このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
03-5843-0885
受付時間:平日10:00〜18:00

デンタルスタイル
特別割引・求人動画制作
24.8万円 → 20万円
10月31日まで
お申し込み限定です!


編集画面では動画は再生されません。

採用は、求人動画でおこなう時代に変わりました

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

申し遅れました、株式会社デントランス 歯科医師の黒飛です。

なぜ、ここまではっきりと、「求人動画で採用が成功する」と言えるのか・・・
それには、裏付けがあるのです。

それは

実際に、彼らに色々と聞くことで、求職者が何を求めているかがわかりました。

実は、彼女ら、彼らも、働く場所を見つけることには必死です。
あなたも勤務医の時、働く職場を一生懸命、探したはずです。
それは、今後の人生までも変えてしまうからです。

彼らはどんなことを考えて、働く歯科医院を探しているのでしょうか。
求人ポータルサイト、友人の紹介、ハローワーク、学校に相談・・・

色々な入り口で、彼らが働くべき歯科医院を探していますが、
彼らが口を合わせて言うのは・・・

GUPPYやハローワーク、とらばーゆなど、どの求人ポータルサイトを見ても、

たくさん歯科医院があるが、ほぼ同じようにしか見えず、区別が難しい。

また、

歯科医院のホームページを見たところで、院長が考え方を持ち、どんなスタッフが働き、

やりがいがあるのか、福利厚生は充実しているのか、など全然わからないというのが現状です。

求職者があなたの歯科医院に見学に来て、あなたやあなたの歯科医院のスタッフに会えば
その良さや素晴らしさが伝わり、一緒に働くことになる可能性も上がるのですが、、、

その前段階として、求人ポータルサイトやホームページでは、
他の歯科医院と区別がつかないのです・・・

そこで、活用したいのが「求人動画を活用したリクルート戦略」なのです!

求人動画の大きなメリットは、見ている求職者に多くの情報を伝えられる、ということです。
あなたの歯科医院の魅力や働きやすい環境を、ほんの数分の動画で伝えることが可能なのです。

「メラビアンの法則」はご存知でしょうか?

言語情報は7%、聴覚情報は38%、視覚情報は55%の割合で
人の記憶に影響を及ぼすという法則です。

求人動画はこれら 3つすべてを満たすため、文章や写真がいっぱいの求人サイトよりも、記憶されやすく、
脳科学・心理学の世界では動画であれば写真や画像の5000倍の単位時間当たりの情報量が伝わる、
と言われています。

求職者は、歯科医院に見学や面接に来る前には、不安でいっぱいなのです。
見学してもらうためには、求職者の不安を取り除き、信頼を得なくてはなりません。

見学・面接前の衛生士や勤務医はこんな不安や疑問で頭がいっぱいなのです。

院長先生も昔、勤務医だったので、求職者の立場に立って考えれば、お分かりだと思います。

では、どうするのが一番効果的なのか?

そう、そんな不安や疑問を一瞬で払拭してあげられるのが、求人動画なのです。

求人動画を活用することで、先生の人柄、誠実さ、理念や医院の雰囲気、様子やスタッフ、
実際にスタッフの考え方まで、一瞬で伝えることができます。

つまり、信頼を得るために「求人動画」を見せることで、求職者が知りたい多くのことを伝えられるので
求職者に安心感を与え、一気に信頼されるようになります。

優秀な衛生士や歯科医師、歯科助手を雇おうと思ったら、求人サイトや求人用名刺は必須です。
しかしながら、これだけでは十分ではないのです。

あなたの歯科医院に興味を持った求職者が、しっかりとあなたの歯科医院の求人サイトの
一言一句を読んでくれていると思いますか?

そんなことはありません。歯科で中心的な戦力となる20代女性や、30代の男性歯科医師はすでに、
文字を読まない時代になっているのです。

歯科大学での授業も、動画教育が幅を利かせるようになってきています。

文字を読まない世代が、歯科の中心的戦力なら、
やはり、ダイレクトにあなたの歯科医院の素晴らしさが伝わる「求人動画」が効果的なわけです。

では、求職者目線で以下、デントランスで制作しました歯科医院の求人動画をご覧下さい。

JR東海、楽天と言った、大手の企業も、求人動画の重要性に気付き、広く活用しています。
大企業は、求人動画を作っただけではなく、その動画をポータルサイトなどに設置し活用しています。
求人動画で、職場の良さを伝えているのです。

ヒト対ヒト ビジネスの歯科医院で、この求人動画を活用しない手はありません。

また左の図のように博報堂DYグループ
「全国ソーシャルメディアユーザー1000人調査」2014年では

1位のTwitter・Facebook・mixi・LINEなどのSNSに続き、 なんと、YouTubeなどの動画サイトが2番目に見られています。(3位のYahoo!・Googleといった検索・ポータルサイトより見られているのです)

つまり、日常的に、動画は見られているのです。




もちろん、SEOにも効果があると言われています。
動画があると検索結果の1ページ目に表示される確率が53倍になる、
という調査結果がForrester Research社より発表されているほどです。

ただし、求人動画なら何でも良いわけがありません。

デントランスがこれまで1年ほど色々と検証してきた結果、満足の結果を残せなかった失敗事例を ご紹介しましょう。

まずダメだったのが・・・

です。

例えば、ハンディカメラやスマートフォンのカメラで撮影した動画。

手軽に、簡単に撮れる所は良いのですが・・・個人撮影したのがバレバレです。

無料ホームページ制作ソフトで作ったパソコンサイトでは
ここ最近、来院電話率が著しく落ちてきたはご存知だと思いますが、求人動画も同じです。

お伝えした通り、求人動画は院長、スタッフのお人柄や歯科医院の雰囲気を全て伝えることができます。

それだけ訴求力が大きいのですが、諸刃の剣にもなります。

つまり、完成度の低い、稚拙な動画を見せれば、先生、スタッフの人柄や医院の雰囲気が伝わらないどころか
求職者の不安や疑問が払拭されずに、見学や面接につながらなくなるのです。

しかも、一度でもそう思わせると、おそらく、その衛生士や勤務医は二度と、
先生の歯科医院に電話をすることはないでしょう。

また、求人動画には

が必要不可欠です。

これがない求人動画も失敗しました。

求人動画でも、やはり求職者心理を理解した、衛生士、勤務医目線の構成が不可欠だ、と痛感しました。

この点、他の動画制作会社が作る、綺麗な映像ではあるのだが、求職者が知りたい情報が
盛り込まれていない求人動画では意味がない、という結論に達しました。

私は歯科医師として、先生と同じ立場から歯科医院について考えることができますし
コンサルタントとして、求職者の立場にたって歯科医院を考えることにも徹底しています。

また、デントランスの動画編集チームはまさに経験豊富な映像のプロ集団です。


だからこそ、経験上導き出した結果わかるのですが、
歯科医院の求人動画は脚本(シナリオ、流れ)が命です。

先生の医院の求人動画も「作って満足」ではなく「見学や面接につながる」ことを目的にするわけですから
求人動画を見た歯科衛生士や歯科助手が思わず電話予約をしたくなる、求人サイトを見たくなる、
そんな求人動画を作らなければなりません。

ここで、デントランスがすでに50医院以上の求人動画を制作する中で導き出した、
見学・面接につながるシナリオをご紹介しましょう。

先輩スタッフがセリフ調ではなく、自然と話す、歯科医院の状況や院長先生の人柄などを 語れば、それは求人動画を見ている求職者には伝わります。
自然な話しを聞いた後に、先輩スタッフがカメラ目線で、 見ている求職者に対して直接的なメッセージを送れば、 心に響く確率は上がります。
求人動画を見ている求職者と同じ職種のスタッフが どんな働き方をするのか、どんな仕事なのかをイメージとして 伝えることが出来ます。
見学に来る前に、働く職場の様子を見ることができれば、 不安や疑問がなくなり、求職者が見学や面接に来る確率は格段に上がります。

一緒に働くことになる、院長の理念や思い、考え方を語ることで その理念にマッチした求職者からのお問合せが増えます。

例えば、「歯科衛生士は素晴らしい職業だと思う、勤務してくれる歯科医師の先生とは一緒に成長したい」 など、思いや理念はグサッと、求職者に刺さります!

