病院・施設・整体院・パーソナルジムなどの
現場で活躍できる

病院・施設といった組織内、整体院・パーソナルジムといった組織外

あなたはどの現場で力を発揮できるタイプですか?

それともどの現場で力を発揮できるかわかっていますか?

実はここを知ることが活躍できるセラピストになる一歩目になるのです!

セラピストの現状を知って下さい!

株式会社フューア

代表取締役の岡田直樹です。


理学療法士の現状を知って下さい。


近年は理学療法士が毎年のように約1万人誕生しています。

しかし、診療報酬改定や病院の理学療法士飽和状態が進んできてお

り就職難やリストラが始める時代となってきました。

理学療法士は、リハビリテーションの専門職として注目度の高い職業であり、

社会的にもしっかりとした地位が確立してきていますし

国家資格であることからも理学療法士になりたいと思っている人は多くいます。

今後の社会背景からもリハビリテーションの診療報酬は増えていくことは

難しい現状であり、そうなると給料が低下していくことが予測されます。

国も高齢者が増えていくことも踏まえて、医療費削減を目指し、

予防事業への取り組みも強く掲げています。

このような事からも理学療法士の質が問われる時代へ突入したと考えられます。

ただ、質を高めていくだけでは実はあまり変わらないのです。

その質の高め方や質を高めた中で

どのように患者さん・社会に活かしていけるかが大切なのです。

だからこそ、未来のために活躍できる理学療法士をたくさん増やしたいと思い

フューアプロジェクトを立ち上げました。

フューアプロジェクト 代表 岡田直樹

資格:

理学療法士・ピラティスインストラクターなど

専門学校卒業後、総合病院に勤務し急性期・脳卒中回復期を経験。3年目には関西福祉科学大学の職員として勤務し、リハセンター立ち上げを行い、営業から仕組みづくりまで経験。通信制大学も卒業し、大学院を目指すがセミナー講師をきっかけに起業することを目指す。4年目にはPTの活躍できる現場を増やしたい!と思いから自費の世界へ。ピラティスの資格も取得し、カラダの痛みからキレイまで徹底的にサポートをコンセプトに約1年半後に株式会社フューアとして法人化。それに伴い全国各地でセミナー事業を行い、現場で活躍するために必要な思考・筋膜・ボディワークを中心にwhyからwhat・Howtoを伝えている

このような悩みはありませんか?

  • 国家資格をとったものの、自分の活躍できる場がわからない
  • ボディワークを学び、臨床に活かしたい
  • 夢や目標はあるが、今何をすべきかわからない
  • 整体院やジムをやりたいが、まず何から初めていいかわからない

フューアプロジェクト(future+action・activity)

〜未来の為に行動し、行動したものが活躍する〜

 

コンセプト

どの現場でも活躍できるセラピスト育成

 

活躍とは

クライアントの可能性を最大化出来ることであり、

さらに自分が楽しくワクワク仕事、生活が出来ること

 

フューアプロジェクトとは

①自分力 

→どの現場でも結果を出し、活躍できるためには

まず自分自信がどうなりたいか、どのような夢目標があるのかなど

自分の軸が必要になってきます。

評価治療力とビジネス力の根底には自分力があります。

木でいうと根っこの部分になるということです。

自分力が不明確だと何を学んでも、どれだけいい方法を身につけたとしても

活かすことが出来ませんし、全てが不明確に終わってしまいます。

本セミナーでは自分力を高めるために自分軸の確立を目標にセミナーを行っていきます。

 

②評価治療力
 

→理学療法士の強みは移動手段を獲得するプロである!

その移動手段を阻害しているものは何か・・・

痛み・姿勢障害・可動域制限・筋Tone・筋力など

患者さんの本質的な問題点を見つけ、

その為に必要な考え方・治療の仕方をお伝えします。

ただ、これだけだと不十分です。

あくまでも治療は動かしやすくする環境を整えているだけで、

動けるカラダにしているわけではないのです。

本セミナーではボディワークも含めた、

患者さんに効果的かつ持続的に結果を出していくためのサポートをしていく。
 

③ビジネス力

→ビジネスと聞くと起業するために必要な知識?

