴らを見かけるが、


俺は決してそうではない

という事を理解して欲しい。


頂いたメールは、全て

俺が一つ一つ、個人宛に

手書きで書くつもりだ。



つまり、割と時間がかかる(笑)



時間もマチマチになって

しまうことを許して欲しい。


そして、致命的な欠点とは

実はこっちのことなのだが、


俺はパートナー、仲間は沢山

いすぎても仕方がないなと

思っている。


沢山いたところで、

俺が全員をサポートできる範囲を

超えてしまっては意味がないからだ。


一人一人に対するサポートが

疎かになってしまっては、

このプログラムは本末転倒

だと思ってる。


なので、

このプログラムは先着制で

10名限定とする。

10名集まり次第、この

プログラムは終了する。


これを募集するのは、以前

サーバーが落ちたのがきっかけ

で募集をやめた3日前に

続いて2回目だが、既に

6人埋まっている。


あと4人しか取る気がないので、

受け取りたい人は今すぐ

メールアドレスを入力し、

OFLを受け取ってくれ。





…ここで言ってしまうのも

なんだが、6人入るのに

かかった時間は5時間を

切っていた。


おそらくあなたが

悩んだ末にこのページを

閉じ一眠りしたら、



俺があなたに会うこと

はもうないだろう。




これからあなたは

年を取っていく。


今はまだ10代、20代かも

しれない。俺だって25である。


だが、俺が今まで会ってきた

中年のおっさんや、老人は

口を揃えてみんな同じ事を言う。


「人生なんかあっという間」

とか

「もっと〇〇しとけば良かった」

とか

「若い時代を大事にしとけよ」

って諭すように言ってくるんだ。



俺たちも将来同じ事を

言っているのだろうか。



特に楽しむわけでもなく、

特に何かをするわけでもなく、

なんとなく学校に行って、

なんとなく就職して、

なんとなく老け込んで、



無理に表面上は取り繕いながらも

心に少しずつ針の先ががズブズブ

と刺さっていくような心持ちで、


誰かのせいにできるわけでもなく

ただ後悔し続ける人生を歩んで

いくのだろうか。



そして、そんな人生を歩む

あなたの隣に、理想の相手は

存在するのだろうか?



俺の答えはNoだった。

そんな人生は絶対嫌だった。


だから必死に人間行動学

や心理学、恋愛学を勉強し、

実践することでこのような

メソッドを創りだすに至った。



そのおかげで今、俺は幸せな

人生を送っている。



好きな美女をLINEから選び、

好きな時に食事に行き、

買い物に行き、ホテルに行く。



そんな人生だが、俺は全力で

楽しんでいる。



あなたも一度、そんな体験を

したいと思わないか?


もしあなたが俺のOFLを受け

取ってくれる10人の中に入ったら、


その体験ができるように俺が

全力でサポートしよう。




この手紙をここまで読んでくれた

あなたは、俺の仲間であり

パートナーだ。


もしかしたら一緒にこれから

仕事をしたり、お酒を片手に

女を捕まえに行く仲になるかも

しれない。


本来出会うはずのなかった

あなたと、こういう手紙という

形で出会うことができた。


陳腐な表現だが、

この『奇跡』を俺はこの上なく

嬉しく思う。


ここまで読んでくれて

本当にありがとう。

あなたのライフスタイルに、

イロ(女)どりを。




続きはOFLでお会いしよう。



Q メールアドレスを登録する
ことで迷惑メールが大量に届いたり
することはありませんか?


A 大丈夫、安心してくれ。
あくまで俺があなたのメールアドレスを
把握するために登録するフォームを作った
だけで、他者にメールアドレスが漏れたり
することは絶対にないと約束しよう。


Q 最近の漫画のアプリみたいに、
OFLが途中で資料が読めなくなって、
続きは後でお金が発生したりすること
はありませんか?


