一番輝く人材になる

就職氷河期と言われてから早数年。いまでは、転職氷河期なんて言葉もあるようです。しかし、転職市場で求められるような人材はいつでも同じ。会社に必要とされる人材になること。自分を磨き続けることが大事。スキルアップをすればキャリアアップにつながり、キャリアアップはライフアップにつながる。
ホームページ作成が誰でも早くカンタンに!
IT業界での転職を成功に導くには、EXCELやWordと言った基本的なITスキルからネットワークの知識やプログラミングなど、職種ごとに求められる知識や経験を磨く事が大切です。
WEBディレクターであれば、HTMLのみじゃなくAjaxやPHPなどについても初歩的な知識をつけるだけでSEとのやり取りが楽になるのではないでしょうか。

自身のスキルアップに加えて、IT業界に強い転職サイトや転職エージェントを活用するということも重要ポイント。
会社ごとにどの業界に強いという特色もありますので、その辺も頭に入れておきましょう。

応募はこちらから

転職成功者紹介

営業職から経営企画部(総務職)へ転職

私はテレマーケティングを行う営業会社での営業職でしたが、お客さんに求められていない商品を営業することに疲れ、会社をやめる直前には営業業務自体がかなりのストレスとなっており、うつを発症する直前までいってしまいました。

そこで精神科の先生のアドバイスもあって、転職をする決意を固め、転職サイト・転職エージェントを通じて、複数社の面接にこぎつけ、なんと別職種での転職にもかかわらず給料がアップするという驚きの事態に。
こういった転職成功例もあるという事実を知ってもらえれば嬉しいです。
転職をむやみやたらに勧めるつもりはありませんが、フィジカルやメンタルを壊すぐらいなら、他の会社で心機一転するほうがよいのではないでしょうか。

仕事よりも健康。健康こそが幸せの根源です。

エンジニアからエンジニアへの転職

私はSEからSEへの転職で給料アップに成功しました。ゲームアプリ開発の会社でエンジニアをつとめていました。アプリ開発ということもあり、今人手が圧倒的に足らない職種ではあるのですが、やはり小規模な会社となると、プログラマーの数を増やすほどの人件費の予算が無いせいか、働き方がブラックな時期も多く、案件の受注が重なると徹夜を重ねる日々などもあり、これではさすがに過労で倒れてもおかしくない!という状況になってきたので、時期を見て退職を決意。
退職を最優先したかったので、在職しながらの転職活動はせず、一旦休養を兼ねて無職期間をつくりました。
転職エージェントに通いながら、転職を掴んだ、大手企業のグループ会社であるアプリ開発会社。
大手企業のグループ会社だけあって、福利厚生もしっかりしてるし、働き方もホワイト企業。
徹夜もなくなって、給料もアップして、ただただ幸せです。
あの会社で社畜だった人生を捨てる決意ができた自分を褒めたいです。
転職でつまづいた点
転職サイトと転職エージェント、たくさんありすぎてどれを使えば良いのかわからなかったこと。
最初は一番有名な転職サイト1社だけ登録していたのですが、結局複数社登録&転職エージェントも活用という方法にシフトしたら、一挙に魅力的な求人情報に触れる量がふえました。
なので、転職エージェント・転職サイト、複数登録が成功の秘訣だと思います。
転職エージェントとの面談。
転職エージェントとの面談前に、もっと希望条件をきちんと洗い出せておければ、もっとスムーズな面談ができたなーと思った。
私の場合は、希望条件がまとまっていなさすぎて、後日再面談となったのですが、意外と自分の希望条件をしっかりと見直すのは時間が掛かるということ。
自己分析も踏まえ、希望の働き方だったり、ライフスタイルをしっかりと考える必要性があるなと感じた。
残りの人生で転職という機会にまた触れるかは分かりませんが、仕事を含めた人生設計、キャリアプランニング・ライフプランニングは重要だなと深く感じた1件でした。

