神奈川県秦野市の大澤知的所有権事務所です。
秦野市における特許・商標のご相談、コンサルティングのことは
お気軽にご相談くださいませ。
※遠隔地は要相談。秦野市以外の地域も対応可能です。


~ 迅速かつ誠実に対応します ~
お客様のご要望に沿った 御満足頂ける
サービスを提供致します。
まずは、お気軽にお問い合わせください

ご挨拶

中小・ベンチャー企業、個人発明家、研究者様が、生き生きと成長して行くことこそ、これからの日本に活力を与えることだと信じております。

特許制度、意匠登録制度、商標登録制度をはじめとした知財制度は、人の思考や活動を通して生み出されるアイディア、デザイン、ブランド等を保護する制度です。 

つまり、大手企業ばかりでなく中小・ベンチャー企業や個人様も、良いアイディア、デザイン、ブランド等、価値ある知的財産を生み出しています。是非そのような価値ある知的財産を生かしてビジネスで成功していただきたいと考えております。

さらに、日本には、世界に誇る文化、地域の特産品、技術などがあります。近年、このような日本の文化、特産品、技術は、諸外国から非常に注目を集めており、これから中小企業等にとって海外進出、あるいは、海外企業との競争に勝つことが成功のカギになるのではないかと考えております。

海外企業は、日本企業の隙を突いて、なり振り構わず、利益を追求してきます。日本の優れた特徴を正当に評価されるために、中小・ベンチャー企業であっても、否、中小・ベンチャー企業であるからこそ、他者と正当に競争できる知的財産を活用することが大切です。

そのような訳で、私は、日本の中小企業や個人発明家、研究者様には世界を相手にビジネスを展開して是非成功して欲しいと願っております。

微力ではありますが、そのような気概のある中小・ベンチャー企業様、個人発明家、研究者様を知財面から全力でサポートし、私どももお客様と共に成長していけたら幸いに思います。

弁理士プロフィール

代表・弁理士 / 行政書士 大澤 孝明  

2004年2月弁理士登録、弁理士登録番号13233
2013年8月特定侵害訴訟代理業務付記
2016年12月行政書士登録、行政書士登録番号16092504

■略歴
北海道大学 理学研究科化学専攻修士課程 修了
医療機器メーカーにて人工臓器の開発
同 知的財産部にて技術資産の保護、他社特許対策、知財契約の実施
医療機器メーカー退職後、本事務所を開所

■所属・活動など
日本弁理士会 関東支部
神奈川行政書士会 秦野伊勢原支部
コスモス成年後見センター 小田原西地区
日本リハビリテーション工学協会
NPOイランの障害者を支援するミントの会

事務所の強み

国内特許だけでなく外国特許も得意です。

権利化業務については、国内外の出願を多数を取り扱ってきました。特に、多くの米国、中国、欧州の特許出願を扱ってきました。

弊所では、国内出願時に諸外国での審査に耐えられる特許明細書(出願書類)の作成に力を入れています。
それにより、日本では広い権利範囲で特許になったのだけど、他の国では特許にならなかった、あるいは特許にはなったのだけど権利範囲が狭すぎて意味がない、というような事態を防ぎます。

少々難しい話になりますが、特許には優先権という制度があります。この制度を利用し、国内出願をした後、1年以内に外国へ出願するのが通常のフローとなります。
優先権制度は、国内出願と外国出願とで、あまり大きな変更は難しいので、外国出願の可能性を考えると、国内出願の際に、出願書類は、国内のみならず諸外国の審査にも耐えられるような内容とするように意識して作成すべきなのです。 
また、当然、外国出願の際は英語や各国現地語に翻訳されるものですので、翻訳されることを考えて出願書類を作る必要があります。

弊所弁理士は、国内外の特許実務に精通し、様々なノウハウを持ち合わせておりますので、国内出願時から諸外国の審査にも耐えられ、かつ優先権制度の利益を最大限受けられる出願書類の作成が可能です。

