気になる♡美容部員の今後のキャリアとは、、、


そもそも美容部員とは

化粧品メーカーによってはビューティーアドバイザー(BA)やビューティーカウンセラーとも呼ばれます。お仕事内容としては、化粧品の接客・販売で、ご来店されたお客様のご要望やお悩みに合わせて商品をオススメします。扱う商品のほとんどが直接肌につけるデリケートなものです。そのため、肌の構造や化粧品の成分についての知識も必要となってきます。カウンセリングでお客様に寄り添い、メイクを通して喜ばせたいという思いやりのある人や細やかな気配りができる人に向いているお仕事です。

美容部員をしていて良かったこと

  • お客様が喜んでくれる
    美容部員のお仕事のやりがいはお客様の「美」のお手伝いができるところです。自分が好きなコスメでお客様がご来店された時より明るい表情で退店されるのは嬉しいです。また、お客様との信頼関係を作ることで、常連になってくれたり、指名してくれたりすることがモチベーションにもなります。
  • メイクスキルがあがる=自分自身も磨くことができる
    スキルを磨く必要があるので必然的にメイクが上手になります。また、研修を受けて、スキンケアやメイクに関する知識を得る機会があるので、自分自身のお手入れの勉強にもなります。美意識の高いスタッフが多いので、良い刺激になりますし、センスを磨くこともできます。
  • トレンドを把握できる
    新作の商品にいち早く触れることができます。また、商品のテスターを手にすることもできるのは、この仕事ならではのメリットと言えるでしょう。
  • メイクスキルがあがる=自分自身も磨くことができる
    スキルを磨く必要があるので必然的にメイクが上手になります。また、研修を受けて、スキンケアやメイクに関する知識を得る機会があるので、自分自身のお手入れの勉強にもなります。美意識の高いスタッフが多いので、良い刺激になりますし、センスを磨くこともできます。

華やかに見える美容部員の裏側は…

  • 体力勝負!
    長時間の立ち仕事なので、帰るころには足がパンパンになります。また、お客様にタッチアップするときに中腰の姿勢になることもあるので、腰痛に悩む美容部員もいます。
  • ノルマ・販売目標に追われる
    お店によってはノルマがあることもあります。他のスタッフにも見える様に管理されることも少なくないので、達成できないと肩身の狭い思いをすることは否めません。
  • 容姿のチェックが厳しくなる
    ブランドの顔として働くことになるので、メイクや髪型だけでなく、肌がキレイかも重要となります。お客様からの信用にも繋がるので身だしなみを整えておくことが必要になります。
  • 体力勝負!
    長時間の立ち仕事なので、帰るころには足がパンパンになります。また、お客様にタッチアップするときに中腰の姿勢になることもあるので、腰痛に悩む美容部員もいます。

美容部員の離職率と転職

美容部員は離職率が高く、国内大手ブランドで15〜20%、外資ブランドでは25〜40%程度あると言われています。ただ、美容部員をやめる理由は様々で、他のブランドに転職した人や結婚・妊娠により離職せざるを得ない人も含まれています。また、平均勤続年数は約2年ほどで、キャリアアップを目指して転職する人も多いですし、転職と同時に役職に就く人も少なくありません。

美容部員のキャリアアップ

店長・マネージャーを目指す!
現場で経験を積むことで売り場の責任者である店長やマネージャーになることができます。売り上げ等で実績を上げることができれば、昇格しやすくなるでしょう。店長やマネージャーになると店舗全体の売り上げや人材のマネジメントを担います。また、スタッフの販売力を高めるために勉強会を実施したり、販売計画を達成するためのプロモーションを企画・実行したりします。
教育トレーナーに
化粧品会社で行われるスキル研修や新商品研修などの講師を担当する教育トレーナーを目指す人もいます。教育トレーナーになるためには、自社ブランドの商品知識や、カリキュラムや教材コンテンツを開発したり、たくさんの美容部員に対してプレゼンするスキル等を身につける必要があります。
美容に関する他の職へ
最近話題のyoutuberの和田さん。の様に自分の務めるブランド以外のアイテムも含めて紹介できる職に就くことを目指す人もいます。他にもテレビ業界や舞台、演劇などでメイクアップアーティスト・アドバイザーとして活躍を目指す人も多いでしょう。
全く違う職に就く(事務職など)
美容部員はお客様の悩みに合わせて販売するカウンセリング販売です。直接お客様と接する中で培った知識や技術を活かして、別の業界で活躍することもできます。ただし、3年程度美容部員として経験を積んだ方がキャリアチェンジの可能性は広がるでしょう。美容部員で身につく販売スキルを求める会社も多いです。
営業職に転職
営業職は未経験からの転職先として、人気があり、転職成功率の高い触手です。営業は「仕事の基本」と呼ばれており、長い目で見たキャリアアップを考えると一から別の仕事のノウハウを学んでいくのも賢明な選択だと思います。
美容に関する他の職へ
最近話題のyoutuberの和田さん。の様に自分の務めるブランド以外のアイテムも含めて紹介できる職に就くことを目指す人もいます。他にもテレビ業界や舞台、演劇などでメイクアップアーティスト・アドバイザーとして活躍を目指す人も多いでしょう。

まとめ

美容部員は、人を幸せにできる職業です。お客様が明るい表情になってくれたり、その喜びを共有できたりするところが一番のやりがいと言えるでしょう。大変な一面もある美容部員ですが、仕事をしている間に自分も綺麗になれるお仕事なので、美容が好きな人にはぴったりです。また、美容部員の求人は、未経験OKのものや学歴不問のものが多く、人柄で判断されるので、「お客様に喜んでもらいたい」「人と関わるのが好き」という人は目指してみてはいかがでしょうか。