転職エージェントにお任せするのも有用な手段です。自分一人では厳しい就職活動ができることを考えれば、間違いなく思い通りの転職ができる可能性が高いと言えるでしょう。

そして、永年雇用制がごくごく一部の企業でしか採用されていない昨今において、企業選びというのが非常に重要なファクターになっています。

こんなたとえが分かりやすいでしょうか。あなたは去年転職をしました。しかし、いまの会社の倒産が決まり、今の会社での職歴は1年程度、未経験職への転職をしてしまったせいで、この1年のキャリアがほぼ空白同様に。
となると、相当厄介ではないでしょうか。また転職活動を行わなければならないとなるとそれも重圧であり、家庭がある場合、貯蓄やお金の悩みも出てきます。

そこで、長く就業できる企業選びを考えると、やはり成長企業や成長市場で戦っている企業を選ぶべきと言えます。

ただし、転職エージェントは、成長している市場や企業ということにはあまり関心がありません。関心があるのは、あなたを転職に導いてクライアントからの報酬を得ること。エージェントが直接報酬を得るわけではありませんが、成績につながり、彼らの給料アップへとつながります。

ですので、転職エージェントを活用する場合でも希望の会社名などがあれば、ガンガン相談しましょう。
そして、筆者のお勧めは福祉関連であったり、シニア向けのサービス展開をしている企業ですね。たとえば、ジャパンライフ株式会社などのシニア層にファンの多い企業などが良いでしょう。

仲介能力の高い派遣会社選びは、有益な派遣生活を送る為の肝となります。だけど、「どのような方法でその派遣会社を探し出したらいいのかいい考えが浮かばない。」という人が結構いるみたいです。


「転職したい」と悩んだことがある人は、かなり多いと考えられます。ですけど、「本当に転職をなし得た人はあまりいない」というのが本当のところかと思います。


ご覧いただいている中で、これが一番推奨できる転職サイトです。会員登録済の方も明らかに多いですし、他の方の作ったサイト内でも比較ランキングで一位に輝いています。なぜそうなるのかをお伝えします。


派遣会社が派遣社員に一押しする企業に関しては、「ネームバリュー自体はそこそこという感じだけど、仕事がしやすく日当や現場環境もどちらかと言えばいい。」といった所が大概だと言えます。単純に就職活動と言いましても、高校生であったり大学生が行なうものと、職に就いている方が別の会社へ転職しようと考えて行なうものがあるのです。分かりきったことですが、その活動方法は全然違います。


看護師の転職はもちろんですが、転職で後悔することがない様にするために大切だと言えるのは、「現在抱えている問題は、間違いなく転職をしなければ解消できないのか?」をしっかり吟味することだと言えます。


転職エージェントの質に関してはピンキリであり、雑な転職エージェントに任せてしまうと、あなたのキャリアからしたら不適切だとしても、無理やり入社をさせてくることもあるということを知っておいてください。


転職エージェントと申しますのは、求人案件の紹介を始め、応募書類の書き方や正しい面接の仕方のレクチャー、転職活動のスケジュールアレンジなど、あなたの転職を一から十まで手助けしてくれます。


正社員になることで得られるメリットとしましては、雇用の安定以外に『使命感を持ちながら仕事が行える』、『会社の中心的メンバーとして、より難しい仕事にかかわることができる』ということなどが考えられます。「転職エージェントに関しては、どの会社にお願いすればいいの?」「どの様な事をしてくれるの?」、「実際にお願いした方が良いの?」などと不安を感じている方もおられるのではないですか?


1社の転職サイトだけを選んで登録するという考え方は間違っていて、違う転職サイトにも登録をして、「それぞれの内容を比較した上で申し込む」というのが、転職を無事に成功させる為のキーポイントです。


「将来的には正社員として働きたい」と思いながらも、派遣社員として就労しているとしたら、即刻派遣社員を退職し、就職活動に力を入れた方が良いでしょう。


就労先は派遣会社に斡旋してもらったところになりますが、雇用契約に関しては派遣会社と結ぶことになるので、そこで許せない扱いを受けた際は、派遣会社に改善請求をすることができます。


貯蓄に回すことなど困難なほどに低賃金だったり、上司のパワハラや仕事への不平不満から、可能な限り早いうちに転職したいなどと考える人も現にいると思います。

採用に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします