司法書士ふるや事務所
相続・遺言・債務整理・企業法務その他、
司法書士業務全般に対応します


アクセス・連絡先

豊橋市魚町75番地1(2F)

TEL 0532-39-8114

■営業時間
  9:00~18:00 ※土日祝除く
*平日18:00以降については事前連絡いただければ対応します。

■アクセス
  豊橋駅から徒歩10分。市内電車「札木」より徒歩1分。市電通りと広小路通りの交差点の一つ北の交差点の西側です。駐車場は当事務所のビルの1階にあります。

■相談
 原則として電話のみでの相談は受け付けておりません。詳細については事務所にてお話を伺いますので、電話で予約をしてからお越しください。相談料は1時間5,000円(税別)ですが、相続・贈与などの不動産登記に関する相談・債務整理に関する相談は初回無料とさせていただきます。なお、そのまま受任させていただく場合は相談料はかかりません。

*お問い合わせでもっとも多いのが費用についてですが、事案によって金額が大きく変動するため、簡単にはお答えできないのが実情です。費用についての基本的な考え方についてはこのサイトの「費用について」というところで説明してありますので、まずはそこをご確認ください。

事務所外観・駐車場

事務所は大通り沿いにあります。手前が入口で、奥に見える黄色いポールの向こうが駐車場です。
歩道を通過して駐車場に侵入してください。奥には私の車が停まっていますので、手前に縦列に停めてください。入りづらくてすみません。
歩道を通過して駐車場に侵入してください。奥には私の車が停まっていますので、手前に縦列に停めてください。入りづらくてすみません。

『主な業務内容』

1、遺産相続・遺言に関する手続

 相続権は誰にあるのか、不動産はどうすればよいか、プラスの財産より借金のほうが多い場合はどうすればよいかetc・・・
 税務申告を除けば司法書士の業務範囲である程度カバーできますのでお気軽にご相談ください。
 以下、相続に関するメニューを提示しておきます。

 ①相続登記
  戸籍の収集、遺産分割協議書作成から不動産の相続登記(登記名義の書換)まで行うことができます。

 ②遺言書作成支援
  相続人が遺産をめぐって争うのを避けるために、遺言は有効な方法です。
  遺言書の作成アドバイス、公証人との打ち合わせ、公正証書遺言の証人など、遺言の完成に至るまで関与します。

 ③裁判所関係書類作成
  特別代理人選任・遺言書検認・相続放棄・遺産分割調停申立等、相続に付随する裁判所提出書類を作成します。

2、不動産登記
 相続登記のほかにも、売買・贈与などを原因とする所有権移転登記、担保権の設定・抹消登記などがあります。

3、債務整理

 自己破産・民事再生・任意整理などの手続きにより借金を整理し、人生の再スタートを支援します。
 ただし、債務整理は依頼してそれで解決というわけではありません。浪費が原因で多重債務に陥った方は「反省すべき点は反省し、お金の使い方を改め、収入の範囲内で生活していく」意思をもって、日常を変えることが必要です。
 *報酬は分割払が可能です。

4、成年後見
 判断能力が不十分な方の財産を管理するための後見人・保佐人等の選任申立書の作成等をします。

5、会社法人及び経営者支援業務
 ①商業登記(会社設立・役員変更等)
 ②企業法務(契約書作成等)
 ③簡裁代理権を活用した売掛金の回収等
 
6、民事訴訟関係業務(民事紛争一般)

 訴訟の提起その他の法的措置により、貸金・売掛金の回収等、紛争の解決を目指します。
*簡易裁判所(訴額140万円まで)における訴訟は代理ができます。140万円を超える場合は訴状作成等の方法でお客様ご本人の手による訴訟遂行の支援も可能です。ただし、どちらのケースにおいても司法書士が遂行するのに馴染まない業務もありますので予めご了承ください。ご要望に応じて弁護士を紹介いたします。

『費用について』 
 登記関係の仕事についての報酬部分については10万円以内に収まることがほとんどです。
 ただ、実費(登録免許税)については、変動の幅が大きいため、総額については簡単に算出ができないというのが実情です。
 以下、相続登記の費用の考え方をご説明しますので参考にしてください。
 
*相続登記の費用について
 遺産が東三河地域の平均的な住宅の土地建物・相続人が配偶者と子・土地建物を丸ごと相続人の誰か一人が承継するといった典型的な相続であれば、報酬+実費で総額12~20万円程度で収まることが多いです。

【相続登記の費用計算式:下記①~③の合計額】 
 ①報酬
  事案によって変動します。7~10万程度がもっとも多い価格帯です。
 ②登録免許税
  登記のために納める税金です。税率は不動産課税標準金額の1000分の4。
  不動産価格が1000万円なら4万円ですが、1億円だと40万円になってしまいます。
  国がもっていく税金なので税率は法律で決まっており、なんともなりません・・・
 ③登記簿等の調査費・戸籍等の実費(数千円で収まることが多いです。)

【費用が嵩むケースについて】
 上記のとおり登録免許税については不動産の価格に比例しますので、高い不動産には高い税金が課されます。
 報酬については、相続関係が複雑(永年処理がなされていない連続する複数の相続・子がいないために兄弟姉妹が相続人になる等)であったり、相続人に未成年者がいる等の理由で裁判所関連の手続きがある、あるいは不動産の数がものすごく多いなどの特別の事情がある場合は時間も手間もかかるため、どうしても高くなります。
 なるべくお客様に負担をかけない価格設定を心がけていますが、執務をしていて本当に大変な事案もしばしばあります。
 報酬が嵩む場合は相応の理由がありますので、どうかご理解をお願いいたします。

 理 念

町医者のように

「大丈夫?ちょっと診せてごらん」と、自然に診断できる町医者のような法律家でありたい。

 人生は本当に様々です。司法書士との関与が、マイホームの取得や相続のときだけという比較的穏やかな人生であることもあれば、離婚や多重債務でも関与するといった波乱に満ちた人生もあります。あるいは、会社を興して経営に苦悩する人生もあります。
 そういった場面において、紛争を未然に防ぐ・弁護士さんとは違ったアプローチでの支援ができる・良いときだけでなく苦しいときも何らかの力になれる可能性がある。
 そんなことができるこの仕事に誇りをもっています。

 
   司法書士 古 谷 和 紀

お問い合わせ
TEL 0532-39-8114