新型
リーダーシップ・プログラム
~自分のやりたいことを仕事にするために~

転職・副業開始・独立を契機に、「自分のやりたいことを見つけ、共に社会を創る仲間を増やしたい。」

共に学び、共に動き、ビジョンを共有する。転職・副業・独立に向けて、新しい時代に求められるリーダーシップを共に学び、実践する。ハーバード大学、北京大学、世界経済フォーラム、外資系トップ企業など、 様々なコミュニティから持ち寄られたエッセンスを詰め込んだ2泊3日の合宿+1か月のアクション期間のプログラムになります。

自分、仲間、社会。全てと繋がらなければ、真のリーダーシップは生まれない。

なぜ、今、新しいリーダーシップが必要なのか。
日本の国力低下、地方の衰退。一方で新しい大国の台頭やAIやロボットの予兆。日本人として、「いかに生きるのか」が問われています。

一方で、志のある個人にとってはこれほど事を成しやすい時代は無いでしょう。日本全国、世界全体に簡単に情報を届け、動かすことができる時代。だからこそ、従来の「仲間をマネジメントする」のでは事を成せない時代になっています。

そんな中で重要になってくるのは「社会の潮流をどれだけ読み切り」「自らの在り方と掛け合わせ」「自ら動きそれをいかに仲間に波及させていくか」の3点です。それは日本のみならず世界中どこでも通用する在り方です。

この新型リーダーシッププログラムは、「スキルや知識」ではなく「世界の潮流を予測できるようになること」と「周りを巻き込むことができるようになること」「自らの志を立てること」に特化した日本で唯一のプログラムです。

詳細はこちら

プログラムコンセプト1
自分の「志」と向き合う

自らに志無ければ、仲間を巻き込み、世の中を変えていくことはできません。新型リーダーシッププログラムでは、自らの志と向き合うために2泊3日の合宿および、1か月間のアクション期間を設けています。

合宿では、政府の重要政策を担う元官僚、医師として臨床・研究・事業を行う起業家、1兆円企業の新規事業担当ながら副業として25の事業を手掛ける事業家、ハーバード大学出身の社会起業家などと共に、自分のストーリーや社会への想いを語り合い、自らの原点を辿ります。

またアクション期間においては、彼らとともに様々なプロジェクトや勉強会に参加し、実際に社会を変革する動きや学びを行うことで自分の志を深めることができます。

プログラムコンセプト2
社会の潮流を読み解く

日本を、世界を創っていくにはまず、過去から現在にいたるまで、日本や世界そのものがどのように創られてきて、どのような仕組みで回っているのかについて知る必要があります。

新型リーダーシッププログラムでは、ハーバード大学の大学院を卒業し、過去に中央省庁で国の仕組みを作っていた講師から、今世の中を読み説くのに必要な考え方やマインドセットの在り方を学ぶことができます。

キーワード:オーセンティックリーダーシップ、パブリックナラティブ、リーダーシップの日本史と世界史

プログラムのご案内

2泊3日合宿(7/14~16三連休)

選抜を行い20~30人に限定した参加者、濃密にコミュニケーションの取れるメンターと共に過ごす3日間(場所は新宿から20分の府中コンチネンタルホテル)。自らの志を見つけ磨き、仲間と共有するなかで、コミュニティを形成していきます。

1か月のアクション期間

メンターや参加者同士のプロジェクトや勉強会を通じ「日本と世界の読み解き方」を学び、多彩なメンターによるコーチングなど、様々なセッションを通じ自分の志を深め、社会を俯瞰する目線を養います。

転職・留学・創業支援

1か月のアクション期間が過ぎても、志を共有する仲間として、転職・大学院留学・創業などの人生の転機をコミュニティを挙げて応援していきます。

プログラムのタイムライン(予定)

