手づくりイカダで
大海原へ出発だ!

ワークショップ


かつて、
インカ文明のポリネシア人の祖先が
南米大陸から海を渡ってきた。

満足な航海技術もなく粗末な船で
風と海流に流されて
ポリネシア人はどのように
太平洋を渡ることが出来たのであろうか?



その謎を解くために
手づくりでイカダを作り

太平洋に漕ぎ出す!



ワークショップ内容

日時:
4月20〜21日(1泊2日)

20日13時集合
21日15時頃解散予定

集合場所:
沖縄県石垣島 絵本の村grassland
(参加者様に詳細をお送りします)

宿泊:
絵本の村grasslandにて
グランピングテント宿泊


内容:
20日集合後、イカダ作り開始

20日夜、美味しい夕食後、キャンプファイアーで火を囲み、語りの時間
21日の朝食後、筏作り、昼食後はイカダでいざ大海原へ!

参加費:
一般参加:27,000円
ナチュラルビルダー:13,500円
ナチュラルビルド ゴールド会員:無料

家族・カップル割2人: 50,000円

その他:
自分のイカダにドクロの旗を挙げたい人は持ってきてください

ビーチクリーン

石垣島のビーチは世界中で三本指に入る美しさです。ところがここ最近、日本だけではなく、台湾や中国からもたくさんのゴミが流れ着いて、せっかくの美しい景色が台無しになっています。ペットボトルやビニールゴミは毎日流れ着くので、拾っても拾ってもまたすぐに溜まってしまいます。だからこそ、海岸に行った時に拾ったらあっという間に綺麗になりますので、このワークショップの最中にみんなでビーチクリーンをしましょう。また発泡スチロールやプラスチックの浮き玉などはイカダの材料にも使えちゃいます。楽しく地球を綺麗にしていきましょう!

絵本の村grassland


「自然と共に生きる」

「自然の中で生きる」

をコンセプトに、

自然の中で、自然と共に生きる村を

世界中でみんなが作って行けるように、

実践・体験の場を提供。

ナビゲーター

山納 銀之輔

天然素材コンシェルジュ、空間デザイナー、
村づくりコンサルタント、
自給自足アドバイザー、里山料理研究家など。

そこにあるものを使い、そこにいる人とともに創り出す『衣食住を手づくる』スペシャリスト。

日干しレンガや土壁、漆喰などの自然素材を用いた、安心安全で持続可能、かつデザイン性に優れた家づくりを中心に、エコビレッジのプロフェッショナルとして世界各地に呼ばれ、活躍している。

1年半にわたる森の中での狩猟採取生活を通して、
自然界の法則、宇宙の法則を体感。
家、畑、料理、恋愛など、多方面から、
本当の豊かな生き方やあり方を伝え広めている。