以上が、簡単ではありますが、求職者が見学・面接を受けたくなる求人動画のシナリオです。

このように、見学、面接を受けたくなるシナリオ、働くに値する歯科医院だと感じてもらうクオリティーが
歯科医院の求人動画には必要です。

しかも

のです。

求人動画を見る求職者は非常に敏感で、動画の中でスタッフがセリフのように棒読みで話していては
まったく伝わりません。自然な話しが大事です。この自然な話しを引出すための質問力が必要なんです。

しかも、求職者が聞きたいことを話してもらうことが大事です。
求職者の聞きたいことを、引出すための質問力も必要なんです。

これらの要素を引き出すことが、求人動画のクオリティーを上げることにつながります。
このためには、やはりディレクションが必要です。

デントランスの求人動画制作では、事前に、あるいは撮影当日に自然な話しを引出すことのできる、
ディレクションができる仕組みとチームを作っています。

また、通常、

のが現実です。

最近、テレビ局の下請としてテレビCMを作っている制作会社が、
「求人動画を作りませんか?」と先生の歯科医院にも営業電話をかけてきたかもしれません。

彼らに頼めばそこそこレベルのクオリティーの求人動画を作ってくれるのでしょうが、いかんせん高いのです。

ちなみに、大手制作会社になると、15秒のCMに数百万円(高いもので1000万円)ほどの制作費を
もらうそうで、求人動画の制作でも5分前後で50万円前後が世の相場です。

しかも高い上に、問題なのが、求職者目線の“見学や面接につながる”求人動画のシナリオを知りません。

実際にネット上やYouTube上にも、そういった高いコストをかけて作ったが、残念ながら求職者心理を
理解していないなぁという歯科医院の求人動画がチラホラ見つかりますので、見てみて下さい。

しかしながら、そんな状況を変えるべく、デントランスでは、
歯科医院のための“見学・面接につながる”求人動画制作サービスを開始致します!

私、黒飛が歯科衛生士採用セミナーを全国的に開催し、多くの歯科医院が実際に衛生士を見つけています。 また、衛生士だけでなく、歯科医師採用セミナーも行なっています。


デントランスでは、元テレビ番組制作ディレクターと選りすぐりのプロカメラマンを派遣致します。

テレビ番組が取材に来たのかと感じてもらえる本格的、かつスムーズな撮影、および
編集後の動画は高品質、ハイクオリティな求人動画をご提供させていただきます。

さらに、徹底して求職者心理を追求した、
求職者目線のシナリオ、『ストーリーテンプレート』もご用意します。

これまで50医院を超える求人動画の制作実績から
見学予約につながる動画シナリオを導き出したテンプレートです。

(患者さん向け動画は、300医院以上、制作しました)

セリフのように棒読みでは、求職者には伝わりません。

事前にしっかりと準備できる仕組みと、インタビューのポイントをつかむことで
自然なスタッフのお話を引き出すことが可能です。

動画しか作らない制作会社には、絶対真似できないのが求人動画の活用方法です。

ハイクオリティな求人動画を作った上で
実際にどうやって地域の求職者にアプローチし、見学につなげていくのか。

デントランスでは、数多くの歯科医院で実践していますので、豊富な知識と経験をもとに
求人動画の活用方法をアドバイスできます。

1回きりの制作費用で、継続的な費用がかからず、交通費も頂きません。

通常、1ヵ月以上かかると言われておりますが、業界では最速の撮影日から(資料が揃ってから)
2週間程度で一次納品できます。
歯科業界での求人には、早さも大事です。

いつもながら価格設定は非常に悩みました。

動画制作はテレビ制作に関わってきたプロデューサーが担当し、ディレクターやカメラマンを派遣しますので
その日当も発生致します。

さらに、他の制作会社にはないストーリーテンプレートや活用方法のアドバイスも行います。

他の制作会社が50万円~80万円相場で制作しているのなら、
デントランスとしてはその倍は頂戴してもいいんじゃないか・・・

と、社内の意見もありました。

しかし、この求人動画制作サービスは、
求職者を集めることに悩んでいる先生にこそ、率先して取り組んで欲しいと考えています。

求人採用に悩んでいる先生に50万円払って下さいとは、現実問題なかなか言えません。
(数多くの歯科医院をコンサルの現場で見ていますので、よくわかります)

