「千」に込めた思い
 
日本人の文化・生活の中で
「千」と言う数字の単位は
とても重要な意味で使われてきたと思うのです。

例えば
 
病気の友人の快復を願う時
また
無念の死を遂げた魂を慰める時

私たちは千羽鶴を折ります
また

愛する人が
戦地から無事に帰還するようにと願う時

何人もの女性が同じ思いで

千人針を布に通したのです。
昔から日本人は
「たくさん、たくさん」を表す最小単位として
「千」を使ってきました。
多くの人の祈念によって目的を達成させる
合力祈願
 
百では足りない、
1万では大袈裟過ぎて、
願いを聞き入れてもらえないかもしれない。
でも「千」ならば…。
 
「千」と言う数字は
たくさんのものをひとつにまとめ上げる、
底知れぬパワーをもつ「単位」なのでしょう。
 
他にも聞いた事があるはずです

千の風に乗って
千本桜
千本鳥居
千と千尋の神隠し


どうですか?
大洗サンビーチヨガフェスタを開催するにあたって
キーワードを「1000人ヨガ」にしました。

それは、日本の文化の中にある
この「千」に込められたパワーを表現したかったからかも知れない。
と、最近になって
あるヨガインストラクターとの会話の中で
気が付かされました。
   

大洗海風ヨガスタジオとして願うのは

今までにヨガをした事のない大勢の方たちにも
ヨガを身近に感じてもらうこと

世の中に
「たくさん、たくさん」
「いっぱい、いっぱい」
笑顔を増やすこと

ヨガを通して
「千人に大笑い(おおわらい)=大洗(おおあらい)」
してもらうことです。

だから、
大洗サンビーチヨガフェスタ
1000人ヨガ」なのです。


3月24日 日曜日
大洗町のサンビーチでたくさんの笑顔に出会えることを願っています。  

ぜひお越しください。
お待ちしております。




京都伏見稲荷大社の千本鳥居にて 2019・1・23

大洗海風ヨガスタジオ
左・髙橋 右・小林