NVIDIAの株価、株価予想について

エヌビディアの株価、株価予想、決算日について紹介するページです。

エヌビディアは長年に渡って、Graphic Process Units(グラフィックス・プロセッシング・ユニット、略してGPU)市場においてトップシェアを誇っており、任天堂ゲーム機のSwitchにも採用されているほどです。

また、GPU以外にもAI市場への参入も果たしておりAIの方面でも大きく成長を見せています。

さらに、GPU、AIは市場自体が急成長状態にあり多方面から需要があることから、エヌビディアの株価もベンチャー企業並みに高騰しました。

ここでは、エヌビディアの株価に関連する情報をお伝えします。

最新の株価情報の見解はこちら
https://ma2no.site/77nvidia-0514-561/

エヌビディアの株価について

エヌビディアの株価に影響する情報として業績があります。

業績を1株当たりの売上高に注目して、その推移を見てみましょう。

エヌビディアはGPUを主軸において事業を営んでいますが、動画、画像の品質向上によりその成長も右肩上がりとなっています。

1株当たりの売上高にすると2000年時点では2ドル弱だったものが、2017年には10ドル強に跳ね上がっておそよ5倍以上となっています。

株価全体でみると2000年時点は30ドル前後だったものが2017年には190ドル前後となります。

特に注目すべきは2016年から2017年にかけての1年間の伸びです。

この1年間だけで株価は実に4倍に高騰しています。

これはGPUの事業よりもAI事業への参入、AIブームによる市場自体の急成長が主要因であると言えます。

エヌビディアの株価予想について

将来性とも関係のある株価ですが今後どのような予想になるのでしょうか。

多くのアナリストが目標株価を180ドルからさらに上げ、200ドル超え、250ドル超えを設定してきています。

しかし、注意して中身を見てみるとエヌビディア自身の自社株買いによって株価を高める動きも見えるため、PER (株価収益率)の高さから見ても頭打ちであるという見方もできます。

数字だけでの判断は難しいため、将来性をどう見るかが投資のポイントとなりますね。

エヌビディアの決算日について

エヌビディアの通期の決算日は、1月の最終の日曜日に発表されています。

具体的に2014年~2018年の日付を見てみると以下の通りです。

・2014年1月26日

・2015年1月25日

・2016年1月31日

・2017年1月29日

・2018年1月28日

 

四半期の決算日は、1月期、4月期、7月期、10月期となりますが、こちらもそれぞれ最終の日曜日に発表となります。

2017年の決算日で具体的に見てみると以下の通りです。

・2017年1月29日

・2017年4月30日

・2017年7月30日

・2017年10月29日

さいごに

エヌビディアの株価にまつわる話題をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

エヌビディアの将来性を考えて投資を考えている人も多くいるかと思いますが、そんな人たちの事前情報としてお役に立てたなら幸いです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。