A 一切ない。
すべての内容を無料で購読可能だ。


Q 家族にバレたくないのですが、
登録することで住所に何かが送られてくる
ことはありませんか?


A 登録する内容はメールアドレスと
氏名、生年月日だけだ。
住所はこちらは一切把握しないので、
あなたが自分から家族に内容を見せない
限り、バレることはないだろう。


Q アンケートはどうやって
送れば良いのですか?

A OFLにアンケートの内容が付いている
ので、それの解答を番号順に、メールで
送ってもらえると嬉しいです。



このOFLというものは、

読む事によって、


ためのメソッドなどが書いてある。

もしこの上記の内容で、あなたが

魅力的に感じたものが1つでも

あるなら、今すぐ下にある

ボタンをクリックし、

OFLを受け取ってほしい。



人間にとって一番難しい所業

というのは、実は行動すること

によって変わることじゃない。


『現状維持』だ。


俺たちが今の状態をキープしようと、

必死に足掻いたとしても、時間が

経つにつれていつの間にか変わって

いってしまうことは多い。


しかも、大体勝手に変わって

しまう時は悪い方向に変わって

しまうのだ。


現状維持を目指して事態が

好転することはないと

言っても過言ではない。


もしあなたが今、

「このノウハウは自分には

関係ない」と思っていたと

しても、今から対策しておいた

方が良いというのは間違いない

はずだ。



だから、今ここでこの手紙を

閉じてしまったら、あなたは

居心地の悪い現状から脱出する

ことはないどころか、


という状態になってしまう

可能性がある。


これから先、人生において

あなたは今が一番若いはずだ。

これからドンドンと老いて、

醜くなっていくのである。


現状からの克服のために

行動しようとせず、


ただ理想と現実のギャップに

苦しみ続ける脂たぎった中年の

おっさんに、振り向く女は1人も

いないだろう。




…そんな未来は絶対に嫌だ!

今すぐ克服する手立てが欲しい!

という人は、下記のフォーム

ボタンをクリックすることで、


俺の知識と経験を詰め込んだ

美女を口説き落とすための

ピックアップメソッド、


【OFL】を受け取ってくれ。


何度も言うようで悪いが、

あなたからお金を取るつもり

はない。


下記のボタンをクリックし、

メールアドレスと氏名、

生年月日を入力することで

無料でGETできるように

なっている。


メールアドレスと氏名を

入力して送信すれば、


俺からあなた宛にOFLを

PDF形式で送らせてもらう。



このメールアドレスと

氏名、生年月日は、他者に

漏らすことは絶対にないし、


他の迷惑メールが届くこと

も一切ないので、安心して

受け取って欲しい。


この手紙の著者
(プロフィール)

浅井 京介



生年月日: 1991年3月22日 
出身  : 東京
趣味  : 女遊び、ダーツ、ウィスキー、読書


小学1年生から中学3年生までいじめられ続けていたのがきっかけで他人とコミュニケーションを取るのが極端に嫌いになり、高校は最低限の単位を取得する他は行かず、ずっと家に引きこもってゲームをする日々を過ごしていた。

しかし、高校3年生の秋に「影響力の武器」という書籍を読んだのがきっかけで人間に対する行動学や心理学に目覚め、それを実践するためにゲームをやめ外の世界に出ることを決意する。

大学には入らず、SNSなどのツールを使って様々な人と出会い、研究した行動学や心理学を実践していくうちに、人とコミュニケーションすることは楽しいのだと気づくだけでなく、自分は女の子と話している時が最も人生の中で快楽を覚える瞬間だということに気づく。

20歳の時に知り合いのツテにて某アパレル会社に就職、そこから研究対象を女性にシフトし仕事をしながら様々な女と出会うことで、女性の行動心理学を研究する毎日を送る。

現在25歳、来年の3月にアパレル会社の仕事を辞め、仲間と共に会社を立ち上げ、恋愛や人間関係に悩む人達に対してコンサルティングなどを展開する事業を開始する(予定)