また、英語への翻訳については、提携翻訳会社の特許翻訳者との協力体制ができておりますし、弊所弁理士も特許翻訳のチェックを行います。

その結果、各国での審査もスムーズに進み、早期権利化、コストダウン、強い権利の取得につながります。

弊所弁理士は、お客様の利益を最優先に考え、全力でサポートさせていただきます。

 

これまでの経験を生かし、
クライアント様の知的財産の形成、活用、セカンドオピニオンなど
多岐にわたるご支援を致します。

弊所弁理士は、前職で、事業の商品化計画に沿って、製品を販売できるように、事業部を支援した多くの経験を持っています。製品開発者は、得てして自分の技術を控え目に見てしまいます。弁理士という客観的な目で見ると、知的財産の権利が取れる特徴を見つけることがよくあります。クライアント様のバックグラウンドを考慮したヒアリングが得意です。クライアント様があえて弁理士に伝える必要もないと思った情報に意外にも重要な事項があったりします。そのため、重要事項のヒアリング漏れのない打合せが可能となります。

特に中小企業・個人様に対してはビジネスを成功させて欲しいという願いから、その対応には懇切丁寧を心がけております。

知的財産は、他社に真似できない特徴となりますので、絶好のアピールポイントとなります。また、ユーザに親しまれ、着目されるデザインやブランドを育てることもできます。クライアント様のビジネス戦略に合わせ、効果的な権利形成をリーズナブルなコストで取得できるように最良のご提案をさせていただきます。
また、出願後も、知財を有効に活用していただくために様々なことについてアドバイスをさせていただいております。
具体的には、出願案件に関する各種ご質問については、一般的な回答やアドバイスであれば無料で対応させていただいております。

さらに、弊所の取り扱いでは無い、出願案件についても、拒絶理由にどのように対応すれば、有効な権利が得られるかなど、クライアント様のバックグラウンドを十分に理解し、セカンドオピニオンとして、アドバイス致します。

弁護士等の他士業、マーケティングや物作り等のコンサルタント等との提携もありますので、ご要望によりご紹介、また彼らと協力の下、サポートさせていただくことも可能です。

知財権に不慣れな中小企業・個人様でも安心してご相談ください。

【対応エリア】
神奈川県秦野市、他神奈川県等関東圏および静岡県


特許の得意技術分野

特に得意とする分野

〇 食品・健康食品、化粧品、各種材料(塗料、繊維、繊維複合材料など)、無機化学・有機化学全般、製薬・医薬・農薬、水処理技術など環境関連技術、バイオテクノロジー、ナノ技術
〇 各種機械・装置、日用品、文房具

出願までの流れ

STEP

1

 お打ち合わせ

提案されているアイデアやデザイン等について確認作業が必要となります。アイデアの中には技術的創作やデザインの創作、あるいはノウハウ的なものがあります。創作内容等を把握し、提案されているアイディアやデザイン等をどのようにビジネスに利用するのかについて確認が必要になります。このような確認作業によって、アイデアやデザインをどのような形で保護すべきかを検討し、適切な適用法域の選択を行います。さらに、必要に応じて先行技術調査等を行い、その結果を踏まえ出願の方針を決定します。

STEP

2

出願書類の作成

打ち合わせ内容や調査結果に基づいて出願書類の作成を行います。技術的アイデアであれば、発明や考案内容の説明文書、権利を求める範囲を規定する書面、図面などが主な書類になります。デザインの創作であれば物品の具体的形状を表現する図面が主な書類になります。更に、商標であれば、商標として使用するネーミングやロゴデザインなどを特定し、さらにその商標を使用する商品やサービスを特定した書面が必要になります。

STEP

3

内容のご確認

出願書類の作成が完了したら、記載内容に間違いがないかどうかを確認していただきます。説明されている技術内容に間違いがないか、過不足なく表現されているか、図面は正しく表現されているか、また、使用する商品やサービスに間違いがないかなどの確認です。最終的に意図していることがきちんと表現されているかどうかは出願人・発明者(創作者)が責任をもって確認することが必要となります。もちろん、出願人、発明者(創作者)の確定もここでチェックする必要があります。

