倉庫建築でおすすめの会社とは?

「毎日を元気に、健康に過ごしたい。」
心も身体も健康であるために。そのためのヒントが、自分の体の声を聞き、心に目を向けることだと私たちは考えています。

倉庫建築の種類

倉庫建築と言っても、いくつか種類があります。こちらではどんな倉庫建築があるのか、その特徴とあわせて見ていきましょう。
 
・システム建築
依頼主の要望に応じて、コンピュータが可能な限り自動で設計や見積もり、生産を行うタイプを「システム建築」と言います。建築に関する仕様などが標準化されていることもあり、比較的高品質で低価格を実現してくれます。ただ、低価格と言ってもシステム建築がもっとも費用がかかり、機能性重視のためデザイン性の自由度が低いです。
 
・プレハブ建築
プレハブ建築は低コストで短工期、しかも丈夫で長持ちしやすいという特徴があります。倉庫として使うのであれば特に問題はない仕様となっていますが、費用が安いこと、短工期であることからデザインや設計などの自由がほとんどありません。運搬会社などで建てる場合、柱などが邪魔になってしまう可能性もあります。
 
・テント倉庫
プレハブ建築以上に短工期で、コストが安い特徴を持っています。骨組みにシートを張るだけのシンプル構造なので丈夫さ面で弱点になることがあるでしょう。熱がこもりやすい特徴があり、温度変化に弱い精密機械などの保管には向いていません。

倉庫建築をする際の注目ポイントは?

先述したように、倉庫建築にはいくつかの種類があります。種類だけにこだわるのではなく、建てる際に注目したいポイントが複数あります。こちらではそのポイントについて見ていきましょう。
 
・目的に合うものを選ぶ
費用面などを気にするのも分かりますが「なぜ倉庫建築を行うのか」という目的に合うものを選んでください。精密機械保管にテント倉庫が向かないなどの、それぞれのタイプで「弱点」があるので、弱点になっている目的ではないかにも注目しましょう。
 
・維持費
倉庫建築は建てて終わりではありません。注文住宅などでもメンテナンスなどが必要なように、倉庫にも維持費がかかります。目先の安さに釣られて維持費の方が高くついてしまう場合もあるので気をつけましょう。
 
・機能性
倉庫を建てる場合、どんな機能性があるのかにも注目してください。強度や設計の自由度、解体が楽などそれぞれで強みとなる特徴があるので比較してみましょう。

プレハブ倉庫はレンタルもできる?

システム建築は難しいですが、プレハブ倉庫はレンタルで済ませられる場合があります。こちらでは、レンタルすることによるメリットを見ていきましょう。
 
・短期間使用が可能
長期的な使用を目的としているならば、最初から建てる方が費用も抑えられます。しかし、短期間使用の場合は建てることによって大きな費用がかかってしまうのです。そのため、短期間の使用の場合は「建てる」ではなく「借りる」方を検討しましょう。
 
・業者任せにできる
倉庫建築をする場合も業者任せにできますが、解体時も指示を出しておくことで立ち合いを必要としない場合が多いです。レンタルから撤去まで、すべてを業者任せにできるのもメリットのひとつでしょう。
 
・目的に合わせられる
プレハブ倉庫と言っても大きさはさまざまです。レンタルだからと言って、種類が少ないわけではないので自社に合うものをレンタルすることができます。

倉庫建築でおすすめしたい会社について

倉庫建築を検討する場合、実績や評判の良い会社にお願いしたいものです。こちらでは、倉庫建築で評判が良い会社について見ていきましょう。
 
・ヨネダ
倉庫建築だけではなく、新築住宅やリフォームも手掛けている会社です。幅広い要望に応えてくれるので、依頼者の要望を形にしやすい会社として有名です。強度面も問題ない倉庫が多く、理想的な倉庫を低価格で提供してくれます。
 
・関根工務店
創業60年を超える老舗会社であり、培ってきた経験や実績、知識を活かして依頼者の希望を形にしてくれます。満足度、安心感、安全、すべてを叶えてくれる会社です。顧客の利便性重視の経営スタイルなので施工後に得られる満足度も高いです。
 
・大和リース
大規模空間の倉庫などを得意としている会社であり、依頼主の希望に合わせたプランを提案してくれます。強度面も重視されているので使い勝手の良い倉庫建築が可能です。

倉庫建築に関して、他の特徴などを知りたい人は
こちらのサイトをご覧ください。

まとめ

倉庫建築は会社によって特徴や強みが変わってきます。そのため、慎重な選び方が必要となるのです。
自社の目的を明確化して、失敗のない倉庫建築を行うようにしましょう。
複数会社に見積もりを出してもらうことは、損をしないために必要不可欠なことだと覚えておきましょう。