不動産会社に任せるのが心配

そんな声から生まれた不動産事務所です


「千三(せんみつ)屋」という言葉をご存知でしょうか?
たびたび不動産業界は、このように言われることがあります。
不動産業界というのは残念ながらクリーンな業界ではありません。

この「千三(せんみつ)屋」。語源は、不動産業界を指しているのですが、「言っていることは嘘ばかり、根拠がない!」というところから来ている言葉と言われています。

私どもは、このような状況でお困りのお客様のために設立された不動産仲介事務所です。
代表自身が行政書士として公正透明な業務の遂行を求められる立場にあり、また離婚・相続の専門家としての視点からもご満足いただけるよう最後まで業務を行うことを心がけています。




私どもは、全国でも珍しい「結婚」「離婚」「相続」など、お客様の「新たな人生の節目に立ち会う」不動産売買の専門仲介事務所です。

これまで数多くのお客様の安心と納得のためにご相談、ご依頼を受けてまいりました。
元々が離婚に強い行政書士事務所が運営主体であるため、目的が不動産売買に留まらず、離婚の諸問題についてもフォローし、不動産の処分も含めた依頼者様の安心と納得を第一目的にしています。
皆様に寄り添い、新たなスタートを応援させていただければ幸いです。

不動産業界の常識を覆し、
本人の希望しない
両手狙い・囲い込みを行いません

「両手狙い」「囲い込み」という言葉をご存知でしょうか。
不動産業界では昔から、自社の利益追求のため、お客様の利益や希望に反してでも、売り手・買い手の双方の代理人となって仲介手数料を受け取っています。これが「両手狙い」や「囲い込み」と言われるものです。

私どもは、お客様が希望しない限り、両手(売買双方の代理人として手数料を両方から受け取る日本の不動産業界の悪しき慣習)を行わず、一方当事者のみの仲介代理人となり、お客様の利益に最大限貢献することを目指します。

不動産の処分だけでなく、
離婚に伴う諸問題の
アフターフォローも受けたい

私どもが行政書士事務所としてフォローできるのは、公正証書の作成までになります。

しかし業務終了後にちょっとしたことで相談したいという方が多くいらっしゃいます。不動産に関する諸問題もしかり。そこで私どもは不動産の売買が決定するまでの期間、不動産と諸問題に関するご相談を無料でお受け致します。
聖書の一説『ノアの箱舟』で、ハトは嵐の後にオリーブの小枝を拾ってきて、嵐の終わりと新たな世界の幕開けを知らせます。私たちもこのノアの箱舟のようにお客様のより良い未来のためにお手伝いしたいという想いをロゴと事務所名に込めました。

0120-54-0809



本店事務所
〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合6丁目12-20


大阪事務所
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町1-8-13
平野町八千代ビル5F