布ナプキン for ガールズ
布ナプキン ギフト企画

大切なお知らせ

ギフト企画にご参加いただきありがとうございます。
2020年のチャレンジ、ハッピー循環プロジェクトの一環として行ったこちらの企画は、大変ご好評いただき予定を上回る方にご応募して頂きました。

現在、準備していた布ナプキンがなくなっている状態です。
しかし引き続き、こちらにご応募頂けたら、布ナプキンについてはもちろん、そこから自分自身をケアしていくことの大切さについてのレターメールが届きます。
動画を含む最初の5通をお読みいただき、あらためて布ナプキンチャレンジしたい!と思った方は、どうぞご連絡ください。少しお待ちいただくかもしれませんが、少しずつ作ってお届けしたいと思います。

「布ナプキン」ご存じですか?

洗って使う布製の下着で、赤ちゃんの
布おむつのようなもの。



私は初めて布ナプキンに出逢った時
「ありえない」と思いました。


でも
「とにかく絶対好きだから使ってみて」
と親友から無理やり使われたら・・・
目からウロコ!!!


ふわふわであたたかくて
なんだか懐かしい感覚。


慣れるととても使いやすく
しかもとても経済的♪


毎月ドラッグストアでナプキンを買わなくていい♪
さらに、ゴミも出ない!!


これ、思いのほか気持ちいい♪♪



さらに


身体を冷やさないので、
血液の循環を妨げず
月経痛も起きにくくなります。



身体って、とても正直!


「布ナプキンで月経の手当て」をしてみる。
そんなことでも、あなたの身体の
声に耳をすませる第一歩にも
なってくれます。


布ナプキンという選択肢、増やしてみませんか。


こんな方におすすめです

・布ナプキンが気になっていたので詳しく知りたい

・大切な人におススメしたい

・月経時、デリケートゾーンに痒みやかぶれがでやすい

・自分の身体をケアする方法が知りたい

・月経期間を楽しく過ごしたい

・災害時に使い捨てナプキンがなくても乗り切る術を知りたい

ギフト企画で布ナプキンを受け取って頂いた方から、素敵なお声を頂きましたのでご紹介させて頂きます。


ー企画に参加して感じたことを教えてください。

使ったことが無い物(周りも誰も使ったことがない)をお金をかけて買うというのはとてもハードルが高かったので、今までなかなか布ナプキンを選択出来なかった。今回の企画は布ナプキンをプレゼントしていただけるのはもちろん有難いことですが、柏田さんの丁寧な解説動画があったので、本当になんの不安もなく布ナプキンを生活に取り入れることが出来ました。


ー布ナプキンについてのご感想を教えてください。

とても着け心地がよくて、思いのほか漏れない‼‼そして意外とお風呂場にある石鹸で落ちるんですね。とても使い勝手がよかったです。


ーご質問、その他なんなりとご自由にお書きください。

留めのついてる布が余る感じだったので、自分なりに、すきな生地で、持っている下着に合わせて好きな形に作ってみるのも楽しいなぁと思ってしまいました。こんな風にライトに考えることが出来るのも柏田さんの動画のおかげです。素敵な活動をして頂きまして、ありがとうございました。

代表 柏田ひろみ プロフィール

“嬉しい、楽しい、心地いい”をテーマに、
身体の声に耳を傾け、生命の神秘に触れる
セルフケアの大切さをお伝えしています。
自然と神々の国、宮崎県在住。


セルフケア講座では受講者1,000人を超え
「月経が楽しみになった」「自分のことを大切にできるようになった」「人生のターニングポイントとなった」など嬉しい反応を頂いています。


セルフケアをテーマに活動しようと動き始めて16年、
試行錯誤しながらご縁に恵まれ、お陰様で「さらにバージョンアップしたい!」と伝える術を模索しています。


「笑う門には福来る」よく笑い、よく泣き、毎日を丁寧に生きていくのが目標。
樹木希林さんに「あなたは座敷童子みたいね」と言われたことがあります。
出逢った人が幸せになるという座敷童子のような存在になれますように。

 
●看護師、保健師の国家資格取得 
●地域の保健師として市町村で働く 
●経験や出逢いの中で、セルフケアをテーマに活動したいと思い、
2003年よりフリーランスでの活動をはじめ、ワークショップや講演会などを
通じてセルフケアのきっかけづくりを行っている。
●2011年11月~2012年5月まで
宮崎日日新聞のヘルス欄にて週一回のコラム執筆 
●助産院での産前産後のサポート、福祉施設での「ケアする人のケア」教室、
「みやざき布なぷ母の会」設立当初からサポーターとして、
学校での保護者や子供たちに向けたお話会など開催。
●2019年8月から
オンラインにて継続グループ講座開講。
全国から受講頂いている。
今後は、企業やチームへの継続講座も展開予定。

●著書:「シアワセノタネマコウ~布ナプキンという選択~」(新日本文芸協会)
電子書籍(Amazon kindle)
「シアワセノタネマコウ~布ナプキンという選択~」