目の下のたるみの原因は?
東京で治療ができる
クリニック選び

目の下のたるみが気になる、と悩む方は意外に少なくありません。ここでは、目の下にたるみができてしまう原因や治療方法、普段からできる予防法などをまとめてみました。東京で治療が受けられるクリニックの選び方もご紹介します。

目の下のたるみの原因

目の下がたるんでしまう原因として、眼輪筋と呼ばれる筋肉の衰えが考えられます。眼輪筋は、眼球の周りにある脂肪を支える役割を果たしているのですが、筋力が衰えることで脂肪を支え切れなくなり、目の下がたるんでしまうのです。

眼輪筋が衰える原因としては加齢が挙げられます。年齢を重ねると眼輪筋に限らず、人体のさまざまな部位の筋肉が衰え始めます。日常的に運動をしたり、積極的に鍛えたりしている場合は例外ですが、そうでない場合はどんどん衰えてしまいます。しかも、眼輪筋のような筋肉は鍛えるのも難しく、日常的に激しく動かす筋肉でもないため衰えやすいのです。

また、エラスチンやコラーゲンなど肌のハリを保つ成分が少なくなることで目の下がたるむことがあります。加齢による老化や、乾燥、紫外線などによるダメージでこれらの成分が少なくなります。

目の下のたるみの治療方法

目の下のたるみがあると、実年齢以上に見られてしまったり、不健康に見られたりすることがあります。そのため、何とかして改善したいと考える方は少なくありません。目の下のたるみを改善する方法としては、美容クリニックなどでの治療が代表的です。

美容クリニックで行われる治療の種類もさまざまで、切開法やハムラ法、脱脂法、レーザー治療、糸リフト、ヒアルロン酸注入など多彩な方法があります。それぞれの施術に特徴があるので、施術を受けたい方の状態や仕上がりの希望にマッチした方法で行われます。

切開法やハムラ法は、目の下を少しだけ切って処置を行いますが、それ以外の方法は切ることはしません。いきなり目の下を切ることに不安がある、という方は切らない方法を試してみるとよいかもしれません。

たとえば、ヒアルロン酸注入だと、目の下に注射をして皮膚組織を持ち上げてたるみの症状を改善します。レーザー照射は、目元の筋肉にレーザーを照射し、そのエネルギーでたるみを改善するのです。

目の下のたるみの予防法とは

普段からちょっとしたことに気をつけるだけで、目の下のたるみを予防できます。まず、普段から目を酷使している方だと、こまめに休憩をとるなど注意してみましょう。目を酷使することが目の下のたるみにつながることがあります。デスクワークの方だとずっとパソコンを見ていることが多いですが、1時間に1回程度の頻度で休憩することをおすすめします。

紫外線によるダメージでたるみが生じてしまうこともあります。そのため、しっかりと紫外線対策をすることがたるみの予防になります。夏場だけ紫外線対策をする方もいますが、冬場でも紫外線は降り注いでいます。そのため、基本は一年を通してのケアを考える必要があります。日傘やサングラス、帽子などで紫外線を防ぎましょう。

むくみが目の下のたるみの原因になることもあるので注意が必要です。血行不良を起こしているとむくみが生じやすくなるため、日ごろから血行を促進させることを意識してみましょう。血液をサラサラにするために野菜をたっぷり食べ、運動や入浴で血流を促すのも効果が期待できます。

治療できるクリニックの選び方

できるだけさまざまな治療法を用意してくれているクリニックを選びましょう。目の下のたるみの原因は人によって異なり、希望する仕上がりなども異なります。治療法の種類が豊富なクリニックだと、自分にマッチした方法で施術が受けられます。

実績が豊富なクリニックで治療を受けるのも大切なポイントです。現在では美容クリニックの数も増え、実にたくさんのクリニックがあります。ただ、技術レベルや経験、実績はクリニックによって大きく異なるのが現状です。安心して施術を受けたいのなら、経験や実績が豊富なところを選んでおけば間違いありません。

気になるクリニックがあれば、一度カウンセリングを受けてみましょう。初回のカウンセリングは無料のクリニックも多いので、まずは相談してから決めるのがおすすめです。
東京で目の下のたるみを治療できるクリニックを探しているのなら、
下記にご紹介するサイトも参考にしてみましょう。
目の下のたるみ治療を行うクリニックを厳選して紹介しており、
ほかにもさまざまな役立つコンテンツを発信しています。
ぜひ目を通してみましょう。

まとめ

目の下のたるみは女性にとって大敵。原因を理解し、
日ごろからたるみが生じないよう予防しながら生活しましょう。
また、目の下のたるみの治療法もさまざまなので、それぞれの特徴やメリット、
リスクなどを把握したうえで治療を受けるかどうかを決めましょう。