株式会社オーク環境設計室

代表取締役 
芳賀綾子さんインタビュー

は が   あ や こ
芳 賀 綾 子

今回のインタビューは独立されて11年、子育てと仕事の両立をしてきた、
株式会社オーク環境設計室 代表取締役 芳賀綾子さんです。

二人目のお子さんを妊娠されたときに独立を決意され、
起業して仕事をこなしながら子育てをする道を選びました。

地道に働く中で、自分の強みができていないと思っていた芳賀さんでしたが、
自分にはすでにブランディングができていたことがわかったそうです。

そんな芳賀さんのブランディングとは?

起業しながら子育てって実は余裕ができる?

女性の起業家へのインタビューを女性目線でお聞きしました。

経  歴

《開業年数》独立開業してから11年目。
エクステリアの設計を請け負っています。

《家族》ご家族はご主人とふたりのお子さん。
ふたり目のお子さんがお腹にできたときに独立を決意し、母として子育てしながら仕事をこなします。

《前職》建築会社に会社員として15年勤めたあと、独立起業。
前職では現場監督→営業→設計と経験しスキルアップ!
独立前には、所長(社長?)を打診されたこともあるそう。

芳賀さんの起業ストーリー

子供ができたことで起業を決意

—起業した動機は?

お腹にふたり目の子供ができた時です。一人めの時は育休をとった範囲でやれると思ったんですが、二人になったら、ちょっと無理だなと思って。前から考えていた独立しようという思いが、子供ができたことではっきりして、起業することにしました。

—起業してからは、雇用されていた時と時間的な余裕は変わりましたか?

夕食の時間までに帰れるようになったので、違いますね。今は仕事の量が増えても、逆に時間に余裕はできて、子どもと遊ぶ時間ができています。

—仕事の量は増えたのに、時間に余裕ができたと?セルフコントロールができているということですね。自分のやるべきことはパッとやって、家庭の時間はきちんととる。
起業するとセルフコントロールができるから、その違いは大きいですよね。
ところで、芳賀さんの専門技術のどのように会得したのでしょうか?

現場で職人さんの技術を目で見て、覚えたものが多いですね。

資格も持っていますが、実際には現場に入り目で技術を盗んだ方が多いですね。とにかく現場で職人さんの技術を自分で覚えていったことが大きいです。

—専門職を持っている人は強いですよね。一旦女性って結婚して、仕事をやめて、子供を産んで、手が離れて、それから手に職を付けて尖らせようという人も多くて。でもそれが難しいんだよね。現在の仕事はどのように受けていますか?


営業はしたことないんですよ。最初に前職の会社からもらっていて、そこからの紹介です。

お庭でマルシェ エコモでの庭設計

—(静岡市の)エコモさんの庭を設計されていますが、エコモさんとはDラボで知り合ったのですか?(注記・芳賀さんは、静岡市のレンタルスペース・エコモの芦川さんの庭のデザインをしている)

昨年、私がDラボの柴田さんにコンサルをうけていた時、すぐ柴田さんから「こういう話があるんだけど」って連絡がきたんです。(この時タイミングよくエコモの芦川さんの庭を改修する話があった。エコモの庭をレンタルスペースにしたいということでDラボで相談を受けたところだった)。なんだかんだであっという間に話が進み、庭もできちゃって。

芦川さんも乗り気だったので話も早かったんです。


—こういう女性の経営者の三人(Oakさん、エコモさん、Dラボ)で事業ができたのは面白かったですね。

はい。それにここへきて、横のつながりができたのがよかったですね。今まで一人だったのが異業種の人たちと知り合いができたので。仕事が欲しいわけじゃなくて、いろんな方と関わりたかったんです。

それと、Dラボに来てからはずっと忙しくなっているんですよ(笑)今年、売り上げが最高額になっているんです。

—おおー!それはここで会った仲間から直接仕事をもらっているわけではなくて?

はい。なんでしょう、ただ気持ちの変化ですかね、気持ちの余裕ができたのかもしれないです。

私これでいいんだって自己肯定感が生まれて。

それに(気持ちの変化には)「ブランディング」の腹落ちが大きいですね。

自分はただの下請けで、その言葉を打破しようと思っていた。でもDラボで経験してみたら、今のままでいいと分かった。それってここでインプットしなかったら、きっと今の心境はなかったし学ぶって大事ですね。


起業家として自己実現と自由を叶えている

—ところで、今の仕事で、自分の自己実現 はできていると思いますか?

子供にも時間を取ってあげられているし、仕事の余裕もできていて。子供にも余裕のある言葉をかけられるので、仕事においても信頼されているので自己実現はできていると思います。

—自由はあると思いますか?

自由ですね。(笑)大満足です。

一番は、仕事のやりたい、やりたくないを自分で選べるのが嬉しいですね。

やりたくない仕事は、うまーく断れるから、サラリーマンだと嫌なクレーマーでも受けなきゃいけない。それを自分で選べるのが最高。

それに好きな人たちから仕事を受けているから、困っている友人の手伝いをしていると思っているので楽しいですね。

—起業家の女性のインタビューをすると、みんな好きな人としか仕事しない、と言い切るんだよね。嫌な人とは仕事しないという人が多い。だから、自由、楽しいと。起業家はもちろん大変だけど、それがやっぱり大きいよね。今日はお忙しい中、ありがとうございました。


ありがとうございました。


(インタビュアー: サードプレイスDラボ 柴田弘美)

 芳賀さんへのお問い合わせはこちら

ガーデニングプランナー『Oak』

株式会社オーク環境設計室

代表取締役 芳賀綾子

《お問い合わせ先》
mail:a-haga@cy.tnc.ne.jp
TEL:090-9352-4979


お問い合わせフォーム

サードプレイスDラボへのお問い合わせはこちらから。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信