  • 1日目10時~:無意識化の自己理解を促進する現代アート作成ワークショップ 講師:Education Cordinator 林曜平
  • 1日目14時~:社会の大きな流れと歴史の転換点におけるリーダーシップの在り方を探求するトークセッション 登壇:朝比奈一郎
  • 1日目21時~:最新のキャリアカウンセリング理論を応用したメンターとの対話 担当:参加メンター全員
  • 2日目10時~:様々な形のチームビルディングと社会を変えるコミュニティオーガナイジングの手法のケーススタディ 担当:喜多恒介、加藤翼、田澤雄基
  • 2日目13時~:自分の思い込みを外し、あるがままのリーダーシップを実現する認知行動療法ワークショップ 担当:喜多恒介
  • 2日目16時~:参加者の個別の課題の解決とキャリアデザインの拡張を行うダイアログ 担当:メンバー全員
  • 2日目21時~:自己、仲間、社会のストーリーを連結させる統合ワークショップ 担当:メンター全員
  • 3日目10時~:アート体験、身体ワークショップを通じたコミュニケーションとリーダーシップのあり方の探求 講師:中山あや香
  • 3日目14時~:具体的な転職・起業・留学などに対するアドバイスやカウンセリングおよび行動計画の策定 サポート:メンター全員
  • 1日目10時~:無意識化の自己理解を促進する現代アート作成ワークショップ 講師:Education Cordinator 林曜平
コミュニティへの参加該当者(どれか1つ以上)
公共セクターへの勤務者または転職希望者
過去参加者 官僚、地方公務員、警察官、自衛官、政治家、教員など
志を持った民間企業勤務者または転職希望者
過去参加者 トヨタ、JR東海、日立、アクセンチュア、電通、ベンチャー企業勤務経験者など
専門家・研究者・大学院生またはそれらへの希望者
過去参加者:医者、弁護士、公認会計士、海外大学院、MBA、大学院生など

起業家または独立希望者
過去参加者:社会起業家、スタートアップ創業者、個人事業主、投資家など
起業家または独立希望者
過去参加者:社会起業家、スタートアップ創業者、個人事業主、投資家など
講師・メンター紹介
朝比奈一郎
1973年4月東京都生まれ。東京大学法学部卒業ハーバード大学行政大学院修了(修士)新しい霞ヶ関を創る若手の会(NPO法人プロジェクトK)初代代表。1997年〜2010年 経済産業省、 2011年度、2012年度 慶応義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、2011年度 KDDI総研 Action2015委員会委員、2006年度 外務省「世界の中の日本30人委員会 委員」、2012年 週刊東洋経済 新世代リーダー50人に選出。
中山あや香
業界初「なりたい自分」になるための目的別のダンススクール、カーネリアン創設者。創設2年で日本で一番会員数の伸びを誇るダンススクールになる。一児の母にして、起業家。日本一のセクシーダンサーの称号も持つ。日本テレビ「ニノさん」などTVをはじめ多数メディア出演経験あり。
阿部司
大手外資系IT企業にてエンタープライズ営業としてキャリアをスタート、MVP受賞以来、営業のプロフェッショナル。新人トレーナーの教育実績あり。その後、公共政策教育やリーダーシップ教育に携わり、現在はシンクタンクにて政策支援サービスを展開すべく全国・議会を駆けずり回る毎日。プライベートでは選挙対策本部長として組織をゼロから作り上げ、劣勢との下馬評を覆して都議会議員を誕生させた経験あり。

田澤雄基
慶應義塾大学医学部時代に株式会社エスティム創業。医療領域で人材育成事業、クリニック向けシステム開発業を手がけ株式会社エスティム売却した後、慶應義塾大学病院入職。現在は慶應義塾大学 精神・神経科に所属し、大学院生として研究を行いながらMIZENクリニック豊洲で診療と経営を兼務している。他に東京都医師会 医療情報検討委員会・委員を務める。「すべての人が最期の1秒まで健康で、文化的に、幸せに生きられるような世の中をつくる」ことをミッションにしている。