と考えるかもしれません。

実はビジネス力を高めると価値を最大化出来るのです!

要するに脳や知識の使い方が足し算ではなく掛け算になり、

結果を出せるようになります。

これは人生においても、患者さんの評価治療においても凄く大切です。

大きく3つに別けて行います。

「リーダーシップ」

→価値を最大化でき、成果を出せる

「マネジメント」

→目標を達成するためのプロセス・過程を構築する

「マーケティング」

→価値を最大化させるための方法

 

まとめ:

痛み・姿勢・動作改善といった手技やボディワークだけでなく、

患者さんの本質的な問題点から目標まで導き、

効果的かつ持続的に結果を出していくためのサポートをする。

それだけでなく、活躍していくためには

自分自身のブランディングやマネージメント能力が不可欠です。

将来整体やジムなどでの独立、組織内でも活かしていける

ビジネス力を高めるサポートも行います。

 

対象:PT・OT・トレーナー・医療系国家資格者

 

日程:日曜日
   
   一期生:平成29年 7/23・8/6・9/3・10/22・11/12・12/17 ※一期生募集終了しました。
         
   二期生:平成30年 1/28・2/25・3/25・4/22・5/27・6/24 ※二期生募集終了しました。

   三期生:平成30年 11月~3月で6回 ※三期生募集終了しました。

   10:00-12:30(自分力・ビジネス編)

   13:30−16:30(評価・治療力)

        

場所:グッポコンディショニングルーム(南海高野線金剛駅徒歩5分)
         or大阪市内検討

 

カリキュラム :

【問診と評価】

・問診、評価とは

・姿勢評価、動作評価

・ロジカルシンキングとは

・問題点の優先順位

・評価から治療実践

 

【運動生理学とバイオメカニクス】

筋紡錘や運動単位 COM、COPなど

 

【筋・筋膜・関節から考える治療法】

筋膜とは 皮膚→脂肪組織→筋膜→筋の触診 筋膜ハンドリング

→どの疾患にも対応できるオリジナルテクニックにて

姿勢・歩容の変化を引き出します。

体幹・内臓の調整 

→体幹部分の筋・膜の調整をすることで、

 体幹機能向上・呼吸や内臓の機能を向上させます。

骨盤の調整

→骨盤部分の筋・仙腸関節の調整を行うことで、

 姿勢の歪み・体幹機能向上を図ります。

頸部の調整

→頸部周辺の筋・膜の調整をすることで、

 姿勢・痛み・嚥下機能・発声機能向上を図ります。

全身調整法・脊柱調整法

 

【ボディワーク概念】

ボディワークの考え方 姿勢の考え方 体幹とコアの捉え方 安定と可動 呼吸の概念と呼吸改善方法 発達学的視点 修正法と応用法 キューイング方法

 

【数十種類のボディワーク方法と指導】

背臥位 腹臥位 パピーポジション 四つ這い 長坐位 坐位 立位

 

【自分力とビジネス概念】

自分力とは ビジネスとは 知識の使い方 リーダシップとは マネージメントとは マーケティングとは 自己分析、軸の作り方と考え方 活躍するためのマインドセット 基準を上げる方法 ビジネスコア 夢目標について ビジネスモデル SNSの考え方と強化 整体院での実際など

受講料:6ヶ月間 298,000円

自分力・ビジネス編のみ17,8000円 評価治療力のみ198,000円

 
募集人数:4人
※少人数制で実施します。

特典:

フューアプロジェクト参加者限定メルマガ

一年間対面コンサル・skypeコンサル・技術サポート・再受講1日1万円

フューアプロジェクト修了証発行

活躍できる場所の提供(整体・ピラティス・セミナーなど)