Amazon Kindleランキング1位獲得の名著
「行政書士試験に本気で合格したい人が実践する学習法」
長田俊明 著(2017年行政書士試験合格者)
絶賛発売中!!


来年受験する行政書士試験の受験生へ
革命的な合格法を知りたくありませんか?



難関「行政書士試験に合格する」には、
記憶のメカニズムを活かした効果の高い学習法を知ることです!


合格するための必読本です!
時間のない受験生に最適な学習法があります!
1.スキマ時間の有効活用で行政書士試験に合格できます!
2.いつでもどこでも試験勉強ができ、他の受験生と圧倒的な差がつけられます!
行政書士試験に本気で合格したい人が実践する学習法の表紙(タイトル)

本書を読み、その通り実践すると、次のような効果が得られます。

1.これまで経験したことのない脳科学と心理学に基づいた「記憶の定着率の高い科学的に正しい学習法」を知り、それを素直に行動に移すことで、
2.念願の行政書士試験合格を手にすることができます。

「行政書士試験に本気で合格したい人が実践する学習法」
行政書士試験合格者
長田 俊明 著

・Amazonのkindle(電子書籍)です。
スマホでもタブレットでも、パソコンでも読めます!

・価格は999円(税込み)

AmazonのPrime会員の方は無料で読めます!


本書を読むべき読者は?

AmazonのKindle(電子書籍)

1.昨年の行政書士試験で180点に満たなかった方
2.次の本試験に挑戦するかどうか悩んで行動がでない方
3.不合格が連続している方
4.今年初めて受験する方
5.記憶力に自信のない方
6.受験勉強に不慣れで資格試験への対応が分からない方
6.行政書士試験の教材選びに悩んでいる方

にぜひ読んでいただきたい内容です。

アメリカの脳科学研究所のお墨付きの学習法です!

学習した時間を無駄にしない記憶の定着率の良い学習法が研究され実証されました!

2019年7月26日にアメリカの脳科学研究所が「ラーニングピラミッド」という90%の記憶定着率を誇る驚異の学習法を研究結果を発表しました。

本書では、その学習法を取り入れ、具体的に行政書士試験ではどうすれば良いのか詳細に解説しています。(本書ではセルフレクチャー学習法と呼んでいます。)


すでにたくさんの方が読んでいます!
読者の感想をご覧ください。

Amazonで本書を検索するとこの画面が出ます!
読者の評価コメント掲載
嬉しい高評価レビュー多数!!
読者様の高評価ありがとうございます!
続々と高評価レビューをいただいています!

本書を執筆するきっかけについてお話しします(私の受験生時代)

この本の執筆のきっかけは、行政書士試験の合格祝賀会に参加したとき、他の合格者が複数受験をして合格した事実を知ったことに端を欲します。

 

私は仕事上、役所にいくことが多く、「行政書士の資格があったら行政との打ち合わせが上手くいき、どんなに仕事がはかどるだろう」という動機から行政書士資格を取ろうと決意しました。

 

しかし、そう思ったのが時期が悪く、5月のゴールデンウィークの頃で、11月の本試験まで6ヶ月弱という勉強期間しかなかったのです。

 

40歳を過ぎて久しぶりの難関資格試験

記憶力や集中力が衰え、昨日学習したことも綺麗に忘れている状況で困り果てました。

「到底今年の試験には合格はできないだろう」と。

 

でも、この「時間がない」という切羽詰まった状況が、むしろ発想を180度変えるきっかけになりました。

 

「脳への定着率の高い学習法をすれば、なんとか本試験に間に合うのではないか」と考え、
どうしたら学習した内容を忘れずに済むか、色々な資格試験の学習本やインターネットで調べたりしましたが、これという学習記憶法は見つかりませんでした。

 

時間はどんどん過ぎ、民法と憲法の学習を終え、行政法を開始して驚きました。

これまで経験したことのない法律で、ちんぷんかんぷんな状況が2か月も続き、このままではいかんと。全体像を把握するため、行政法の全体構造を紙に図解し始めました。

 
図解が完成に近づくにつれ、「理解できていないのは、全体像が理解できていないからだ」とはっきり分かりました。

 

記憶への定着率の高い学習法とは、結局のところ、
「人に説明できるよう学習すること」です。
これは簡単そうで物凄く難しいのですが、本書ではこれを「セルフレクチャー学習法」として詳しく解説しています。本書の要はこの箇所になります。

受験生のときは(本書を執筆中も)、インターネットなどで分からずじまいだったため、この「人に説明する」学習法は自分で編み出し工夫しました。

この「人に説明することが記憶を高める」ことは、
アメリカの研究機関が2019年の夏に発表したため、2016年に受験勉強をしていた当時には世間に知られていませんでした。その為私が自ら気づき編み出した学習法はある意味画期的だったといえます。

