なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

社会を変える本気の座学

沖縄地域社会ビジョン大学院2021
【オンライン】

沖縄式地域円卓会議で共有した、
コロナ禍の社会課題解決に向けた企画提案


沖縄の業種・分野・世代の垣根を超えて学び合う短期集中プログラム
2021年9月8日(水)~11月10日(水)
パンフレット
(⇧ダウンロードはこちら⇧)

今期プログラムの特徴

学び、企画を提案する先の
那覇市繁多川公民館 南館長からのメッセージ

沖縄地域社会ビジョン大学院3つの特徴

オンラインによる
座学と実践
沖縄県内外で活躍する講師陣による5講義と、ゼミ活動による地域課題を解決する企画提案
沖縄の異業種・異分野の方々と
学び合う
様々な視点から社会課題をみるために、分野・業種を超えて学び合う

社会を変える3つの基礎力
講義とゼミを通して
「問題設定力」「企画力」
「ネットワーク力」を磨く9週間

社会を変える3つの基礎力
講義とゼミを通して
「問題設定力」「企画力」
「ネットワーク力」を磨く9週間

カリキュラムPDF版は、「受講生募集パンフレット(PDF)」をダウンロードしてください。

受講生募集パンフレット(PDF)

受講料と定員

全課程

受講料 25,000円(30名)

OBOG割

受講料 22,500円(4名)
※本大学院修了生の推薦枠

申込み方法

学生割

10,000円(4名)
※専門学生、大学生を対象とし、ブログ記事作成等の運営補助を行いながら受講します

第10期募集概要

■募集対象
  • 沖縄の地域社会に関心を持ち、行動したいと考える方や課題解決の手法に悩んでいる方
  • 企業や組織内で地域のニーズに合わせた事業を展開したい方
  • NPOや企業と連携したいと考える行政職員
  • 次の事業展開を考えたいNPO職員等
■募集内容
  • 期 間 2021年 9月 8日(水)~ 11月 10日(水)
  • 会 場 オンライン会議システム(ZOOM)
  • コース 上記「受講料と定員」を参照
■修了要件
  • 5講義のうち3講義以上受講、かつ6回ゼミのうち4回以上ゼミに出席した方に本大学院の終了証を授与いたします。

申込み方法と期日

申込み期日 2021年9月7日(火)
右記のQRコードまたは、以下のボタンから、WEB(イベント管理ページ「peatix」)にアクセスの上、お申し込みください。

受講申込みページ

アフターコロナの繁多川公民館を考える地域円卓会議

2021年4月に行われた沖縄式地域円卓会議で繁多川地域のコロナ禍の課題が共有されました。コロナ禍の社会課題を解決する企画提案をチームに分かれて行います。
円卓会議は、ダイジェスト動画、本編動画どちらもYoutubeで公開しています。

受講生の声

8期生 金城理佳さん

 これまで自分の目の前の事でいっぱいだった私。講師の方を始め、立場や年齢を超えた仲間達が、わが町のことをこんなに真剣に一生懸命考えている事にビックリ!
 短期間で「地域課題」解決のためのプロセスをしっかりと伝えてもらったことで、「まちづくり」という広い視点から見る事の大事さ、「地域課題の共有が出来る」仲間作り、人作りの大切さに気づくことができました。この学びがいつの日か共に生きる人達の幸せ作りに繋がると嬉しいです。

8期生 中村勇斗さん

ビジョン大学院に通う前は、仕事を一人で抱え込み、うまくいかないことが多くありました。家庭、職場、地域…関わる人が多いほど問題は複雑になり、一人での解決は難しい。
 ビジョン大学院のゼミでは、チームで地域の課題解決に挑戦します。仲間との議論や講義を通して、一人では見えなかった問題解決への糸口が少しずつ見えてきます。
 みんなで力をあわせれば道が開ける。日常生活や仕事にも活かされる貴重な経験が出来ました。

地域社会をもっと誰もが暮らしやすい場所にしたい

まちの衰退や高齢者の移動、子どもを取り巻く貧困など、地域には様々な問題があります。
地域の課題解決のためには、一方向からではなく、様々な視点から課題をみる必要があります。沖縄地域社会ビジョン大学院では異分野・異業種の方々と学び、連携して地域課題を解決していける人材を育成することを目的としています。

学長あいさつ

沖縄地域社会ビジョン大学院は、2021年が記念すべき第10期となり、開講当初から「社会を変える本気の座学」を通して、講座、ゼミ、フィールドワーク等を行ってきました。また、「問題設定力」「企画力」「ネットワーク力」の3つを柱に受講生の皆さんと学びを深め、講師やOBOGを含めた人的ネットワークを構築してきました。
一方で、2020年から新型コロナウイルスの世界的なパンデミックにより、ライフスタイルの変化や多くの社会課題が浮き彫りになっています。
そのような状況の中、沖縄式地域円卓会議「アフターコロナの繫多川公民館を考える地域円卓会議」にて共有した地域課題をテーマに、コロナ禍の課題に向き合う「那覇市繫多川地域」を具体的なフィールドの場として、地域の危機をどのように乗り越え対応しているのかを学び、受講生の皆さんと一緒に企画提案を行う実践プログラムをオンラインにて実施します。
コロナ禍だからこそ得られる新しい学びの場を、共に創っていきましょう。

第10期受講生募集パンフレット

沖縄地域社会ビジョン大学院2021<公開講座>

75名の皆さま(内、県外からのご参加9名)にご参加いただき、開催しました。

参加者募集ページはこちら
開催報告facebook投稿はこちら

沖縄地域社会ビジョン大学院2021
9期生の様子は、以下のfacebookページ、又は、TIDAブログからご覧ください♪