このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

オブ・コスメティックス
をお買い上げ頂き
誠にありがとうございます。

より効果的にご使用頂くために、
ぜひご一読ください。

あなたはどれくらい
シャンプーに時間を
かけていますか?


多くの方が、1分や2分。


場合によっては
30秒で済ませてしまっている
方もいるようです。


シャンプーは、頭皮の下の筋肉を
意識しながら洗うことが大切。

顔を支える筋肉は、頭皮の下まで繋がっています。
頭皮をマッサージすることで、目や顔のリラクゼーションに繋がります。

正しいシャンプーで、筋膜リリースと同時に
頭皮環境を整えましょう。

プロが教える!
頭皮を動かす[筋膜リリース]
シャンプーテクニック Vol.1

1
予洗い
予洗いはとても重要な行程です。
頭皮にシャワーを当てるように、
地肌から丁寧にすすぎましょう。
2
シャンプー
シャンプーは頭皮を洗うことが大切です。
指の腹で頭皮を動かしながら、
筋肉を動かすように丁寧に洗いましょう。
3
すすぎ洗い
すすぎ は洗うことと同じくらい大切です。
地肌からしっかりとすすぎましょう。
とくに襟足や耳の後ろは
すすぎ残しやすいので要注意です。
2
シャンプー
シャンプーは頭皮を洗うことが大切です。
指の腹で頭皮を動かしながら、
筋肉を動かすように丁寧に洗いましょう。

正しいすすぎ・洗いを 動画で確認



プロが教える!
トリートメント&タオルドライ
テクニック Vol.2

1
まず水気をよく切ってから
トリートメントをつける前に、
髪から水気を切っておきましょう。
2
つける場所は、毛先から
トリートメントは、
ダメージが気になるところを中心に、
満遍なく馴染ませましょう。
3
すぐ流さず、少し置く
3分ほど時間を置くことで、補修成分が髪に馴染みます。
4
すすぎ過ぎに ご注意
天然由来のトリートメントは、
すすぎ過ぎに注意。
シャワーの水圧を少し弱めて、
全体をすすぎましょう。
2
つける場所は、毛先から
トリートメントは、
ダメージが気になるところを中心に、
満遍なく馴染ませましょう。

トリートメント・すすぎを 動画で確認


シャンプーで
【筋膜リリース】する習慣を!

What's 筋膜 ?

  • 皮膚と筋肉の間には、筋肉を包み込むように存在する薄皮のような薄い膜(=筋膜)があります。
  • 皮下組織に存在するもの、筋繊維一本一本を包むもの、筋束を包むもの、筋肉をつなげて ボディスーツのように包み込むもの、と大きく5種類ほどあります。全身の筋肉を覆い、連動しているため【第二の骨格】と呼ばれるほど重要な存在です。
  • 長時間同じ作業を続けたり、悪い姿勢を繰り返すことで負担が一部分に集中して筋肉が固まります。
    それに伴い、筋肉を覆っている筋膜も自由を失ってよじれ、こわばり、それがコリや張り・痛みの原因にもなるのです。
  • 一つの筋膜に問題が生じると、さらに上から覆う筋膜にも波及し、その筋膜を介して他の筋肉へ問題が伝播していきます。その結果、動きや働きに影響を及ぼして柔軟性を失い、十分な筋力を発揮できずパフォーマンスの低下を招きます。スポーツなどでは怪我を引き起こす原因ともなります。
  • 皮下組織に存在するもの、筋繊維一本一本を包むもの、筋束を包むもの、筋肉をつなげて ボディスーツのように包み込むもの、と大きく5種類ほどあります。全身の筋肉を覆い、連動しているため【第二の骨格】と呼ばれるほど重要な存在です。

リリース = 制限を解除する・解きほぐす と言う意味です。

What's 筋膜リリース ?

  • 筋膜のねじれやよじれを、自身でリリース(=解きほぐす)ことで元に戻す、セルフメンテナンスの考え方です。
  • 筋膜のねじれやよじれが元に戻ると、筋肉や筋繊維を包む筋膜にしなやかさが戻り、パフォーマンスが向上します。
  • コリがほぐれて動きやすくしなやかになる = 柔らかでコリにくい身体に。
  • シャンプーの際には、顔や肩首に繋がる筋膜をリリースしてあげることで、フェイスラインやアイラインのリラクゼーションに繋がるのです。
  • 筋膜のねじれやよじれが元に戻ると、筋肉や筋繊維を包む筋膜にしなやかさが戻り、パフォーマンスが向上します。
顔を支える筋肉は、頭まで繋がっています

シャンプーをすることで
目・顔を支える筋肉の
  リラクゼーションに繋がります。  

髪だけでなく、
その下の筋肉を意識したシャンプーをお勧めします。

【筋膜リリース】の考え方で、洗う
習慣を見直しましょう。
※考え方には諸説あります。
※本稿は一般的な考え方をまとめたものです。