STEP

4

 出願

作成した出願書類の確認作業が終了しましたら、正式に出願のご指示をしていただきます。ご指示を受けて弊所で出願手続を行います。現在、日本ではインターネット出願となっており、オンラインで出願を行います。出願手続すればその案件に対して出願番号が付与されます。出願が完了することにより、知的財産権を取得できる最初の一歩が確定し、一定の権利が発生したことになります。この後は、各適用法によって必要な手続も異なります。さらに、外国出願には様々な手続が必要となったりします。弊所において各案件を管理し、お客様にお知らせ、ご確認いただき、ご指示を頂いて手続を進めてまいります。

STEP

1

 お打ち合わせ

提案されているアイデアやデザイン等について確認作業が必要となります。アイデアの中には技術的創作やデザインの創作、あるいはノウハウ的なものがあります。創作内容等を把握し、提案されているアイディアやデザイン等をどのようにビジネスに利用するのかについて確認が必要になります。このような確認作業によって、アイデアやデザインをどのような形で保護すべきかを検討し、適切な適用法域の選択を行います。さらに、必要に応じて先行技術調査等を行い、その結果を踏まえ出願の方針を決定します。

お問い合わせ

案件ごとに初回のご相談は無料で対応

具体的な懸案事項がある出願等のご相談は、無料で対応させていただいております。
※ご相談内容により費用が発生するような場合は事前に必ずお知らせします。

また、神奈川県秦野市のみならず、関東近隣、遠方のお客さまにも対応いたします。
遠方のお客様との面談については、内容やご希望に応じて訪問による面談、
電話やスカイプ等を利用した面談等を設定し、対応させていただきます。

まずは、お気軽にお問合せください。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

神奈川県秦野市の大澤知的所有権事務所について

  • 写真
  • 特許庁への手続きの代理人として当事務所では特許や意匠といった「知的財産」を権
    利化する際のサポートを行います。

    知的財産の権利化には特許庁への出願が必要です。その手続方法はとても煩雑なた
    め、特許や商標といった知的財産権に関する深い知識を基に、発明者であるお客さま
    の代理人として、お客さまにとって有利な権利が取得できるように動きます。

    ※神奈川県秦野市での特許・商標のことならお任せください。
    ※関東エリアでの案件もお問合せください

行政書士として業務も行っております。

許認可の申請

特定の業務を行う上で、行政の許可無しに営業をすることは法律上禁止されているため、許認可の手続きが必要です。

※認可について行政側が許認可を下す基準を知らなければいけません。この基準を満たす書類でなければ、提出しても成果が出ないため要注意です。
※秦野市以外のエリアもお問合せください

内容証明

内容証明は手紙の一種で、正式な書類でのやり取り時に必要です。具体的には差出日、差出人の住所と氏名、その宛先に書かれた内容を、郵便局が証明をしてくれる一般書留郵便物です。

※金銭のやり取りの場合は言った言わない問題でトラブルになりやすく公的な証明を得られる借用書や領収書といった契約書を作るのが一般的
※秦野市以外のエリアもお問合せください

会社設立

会社設立の際には、複雑で様々な手順を踏んでいかなくてはいけないため、中々面倒です。まずは相談者様の状況を知った上での進行が必要です。

※行政書士は会社の様々な提出書類に深くかかわり、会社設立とその運営に専門知識と経験を有する会社設立の重要なパートナーです。
※秦野市以外のエリアもお問合せください

相続・遺言

遺言書の作成〜亡くなられた方の戸籍謄本などの収集をし、相続人の調査や確定をします。また、遺産分割協議書の作成も行います。

※1.相続財産の調査、相続人調査、相続分なきことの証明書や遺産分割協議書等の書類作成、他士業間との連携によるワンストップサービスが可能です
※秦野市以外のエリアもお問合せください

事務所概要

事務所名

大澤知的所有権事務所 大澤行政書士事務所

代表者

大澤 孝明

所在地

■〒259-1314
 神奈川県秦野市若松町1番21号

連絡先

電話 0463-73-6918
FAX 045-330-6828

営業時間

09:00~17:00

所在地

■〒259-1314
 神奈川県秦野市若松町1番21号