「うちの子、繊細なんです…」
以前私が小学校の担任をしていたときに、よくお母様方に相談されました。
ひとくくりに、「繊細なんです」としか表現できなかったあの頃。。。
担任の私も、どう受け止めたらいいのか分からず戸惑ってしまったことを覚えています。
そして、年月を重ね歳を重ね、
私自身が子を持ち関わっていくうちに私自身も同じ「繊細さん」だったことがわかりました…

とても繊細な人たち「HSP】とは?

  • *相手の顔色の微妙な変化によく気づく
  • *明るい光や強い匂い、サイレンの音に圧倒されやすい
  • *人混みの中にいるだけでぐったりしてしまう
  • *人の気分に左右されやすい
  • *ちょっとしたことで落ち込みやすい
  • こう言った出来事に思い当たる節がある方は、
    HSP(ハイリーセンシティブパーソン)かもしれません。
  • *明るい光や強い匂い、サイレンの音に圧倒されやすい
自分がHSP・HSSと知ってどうするのか?
自分の特性を知り自覚することで、どう活かして生きていくか
選んで決めていくことができます。
敏感になってしまうご自身の感覚を自己否定の材料にする必要がなくなります。
ご自身がHSP・HSSではなくても繊細な大切な人を理解することができる
どんなことに敏感に反応してしまうのか?共感してあげる様になります。
HSP・HSSだから伝えられることがある
ご自身の感性を信じてそういう私で在っていいと思えることで
自身の感覚に自信を持ち言語化することに注力していけば、
あなたの感性に誰かが気づきを得ることもあります。
繊細さんに見られない様に努力しなくてもいい
落ち込みやすく、敏感に感じやすい自分を責めて感じない様に蓋してきたことをもうやめていいのです。
同じ様に繊細に感じている人はたくさんいます。感じることを否定せずに、感情を表現していくことを知っていきましょう。

講座のながれ

STEP1
HSP・HSS診断テスト
STEP2
HSP・HSSの気質について
STEP3
感情の境界線の引き方について
STEP4
セルフ勇気づけについて
STEP2
HSP・HSSの気質について

最上愛流HSP講座初回開催記念
¥18000→¥8000

現在りん塾を受講中の方は、受講生特典¥8000→¥4000でご受講いただけます。