 

話を戻し、
多くの受験生に多大な時間や精神的負担をかけ行政書士試験に挑むのではなく、「脳への定着の良い効率的な学習法」で短期合格をして欲しいという切実な思いから本書を執筆しました。

どの難関資格もそうですが、試験合格より合格後の勉強量のほうがはるかに量が多く難解です。
そのため試験にはサクッと早期に合格し、時間・労力は試験後に使って欲しいと思っています。

 

本書は、主に行政書士試験の合格の肝となる行政法を取り上げ、その学習法を解説していますが、民法など他の科目にもそのまま転用が効きますのでご安心ください。

 

行政書士試験を受けるみなさんに、私の学習法を知って、実際に取り入れ合格して欲しいと願っています。

読むのに必要な時間は一時間程度ですが、
読めばあなたの一生は確実に変わります。

ぜひAmazonのサイトで購入し、読んでください。

価格はお求めやすいラーメン一杯ほどです。

結局、少しづつ積み重ねるのが合格への最短距離!

なぜ「今」読む必要があるのがご説明します

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

早ければ早いほど、行政書士試験に合格する可能性が上がります。

本気で合格したい、真剣に人生を変えたいのなら、本書をいますぐ読みましょう。

読者特典として、難解複雑な行政法をまとめた図解(チャート)PDFを希望者にEメールにて配布しています。

大手の資格学校などにはない画期的な教材です。

行政書士試験の合格の決め手は、行政法で高得点がとれるかどうかにかかっていますので、このPDFがあれば、あなたの行政法のもやもや感が払しょくされ、合格するイメージを描けて毎日の勉強が苦ではなくなることをお約束します。

最後に

いつも教材を目に触れさせるようにしましょう!
当ページをここまで読んで下さりありがとうございます。

今回は初めてのインターネットでの広告

この本の存在を知って頂き、一日でも早くあなたを学習の悩みから解放していただきたいという思いで作成しました。

この本の学習法には自信があります。
科学的な裏付けに基づいている学習法だからです。

行政書士試験に具体的に落とし込み、
毎日の学習量や、本試験での過ごし方など、類書にはない経験者にしか分からない情報を解説している唯一の本だという自負があります。

わたくしは大手資格予備校の講師ではないので、皆様はきっとこの本を手にすることに不安があると思います。

ですが、行政法の無料特典PDFだけでも使用して頂ければと思います。

この特典も非常に好評のため今春から無料ではなく有料にします。
この無料配布期間に必ずお求めください。

【本書の概要】

本のタイトル:「行政書士試験に本気で合格したい人が実践する学習法」
 長田俊明 著(2017年行政書士試験合格者)

・Amazonのkindle(電子書籍)です。AmazonのPrime会員であれば、0円で読むことができます。
・Kindle端末はもちろん、スマホやタブレット、パソコンでも読むことができます。

・価格は999円(税込)
  ★本文に加え、(以下に記述の)特典行政法図解レジュメと無料受験相談、Facebookページへのご招待などが含まれますのでかなりお求めやすい価格設定にしています。

・読者は、革新的な学習法を知ることのほかに、無料特典PDFを筆者にEメールで請求できます。
 (Eメールアドレスは本書の最後の方に書いてあります)

・特典はPDFのほかに無料相談も含まれます。
 筆者に請求後、勉強に行き詰ったときなどに、悩み相談に乗ります。悩む時間すらもったいと思っていますので、勉強に時間を費やして欲しい思いで、受験のお悩み相談にも無料で乗ります。合格までお付き合いします。

・行政書士資格のほかに、心理カウンセラーの資格も有し、あなたの悩みを解決することができます。

・本書は、初めて行政書士試験を受けるが学習法に確固たる自信がなく迷っている方、何回受験しても合格しない方、記憶力に自信のない方、行政書士試験の受験者の中心層である30歳代から50歳代という記憶力の落ちてくる年代に特に有効な記憶力の高い学習法を記載しています。

・2019年の春に出版しすでに数千部売れています。
本書が多くの読者から支持を得ているのは、大手資格予備校が書けないきれいごとではない事実が書かれているからです。
そのため、現実的で、再現性が高く、読んだらすぐにご自身の学習に取り入れることができる内容に構成しています。効果は2~3か月で現れます。

以上、買うか買わないかであなたの人生が変わります!
自分を変えたい方、人生を変えたい方はぜひご覧ください!

著者プロフィール

筆者のプロフィール