なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

コロナ禍における観劇にまつわるアンケート

チラシ宅配サービス「おちらしさん」の初回チラシ束を受け取った観客の皆様に、「コロナ禍における観劇にまつわるアンケート」にご回答いただきました。
観客の皆様の様々なご意見が、劇場での感染症対策を考える際の、ご参考になれば幸いです。

大変な状況が続いておりますが、一刻も早く安心して公演が開催できるようになることを、強く願っております。

どのような対策がとられていれば、安心して劇場に足を運べますか?(複数回答可)

「その他」のご意見(一部抜粋)

【設備面】
椅子をはじめとした設備面の衛生状態は気になる/舞台とのある程度の距離(近すぎなければok)
 
【会場内での行動制限】
希望者にフェイスシールドの配布/劇場、ロビー内で集まっての会話控えるアナウンス/入場待機列での一定の間隔/開場時間の拡大/退席時の時間差退出

【座席位置の確認】
どこに誰が座ったか、座席位置の管理/情報の開示が見る側としては大事です。いつの公演の何列何番に座っていた人が感染しました。とオープンにされれば、隣、前でしたが、どうすればよいですか?と名乗れます。購入したチケット会社からメールで連絡していただければ一番安心です。
 
【休憩時間】
幕間なしの短めの演目(トイレ休憩があると密になるので)/トイレタイムの十分な休憩時間
 
【チケット関連】
先日、1人1枚しかチケットが買えない芝居を観に行きました。行くまでは1人じゃ寂しいなぁと思っていましたが、行ってみると、誰も話していないし、距離を取っているし、さっさと帰るし、結果的にはこれが一番の感染防止なのだと思いました/チケット半券は観客がもぎる/しっかりとしたリセールシステムがあれば、急な発熱等でも無理をしてくる人もなくなると思う。
 
【物販販売】
物販の支払いが非接触形式/アンケート、物販、アフタートークなどのWebフォロー。
 
【キャストやスタッフについて】
徹底した健康管理/手袋をしていると、逆に安心して色んなところを触り、手洗いの意識がなくなると思う。
 
【対策がされていても難しい】
・閉鎖的な考えが強い地方に住んでいるので、劇場がいくら対策されていても、家族や周りの人々にかかる風評被害や世間からの批判や誹謗中傷が恐ろしくて、観劇のために上京はできません。コロナ感染より、住んでる世界での誹謗中傷が怖いです。そんな事がなくなったら、私も劇場に行けるかもしれません/劇場そのものはそれほど心配していませんが、地方民は移動を伴うので、それをひっくるめて総合すると今劇場に行くことは難しいです。

劇場で、チラシ束がどのように配布されていれば貰いますか?

「その他」のご意見(一部抜粋)
 
・袋に入って手袋のスタッフが渡してくれたら、スゴク嬉しいです。置きチラシも悪くないですが、人気公演はなくなるしスタッフでない汚れた手の人が触ったかもしれないものは嫌かもしれないです。

・この時期ですので、座席に置いていただけると、受け取りやすいです。

・衛生管理をされたチラシ束を袋に入れてあるのをいただきたいです。それが椅子に置いてあってもいいし、新品の手袋をしたスタッフからの配布なら受け取ります。

・ロビーにおいてある場合、置いてある場所が混んでいなければもらいますが、混んでる場合はあきらめます。

配信公演を積極的に観劇していますか?

「はい」をお選びいただいた方へ

配信公演を積極的に観劇される方が半数以上いらっしゃいました。「舞台公演はライブが一番」とお考えの方も当然多くいらっしゃいますが、配信公演も、ひとつの舞台公演の形として確立されつつあるようです。