喜多恒介
東京大学卒業、慶應義塾大学大学院。株式会社キタイエ代表取締役。コミュニティを通じたセルフリーダーシップの開発および、ソーシャルインパクトとの接続を専門としている。トビタテ!留学JAPAN、孫正義育英財団など日本を代表するコミュニティの立ち上げを経験。ダボス会議を主催する世界経済フォーラムGlobal Shpaers に2017年選出。日本のみならずミャンマーや世界各国でキャリア教育を普及する。
源たかき
大手米系投資銀行にて各国企業のM&A・資金調達に携わった後、中国で起業。7年間の海外における経営経験と大学院(東大卒・北京大卒)での学術経験を活かして現在、リーダーシップ教育や地方行政と連携した起業塾の普及に従事。 政府による国際系人材育成の事業で講師やファシリテーターを歴任。
加藤翼
早稲田大学社会科学部を卒業後、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社へ入社。学生時代は、世界銀行フォーラムをはじめ、さまざまな国際会議の代表を歴任する。就職後、海外プロジェクトに携わりながら、関心領域であるデザインを学ぶために美大へ入学。2017年、株式会社ロフトワークへ転職し、「未来をつくる実験区」をコンセプトとする施設「100BANCH(ヒャクバンチ)」でコミュニティ・アドバイザーを務める。Global Shapers 横浜HUBフェロー。
石塚貴也
大手IT系企業の新規事業担当/起業家。「熱狂を見つけ、熱狂に没頭出来る世界を創る」ことをビジョンに、本業での新規事業、アーティストプロデュース、訪問看護ステーションでのプロボノ含め、25個以上のプロジェクトを同時推進中。熱狂出来る人を増やすため、起業家と大企業を両立する新しいキャリアを創り、広げていきたいと思っている。
小林亮介(調整中)
HLAB代表。三極委員会フェロー。1991年東京生まれ。ハーバード大学在学中の2011年に住環境x教育分野(レジデンシャル・カレッジ)でHLABを立ち上げ、セクターを越えたチームで先進的教育事業に取り組む社会起業家。教育そのもだけでなく、「教育を通じた民間外交」も目指す。世界経済フォーラムGlobal Shaper。

田澤雄基
慶應義塾大学医学部時代に株式会社エスティム創業。医療領域で人材育成事業、クリニック向けシステム開発業を手がけ株式会社エスティム売却した後、慶應義塾大学病院入職。現在は慶應義塾大学 精神・神経科に所属し、大学院生として研究を行いながらMIZENクリニック豊洲で診療と経営を兼務している。他に東京都医師会 医療情報検討委員会・委員を務める。「すべての人が最期の1秒まで健康で、文化的に、幸せに生きられるような世の中をつくる」ことをミッションにしている。


過去の前身プログラム参加者の声1

プログラムに参加し、まさに「自分自身がやりたいことは何なのか」そして「無意識に自分の行動や活動に制限をかけていたものが何なのか」がわかりました。プログラム終了2か月後の今では、自分のリーダーシップのあり方を見つけ、周りを巻き込みながら自分のやりたいことができています。

過去の前身プログラム参加者の声2

プログラムに参加することで自分自身の志やミッションが見つかるのもそうですが、自分にとって一番大きかったのは、職場では絶対に得られないような多様なジャンルの仲間が得られたことです。さらには3日間で互いの夢や目標を共有し、応援しあえるような関係になれるのは、この場ならではの価値だと思います。

コミュニティ参加費

社会人20万円 学生16万8千円→エッセイを出して奨学金が支給された場合、10万円に(学生のみ)

合宿宿泊・プログラム・食事費用、メンタリング費、勉強会費、など。1か月間有効+半永久的な人的ネットワーク。早割、紹介割あり。

詳細はこちら

参加申し込みの流れ

本サイトから、詳細・お申込みをクリック
仮登録を行い、詳細メールを受け取る。希望者は説明会参加可。
別途申し込みフォームより料金をお支払いいただければ、本登録は完了となります。7月頭にプログラムの詳細などをお送りさせていただきます。
別途申し込みフォームより料金をお支払いいただければ、本登録は完了となります。7月頭にプログラムの詳細などをお送りさせていただきます。
プログラムの詳細や疑問な点に関して、お気軽にお問い合わせください
開催場所 コンチネンタルホテル府中(新宿から20分)
プログラム名 新型リーダーシップ合宿
開催日 2017年7月14日10時~16日18時(宿泊)
会場住所
東京都府中市府中町1丁目5−1
開催日 2017年7月14日10時~16日18時(宿泊)