未来に対する治療を提供する

今までの歯科治療は、悪くなったところをどのように治すか、どうしたらきれいに治るか、

そうしたらしっかり咬めるようになるのかというところに焦点を当てて行われてきました。

すでに生じてしまったむし歯や歯周病に対する治療、これはいわば「過去に対する治療」です。
私が歯科医師になった20年以上前までは特にそういった傾向が強かったように感じます。

そして私自身も詰め物や被せ物を、きれいに精密に作るための勉強をしたり練習をしたり、
よく噛めるようになるようにするには入れ歯では限界があると考えインプラントの勉強をしたり、とにかくお口の中に起きている問題に対してどのように治療するかというところばかり考えていたのです。

そのように治療の知識を身に着け技術を向上させることはとても大切なことなのですが、それと同時にそもそも、むし歯や歯周病にならないように予防することのほうが大切なのではと考えるようになりました。これは「未来に対する治療」です。

無料相談

患者様に提供したいもの、それは‟安心“

メインテナンス治療は従来「予防」と呼ばれていたものですが、病気を発症、再発させないための連続性のある治療「未来に対する治療」ともいえます。病気にならない状態を維持していくことは、生涯にわたる治療の連続といえます。

「未来に対する治療」とは、一人の人が健康であり続けるための「生涯メインテナンス」とも言い換えられるでしょう。

日本人の歯周病進行度は、年代が高くなるほど高くなっているというデータがあります。

歯周病は、宿主(生体)と細菌(歯周病原因菌)との均衡が崩れることで起こる病気です。

決して老化とともに起こる病気ではないのです。ではなぜこのようなデータが出ているのか。それは本質的な歯周治療がまだまだ地域の歯科医院で提供されていない、足りていない結果なのです。また若い世代には重度の歯周炎を認められません。つまり20~30代にしっかりとした歯周治療とメインテナンスを行えば重度の歯周炎に至ることを予防できるのです。歯周炎を発症させない。進行させない歯周治療、「未来に対する治療」がメインテナンスです。

こんな症状がある方はご相談ください。

歯ぐきがだんだんとさがってきている。
歯ぐきから歯の見える部分が増えてきた。

歯ぐきが腫れたり、赤くなったりする。
硬いものを噛むと痛みが出るときもある。
ジンジンする感じがあり、熱を持っている。
口臭がするようになってきた。
以前はそんなに気にならなかったがマスクなどをすると口が臭う気がする…。
口がネバネバしている感じがある。
歯磨きをすると、血が出る。
冷たいものや温かいものを食べると染みる。
歯と歯の間の隙間が広くなって食べ物がつまるようになってきた。



落合歯科は治療ではなく予防に力を入れています。

歯を守る歯科医院でありたいと考えています。

80歳で20本以上の歯を残す方が多数

長期的な予防治療により、
患者様の口腔内を守る

カウンセリングの時間をしっかりととり、

具体的な写真やレントゲンを見せながら

お話をさせていただきます。

歯のご相談をしたい方はコチラ

落合歯科医院が提供する予防治療

どんな点が他の医院と違うのかを具体的に説明いたします。


ポイントは3つになります。



POINT
1

オリジナル予防プログラム

患者様一人一人に合わせた予防プログラムをご提案するために、カウンセリングを行い、さらに口腔内の状態の検査と記録を行います。お口の中の現状はもちろん、全身の病気、今までに受けた治療、むし歯や歯周病の履歴、また生活習慣を知ることは、適切な予防プログラムを作るにあたり必要な情報となります。それらの情報をもとにオリジナル予防プログラムを作成します。

POINT

長期にわたる管理システム

口腔内写真、レントゲン、歯周組織検査、唾液検査の検査などすべての検査結果は患者様と共有していきます。一人一人に検査結果をまとめたファイルをお渡しします。

定期的に記録し情報を共有することにより、1回限りの検査ではわからない、時間経過による変化を見ることができます。その変化が年齢相応の変化であるか、病的変化であるかは画像の記録と検査結果の記録が予防管理をするにあたりとても重要になります。

POINT
3

幅広い年代の予防症例を保持

当医院では、マイナス1歳(生まれる前から)の予防を提唱しています。これから妊娠する予定のお母さんへのアプローチから予防が始まっています。生まれたお子様には、月齢、年齢に合わせた予防アプローチをしています。予防クラブ オチKIDSを立ち上げ、お子様のむし歯予防だけでなく、呼吸や姿勢にも着目して、積極的な予防矯正にも取り組んでいます。

予防矯正とは本格的な矯正になる前に、正しい呼吸を身に付け、あごの健全な発育を促し、歯が正しい位置に並ぶことを助けるものです。このように就学前のお子様から、小中高校生

おじいちゃんおばあちゃんまで、各年齢の方が、治療を繰り返さない、むし歯にならない、歯周病にならないために落合歯科医院の予防管理に通われています。そしてその一人一人の記録が私たちの自身であり誇りです。

予防治療を可能にする最新機器

症状を細かく把握

落合歯科医院では歯科用CTを導入しております。CTにより普通のレントゲンと異なり、3Dの立体画像で細かく症状を確認することができます。歯の状態がどのようになっているのか細かく把握することができるのです。

ボタン

高質な予防機器

この優れた器械は、予防先進国であるスイスのEMS社が製造しているものです。他社から後発品が出ていますが、微妙に成分が違います。その違いは歯に対する負担につながります。今のところ安全に信頼して使用できるものはEMS社のものだけです。

ボタン



予防で未来の歯を守りませんか?

治療ではなく「予防」が今後の人生を決めます。

医療が発達し、長寿国になっている日本では歯を大切にすることが

食を守り、人生を大切にすることにつながります。


ご相談はコチラまで

0494-24-2266

■診療時間
午前 9:30〜12:30
午後 14:30〜19:00

休診日: 木曜日・日曜日・祝祭日
受付: 診療終了時間の30分前まで
★第2、第4土曜日は14:30〜17:30まで

落合歯科医院

368-0026
埼玉県秩父市相生町8-9
☎0494-24-2266