なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

プロフィール

プロフィールは動画と文章どちらでも
見ていただけます。

動画でチェックする方はこちら

※Zoomでお話をしているため、
聞いてくださっている方の音声や雑音が混ざる部分があります。



文章でチェックする方はこちら

自分ファーストでいい

電気代さえ惜しくて
真っ暗な部屋の中で
入浴しながら
「いっそ消えてしまいたい」
と悩みが煮詰まった時、
私は気付きました。


なぜ、自分の人生なのに、
思うままに生きないんだろう?

なぜ、周りの顔色ばかり伺って
こんなに傷ついているんだろう?

もうやめよう。
自分で自分を幸せにしよう。
そう決めました。


自分を1番に満たしましょう

周りにばかり注いでいては
いつまでたっても
自分の中は空っぽです。

まず最初に満たすべきなのは
あなた自信です。

大丈夫!
あなたがが満たされれば
あなたの中にある器から
水が溢れて
周りまで満ちていきます。


つまり
あなたが幸せになれば
周りも幸せになるということです♡


過去の私



順調に見える私ですが、ここまで来るまでには
波瀾万丈なストーリーがありました。




子供の頃の私は自分の見た目も
性格も、女の子であることも
自分の全てが嫌いで
自己肯定感が低い少女でした。



結婚したら自由になれる。
そう思って
20歳の時
7歳年上の方と結婚しました。


「どう生きたいか?」
自分でもわかっていない私が
幸せな家庭を築けるわけもなく
1年半で離婚しました。


喧嘩ばかりの毎日。
あまりにもストレスがかかった元夫は
ある日
「殺したるぞ!」
と叫び
私は怖くなって逃げ出し、
その日は警察署に保護され
二度と2人で住んでいた家には
戻りませんでした。





進学をあきらめ
18歳で就職しOLになりました。
定時に終業し
福利厚生が充実していて
アフター5が楽しめる
いい会社でした。


でも、
何も楽しくない。
満たされない。
ただすぎて行くだけの日々。




このまま人生終わるなんていやだ

3年勤めた会社を辞め
親に反対されたサービス業を目指しました。

自分に磨きをかけて
自信を持ちたい
という想いもあり
エステティシャンになりました。


エステの仕事はとてもやりがいがあり、
同僚との時間も楽しくて充実していました。

しかし…



目標という名のノルマはとんでもない金額で
スケジュールはパンパンに詰まり
お客様のパック中に
立って昼ごはんを食べるような日々。

ギリギリの人数で回しているので
熱があっても出勤し
休憩時間に点滴を打ちに行く
そんな働き方でした。

離婚問題も重なり
体も心もおかしくなっていき
片手のひらいっぱいもの
薬を必要とするような
体調不良のデパートになりました。


体調不良を理由に
大手エステサロンを辞めました。

しかし…

私も何か成し遂げてみたい
という気持ちを諦めきれず
小さなエステサロンを開業しました。
知識も経験も
自分の顧客も
経営のノウハウもない私。

サロンはうまくいくはずもなく
1年経たずに廃業。

借金800万円が残りました。




莫大な金額の借金を抱えて
普通の仕事でぼちぼち返してたら
人生終わっちゃう。
と思いました。
なんとかして早く返して
人生やり直したい!

そう決意した私は
ホステスになりました。
 (未知の世界だったので怖くて、面接の時は足が震えました)




何もない私に訪れた転機


学歴も職歴も
美貌も健康も
お金も健康も
何もかもない


あるのは
離婚歴と借金と
無駄な贅肉だけ



崖っぷちの私…



だからこそ(⁈)
の転機が訪れました。

周りのおねえさんホステスは
髪をがっつり盛り
まつげも盛り
大人数で来店する
お客様をメインに接客していました。
(人数の多い席の方が売り上げが高いので)


私は見た目が派手ではないし
美人でもない。
メイクも得意ではない。
みんなでワイワイするのも苦手。

おねえさん達の真似では
勝ち目がない


そう思った私は
周りの真似をしないことにしました。

代わりに
私にできることだけやろう!
と決めました。

髪は盛らない。
代わりに艶と手触りにこだわる。


メイクも盛らない。
代わりに肌の白さとキメにこだわる。

みんなでワイワイしない。
代わりに1人で来るお客様と
じっくり話す。
(ひとり客ばかり相手にしてたのでピン客のあや(源氏名)
というあだ名をつけられていました。)
おまけに、
人見知りの私は
おねえさんホステスが集まって
おしゃべりしている待機場所が
怖くてたまりませんでした。


だから
待機場所に座らず
必ずオープン時からお客様につけるように
同伴出勤100%を死守しました。


その結果、月収240万
平均時給17,000円
No.1ホステスになりました!

