サラリーマンの副業にも不動産投資がおすすめの理由

今はサラリーマンでも副収入を得るために副業をする時代になってきました。しかし、副業といっても本業に支障があるのは避けたいと思うでしょう。本業を続けながら副業をスムーズに進めたい方におすすめなのが不動産投資です。どのようなメリットがあるのか紹介していきます。

不動産投資とは?

・利益を得るための投資

不動産投資とは、不動産を使って利益を得るための投資のことです。マンションや一戸建てなどの不動産を活用しながら、毎月家賃収入を得ていきます。または、購入したマンションを売却して利益を得る投資方法もあるのが特徴です。

 

・資金が少なくても投資が可能

不動産投資というとまとまった資金が必要だと感じる方も少なくないでしょう。マンションや一戸建ては数百万円~数千万円程度することがあるためです。実は不動産投資はローンが活用できるので、資金が少ない人でも始めることができます。

不動産投資の種類

・新築または中古のマンション投資

都心にはワンルームマンションや1DKなど単身世帯向けのマンションが販売されています。これらは販売価格がお手頃で、資金が少ない人でも不動産投資を始めやすいでしょう。都心のワンルームマンションなら入居者も決まりやすく、安定した家賃収入が得られます。物件は新築のものを購入する以外にも、中古で買ってリフォームをしながら賃貸経営する方法もおすすめです。

 

・新築または中古の一棟マンション

資金がある程度確保できる方は、一棟マンションを購入して不動産投資をしています。部屋数が多ければそれだけ家賃収入も多くなるでしょう。しかし満室にするには工夫が必要です。ワンルームマンションで不動産投資に慣れた方がチャレンジしやすいタイプです。

 

・新築または中古の戸建て

戸建ての不動産投資は、ファミリー向け物件を手に入れる方法です。新築だとある程度の費用が必要ですが、中古の戸建て住宅を入手してリフォームする方法もあります。ファミリー物件は一度入居者が決まると、長期的に住み続ける可能性があるのが特徴です。そのため、長期的に安定した家賃収入を求める方に向いています。売却はしづらいので、築年数が経ったときのことも考えるようにしましょう。

サラリーマン向けの不動産投資とは?

・都市部の物件を選ぶ

地方と比べて都市部は流動性が高いので、サラリーマンの方が不動産投資をするなら、都市部のマンションを選ぶべきです。人口が多い地域なら空き室になりにくく、収益性が落ちてきても買い取り需要があるので売却しやすいといえます。

 

・区分マンションを選ぶ

サラリーマンが一棟マンションを買うとなると敷居が高くなるので、購入価格が抑えられる区分マンションがおすすめです。1室だけなら手間もかからず、管理は管理会社に任せればよいでしょう。

 

・中古マンションを選ぶ

新築マンションだと投資金額が高くなりやすいので、サラリーマンの方には中古マンションがおすすめです。中古マンションは新築時と比べて3割くらい安くなります。購入価格が低ければ設定家賃が手ごろになり、幅広い方にアピールしやすくなるでしょう。

 

・ワンルームマンションを選ぶ

サラリーマンの方は手ごろで管理が楽なワンルームマンションがおすすめです。ワンルームマンションは空き室になるリスクが少ない傾向があります。暖房機器や水回りなどの設備投資の費用が抑えられるので、資金が少ないサラリーマン向けです。

不動産投資がサラリーマンに向いている理由

・本業に支障が少ない

本業と同時に副業をやろうと思うと、本業に響く可能性があります。しかし、不動産投資は管理のすべてを管理会社に任せることができるので、手間がありません。入居者の募集からクレーム対応、小規模な修繕も対応してくれます。投資家がやることといったら資金管理くらいなのです。

 

・税金がお得になる

サラリーマンの方が不動産投資をすると、給与収入と不動産所得を合算して損益通算ができます。不動産投資は初期投資や設備投資にお金がかかるので、所得がマイナスとなる年も少なくありません。マイナスになれば給与所得で納め過ぎた所得税の還付や、住民税の減税が受けられるようになるのです。

・年金代わりになる

近年は少子高齢化により、将来の年金支給に不安を抱く方は少なくありません。しかし、不動産投資をしておけば、安定した収入が確保できるようになります。長期的に家賃収入を得ることも可能なので、将来設計として不動産投資をするのもおすすめです。家賃収入があれば年金にプラスした収入が得られて、安定した生活が送れる可能性が高まります。

 

・家族のための保険にできる

不動産を購入するときに必要なローンの利用は、団体信用生命保険の加入が必要です。団体信用生命保険とはローン返済者に万が一のことがあったら、ローンの残債の支払いがなくなる保険のことです。家族のために不動産投資をしておけば、残債がないマンションが残り、家賃収入を家族に残すことができます。

サラリーマンの不動産投資を学ぶならこちらがおすすめです。

まとめ

サラリーマンの方が不動産投資に興味を持ったら、基礎知識を身に着ける必要があります。何も知識がない状態で不動産投資を始めても、失敗する可能性が高まるからです。不動産投資にチャレンジするなら、専門家の話を聞くなど知識を取り入れるところから始めましょう。