そこで、デントランスの動画編集チームとも協議を重ね、まさにギリギリのところでご提供いたします。

50万円の半額である、24.8万円(税別)で提供することに致しました。

YouTubeに求人動画をアップロード求人動画SEO対策(件名、説明文、タグ等のYouTube各種設定)Call-to-Action オーバーレイの設定 (動画内から直接ホームページへ飛ばすリンク設定)

など、YouTubeに関する設定を完全代行いたします。

また、「求人動画の活用方法.pdf」をプレゼントします。


デントランス × デンタルスタイル特別割引
24.8万円 → 20万円
10月15日までのお申し込み限定!


Q
できあがる動画の長さはどれくらいでしょうか?
A
約5分~10分程度です。患者さん向けプロモーション動画よりも長いですが 求職者はじっくりと動画を見ますので、これくらいの長さが最適です。
Q
求人動画の必要性はよくわかりましたが、顔を出したくありません。
スタッフだけでも大丈夫ですか?
A

顔を出したくないお気持ちはよくわかります。
しかし、ここも求職者目線で考えて下さい。

求職者が仕事をする歯科医院を探している際に、
気になるのは、先輩スタッフというのは当然ですが、
一緒に働くことになる、院長のことを知りあいと考えています。

つまり、求職者のことを本気で考えているなら、
顔を出さないという選択肢はありません。

求職者に安心し、信頼してもらうために、先生は必ず登場して下さい。

Q
開院したばかりでこれからホームページを作るのですが、
求人動画は必要でしょうか?
A

はい、必要です。

むしろ、開院したばかりの経験の浅い先生だからこそ、
求人動画は制作して頂きたいです。

求人動画を作って見てもらうだけで、
先生のお人柄や医院の雰囲気が一瞬で伝わりますので
他の歯科医院と差別化でき、何より求職者に医院を知ってもらえます。

ベテランの先生に知識や経験、スキルでは敵わないかもしれませんが
親しみやすさや見学のしやすさ、安心感や信頼感の訴求では
簡単に勝つことができます。

それは、求人動画ならたったの数分で伝えることができますし、
作っただけでなく、しっかりと活用することで求職者にアピールできます。

Q
撮影なんて経験がないので、緊張してしまいそうです…
A

確かに、緊張しますよね。
実際、何度も撮影を経験している私でさえいつも緊張してしまいます。

しかし、ご安心下さい。

完成する求人動画は5分~10分ですが、
撮影時間はその10倍以上の2時間30分ほどいただきます。

同じイシーンを何度も撮影して最高のシーンを採用しますので
そんなに気になさらなくても大丈夫です。

また、事前にセリフ集を用意しており、撮影当日までに練習できますので、
ご安心下さい。

Q
スタッフに出演してもらえそうにありません…
A

スタッフさんに求人動画に出てもらえれば最高ですが、
仮に撮影に協力してもらうことができなくても、まずは院長1人でも 出演して、求人動画を作ることをオススメします。

それであなたの理念に合うスタッフを見つけて、その後に、
再度、求人動画を制作すれば、良いと思います。

Q
カメラマンによる撮影をお願いする日時は、診療中でも構いませんか?
また、診療後の夜の時間でも構いませんか?
A

診療中は患者さんの声や診療の音が入りますので、撮影できません。

夜の時間でも、患者さんのいない時間であれば、結構ですが
外観の撮影ができませんので、静止画を御用意下さい。

Q
求人動画のシナリオ構成を変えることは可能ですか?
A

デントランスで制作します動画のシナリオ構成が経験上、もっとも、
求職者にとって安心できる作りとなっておりますので、
変えることは行っておりません。 安心してお任せ下さい。

Q
どれくらいの期間で出来上がりますか?
A

一般的には撮影から1ヶ月~2ヶ月という制作会社が多いですが、
デントランスでは撮影から2週間前後でスピード納品致します。

Q
求人動画は、どのように納品されるのでしょうか?
A

完成後に求人動画をDVDとYouTubeのURLをお送りいたします。

Q
求人動画をホームページやスマホサイトに設置する方法がわかりません…
A

弊社で制作した求人サイトであれば、一番求職者に訴求できる場所に設置します。
他社で制作したホームページであれば、動画完成時に設置方法を書いたメールを送りますので、HP制作会社さんにお願いして下さい。

Q
動画制作会社を選ぶとしたら、どんなポイントに気をつけるべきですか?
A

ポイントは3つあります。

(1) 歯科医院に特化しているか?
(2) 求職者の心理に沿ったシナリオを作れるか?
(3) 求人動画の活用する方法を理解しているか?

まず、歯科医院は他の業種とは異なる部分が多々あります。
その点をしっかりと理解している制作会社でなければなりません。

次に、求職者の心理に沿った形で
面接、見学をしたくなるシナリオを作れるかも重要なポイントです。

最後に、求人動画の活用方法を理解しているかも
外せないポイントです。

「撮影して編集しました。後は自由にお使い下さい。」
これでは話になりません。

ホームページのどの部分に動画を設置すべきか、
求人ポータルサイトで、どう設置するかなど

求人動画をどう活用すれば採用につながるのか。

せっかく求人動画を制作するのですから、
求職者に実際に見学してもらう、というゴールまで、
しっかりと考えて、戦略的に作らなくては意味がないです。

Q
求人動画の必要性はよくわかりましたが、顔を出したくありません。
スタッフだけでも大丈夫ですか?
A

顔を出したくないお気持ちはよくわかります。
しかし、ここも求職者目線で考えて下さい。

求職者が仕事をする歯科医院を探している際に、
気になるのは、先輩スタッフというのは当然ですが、
一緒に働くことになる、院長のことを知りあいと考えています。

つまり、求職者のことを本気で考えているなら、
顔を出さないという選択肢はありません。

求職者に安心し、信頼してもらうために、先生は必ず登場して下さい。

歯科衛生士は全国に25万にいると言われていますが、その内46%は未就業です。
つまり、免許を持っているのに、半分以上は働けていないという現状なのです。

なぜこのようなことになるのでしょうか。
それは、歯科衛生士にとって、歯科医院で働くことの魅力が伝わっていないからです。
(これは勤務医に関しても同じです)

また最近では医科でも歯科衛生士を雇えるようになり、
さらに歯科衛生士を雇える機会が減ってきているように思います。

先生には、しっかりと歯科医院をアピールしてもらい、
まずは見学につなげて頂ければと思います。

「求人動画」は、今もっとも即効性があり、なおかつ効果があるリクルートのツールであると言えます。

あなたが今、求職者を呼びこむためにすべき努力は、求人動画をつくり、それを拡散させ、先生の歯科医院の魅力を
伝え、求職者に見学、面接に来てもらうことです。

「求人動画を使ったリクルート戦略」は、スタートするのが早ければ早いほど、
早く数多く、優秀な衛生士、勤務医などを確保できる確率が高いのです。

ローコストで始められますから、気軽にチャレンジして頂けると思います。

ライバルがいない、今だからこそ、あなたが完全に一人勝ちできるチャンスが、目の前に転がっています。

同じ歯科医師として、この歯科業界を盛り上げていきたい。
そして、頑張っているあなたに歯科医院の経営を成功させ、理想のスタッフを手に入れてもらいたい。

私に、そのお手伝いをさせて下さい。

あなたがやるべきことは、「最初の一歩」を踏み出すことだけなのです。

あなたの人生が豊かになること、そして成功することを心から祈っています。