おかげで借金を一年半で完済できました。





ホステスになって
ずいぶん元気を取り戻していましたが、
相変わらずうつ病の薬を飲んでいました。


いつも頭痛がして
朝がとんでもなく弱くて
冷え性でむくみやすい。


ストレスが溜まりすぎると
アルコールや食べ物に
溺れることがしょっちゅう。


自律神経のバランスが悪いので
しょっちゅう風邪を引いていました。



薬漬けを脱出したい!
せめてフツウの体になりたい!

そのためにはやはり
多少の運動が必要でした。
(医師からもずーっとすすめられていました。)

しかし私には運動をしたくない理由が
たくさんありました。


ふと頭の中に
「ヨガ」
という言葉が聞こえました。



この当時、ヨガが何なのか
ほとんど知りませんでした。


それでも
激しい運動ではなさそうだし
誰とも話さずできそうだし
体にも心にも良さそうだし
私でも何とかできそう。


こんなことがきっかけとなり
ヨガの体験レッスンを
受けることにしました。


はじめてのヨガは
予想以上にきつかったです。


それでも
終わった後は爽快で
ずっとどんより曇って見えていた世界が
久しぶりにカラフルに
輝いて見えました。

これを続けたら何かが変わる!

そう確信した私は
なぜヨガが心と体に効果的なのか?
が気になり始めました。



通常のレッスンでは
その疑問は解決しない気がして、
たった2回しか
ヨガレッスンを受けていないにも関わらず
ヨガインストラクター養成講座を
受講することに決めました!


養成講座の中でヨガ哲学に触れました。
ヨガ哲学の知恵がとても興味深くて
自分なりにかみ砕き
生活に活かしていきました。


その結果
私の人生は大きく変化しました。


幸せになりたくて
満たされたくて

答えをずっと外に探していました。


そんな私でしたが、
ヨガ哲学のおかげで
自分の中に答えを探せるようになりました。


周りの状況は
常に変化するけれど、
それに振り回されない自分になれました。


悩まなくなった訳ではないけど
もう心を病むことはありません。

どんな出来事があっても
外側で起こっていることが
私の内側にある幸せを
奪うことはできないと知っているから。





私が自分ファーストになって
自分で自分を満たせるようになったら、
ずっと「ちゃんと」と言っていた母が
「あなたが幸せそうで嬉しい」
と言ってくれました。




「ちゃんと」と言って制限をかけ
私の可能性など見てくれていない
愛してくれていない
とさえ思っていました。



でも本当は
母はずっと
私を愛してくれていたんだとわかりました。

私に幸せであってほしい。

その気持ちが
「ちゃんと」
という言葉で表現されていただけなんだと
受け止めることができるようになりました。

母はずっと私が幸せかどうか
気になっていたんだと思います。


だから私が心から満たされて
幸せを感じられるようになった
自分ファーストになった姿を見て、
やっと母も幸せになれたんだと
思いました。




なぜ変われたのか?


長いプロフィールになりましたが
こんな私が変われたのは
3つのポイントのおかげです。

1.決める
2.ヨガ哲学を通して自分と対話する

3.自分にできることだけをやる
(それ以外やらない。他の誰かになろうとしない。)


あなたも変わってみませんか?



お伝えしたポイントは
シンプルだけど
1人きりではなかなか
掴みにくいコツかもしれません。




あなたは
「変わりたい」と願っていますか?



そのためにヨガをしたり
本を読んでみたり
いろいろ勉強をしていませんか?



なのになかなか変われずにいませんか?



もしそうなら
私のガイド付きで
自分との対話してみませんか?



お伝えしたポイントのうちのひとつである
ヨガ哲学を通しての自分との対話
を一緒に実践しましょう。


自分ファーストヨガセッションを
ご用意しています。


実践内容は以下の通りです。
最後まで読んでくださり
ありがとうございます。


今回のぶっちゃけ話が
私と同じような悩みを抱えている方に
ほんの少しでも力になれたら嬉しいです。


私のモットーは
「人生は素晴らしき冒険旅行」


スパイスの効いていないカレーなんて
魅力的じゃないですよね?

過去のあれこれは全て
人生のスパイス!


そうやって笑い合って
自分を愛していける
そんな仲間と繋がっていきたいです。


   


Instagram

毎週木曜日 
朝6時30分からインスタライブで
「聴くヨガ」やってます。

問合せ

質問やメッセージがあれば
以下のボタンよりメールをお願いいたします。