初めまして。NPO J.I.L.S.Aの代表理事 佐藤かずみです。
NPO法人 J.I.L.S.A (Japn international Life Support Association)代表理事。
福岡県北九州市出身。
2013年から、日本にいる留学生のケアサポートを行っております。
2015年に初めてNEPALへ渡航
2016年にNPO法人 J.I.L.S.Aを立ち上げ

2児の母である自身の経験・目線を生かした留学生ケアサポートを行っております。
時にやさしく、時に厳しくをモットーに活動しております。

今までは留学生だけを日本に送り出しておりましたが、
日本の法改正等に伴って、特定技能人材、技能実習生また、高度人材等の
日本語、日本の文化等のトレーニングを並行して行っており、
2020年より 拠点をNEPALに移し活動を続けております。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

♡現在【布ナプキンプロジェクトForNEPAL】を立ち上げています。
女性の社会進出と月経衛生教育と環境保護教育をテーマに、
NEPAL女性の社会進出を目指し、雇用の創出を行います。
ご支援、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

布ナプキンプロジェクトfor NEPALについて

布ナプキンプロジェクト for NEPAL
布ナプキンプロジェクトを立ち上げようと思った経緯や、
どんな風にプロジェクトを実行していくかなどをまとめました。
もくじ
概要を大まかに分けています
なぜNEPALに布ナプキンがひつようなのか?
ヒンドゥー教の文化チャウパディについて

チャウパディとは、月経のタブーの一種で、ヒンドゥー教の女性や少女が「不浄」と見なされているため、月経中に通常の家族活動に参加する事を禁止されていた制度の事です。

NEPALではチャウパディは2005年に禁止されており、現在ではチャウパディを強要した者に禁錮3か月と罰金(¥3000くらい)を科す法律も施行されています。


なぜNEPALに布ナプキンがひつようなのか?
ヒンドゥー教の文化チャウパディについて

チャウパディとは、月経のタブーの一種で、ヒンドゥー教の女性や少女が「不浄」と見なされているため、月経中に通常の家族活動に参加する事を禁止されていた制度の事です。

NEPALではチャウパディは2005年に禁止されており、現在ではチャウパディを強要した者に禁錮3か月と罰金(¥3000くらい)を科す法律も施行されています。


チャウパディ小屋について

初潮を迎えたからとか生理だからといってまったくもって優しく労わってはもらえません!!!

★月経に関わるヒンドゥー教の迷信

生理中の女性が木に触ると、その木は果実を実らせなくなる。

生理中の女性が牛乳を飲むと、牛は乳を出さなくなる。

生理中の女性が本を読むと、学問の女神サラスヴァティーの逆鱗に触れる。

生理中の女性が男性に触ると、男性は病気になる。
など。。。




私がなぜこのプロジェクトを
立ち上げようと思ったのか?

【チャウパディ】を知った時からNEPALでの生理事情を調べ始めました。

ネパールの山岳部や人里を離れた村では“使い捨てナプキン”の供給は行き届いておらず、使い捨てどころか、古布や新聞紙などを代用しているのが現状です。その為、生理期間中は学校に行くこともできません。

また生理は不浄とみなされているため、使った後の古布なども天日干しにすることはできず、生乾きのままで雑菌が繁殖しそれを繰り返し使うという悪循環により病気になるケースも出ています。


このプロジェクトの目的
この【布ナプキンプロジェクト】は、
NEPALの文化、環境、教育、経済的な事を踏まえ、洗って繰り返し使え、かわいい柄の布で作ることにより、生理用のナプキンとはわかりにくくすることで天日干しができるようになり、また三つ折りナプキンを使うことで、学校や外出先での取り換えを最小限に抑えることが可能な【布ナプキン】を月経衛生教育、環境保護教育と共に浸透、普及させ、最終的にはNEPALでの雇用を生み出し、日本へのフェアトレードを開始し、NEPAL女性の社会進出を支援することを趣旨とした活動となります。
このプロジェクトの目的
この【布ナプキンプロジェクト】は、
NEPALの文化、環境、教育、経済的な事を踏まえ、洗って繰り返し使え、かわいい柄の布で作ることにより、生理用のナプキンとはわかりにくくすることで天日干しができるようになり、また三つ折りナプキンを使うことで、学校や外出先での取り換えを最小限に抑えることが可能な【布ナプキン】を月経衛生教育、環境保護教育と共に浸透、普及させ、最終的にはNEPALでの雇用を生み出し、日本へのフェアトレードを開始し、NEPAL女性の社会進出を支援することを趣旨とした活動となります。
活動内容、各種支援形態について
☆活動初期:初期段階では、NEPALの多くの女性に布ナプキンを知ってもらうために、日本から布ナプキンを大量に製作し、NEPALへ ドネーションを行います。月経衛生教育、環境保護教育も並行して行います。

☆活動中期:少しづつドネーションの量を減らしていきます。
並行して、NEPALでの製作、月経衛生教育、環境保護教育ができるように人材育成を行います。

☆活動後期:NEPAL国内で、製作、月経衛生教育・環境保護教育までができるように環境整備し、布の仕入れを中国やインドからもできるようにし、スピード・クオリティ・デザイン性・安心安全の信頼を築き上げ、日本へのフェアトレード商品として販売を開始します。

****************************
◆布ナプキン製作サポート
①布ナプキン製作サポート
②使わない布の提供サポート
③布ナプキン ワークショップサポート
****************************
◆活動サポート
①布ナプキンプロジェクトの広報サポート
②布ナプキンプロジェクトの運営サポート
③月経衛生教育の指導サポート
④環境保護教育の指導サポート
****************************
◆資金サポート
①企業協賛
②個人協賛
③クラウドファンディング
****************************
活動資金・運営資金・運営方法について
①クラウドファンディングを活用して、活動資金、運営資金を調達。
②チラシ、パンフレット、ホームページ等の作成
③サポーター募集
④協賛いただける企業様へのアプローチ
最終目標
women‘s empowerment with
menstrual hygiene education & environmental education
女性の社会進出と月経衛生教育と環境保護教育

をテーマに、生理中の女性への扱いや、生理がなければ子孫は繁栄していかないということを月経衛生教育の元、正しい情報を伝えていきます。

女性として生をうけ、この世に生まれてきたことを誇りにしなやかに美しく次世代へと受け継いでいける支援活動にします。

そして、【布ナプキンプロジェクトfor NEPAL】によって現地NEPALで女性たちの雇用を生み出し、女性の支援につなげていきます。

自分たちの国で、自分たちで自分たちの為の【布ナプキン】を作り、【布ナプキン】を普及させ、最終的にはフェアトレード商品を製作し、日本への販売を開始します。

また並行して、日本での布ナプキン普及、環境保護発信へとつながる支援活動にしていきます。

最終目標
women‘s empowerment with
menstrual hygiene education & environmental education
女性の社会進出と月経衛生教育と環境保護教育

をテーマに、生理中の女性への扱いや、生理がなければ子孫は繁栄していかないということを月経衛生教育の元、正しい情報を伝えていきます。

女性として生をうけ、この世に生まれてきたことを誇りにしなやかに美しく次世代へと受け継いでいける支援活動にします。

そして、【布ナプキンプロジェクトfor NEPAL】によって現地NEPALで女性たちの雇用を生み出し、女性の支援につなげていきます。

自分たちの国で、自分たちで自分たちの為の【布ナプキン】を作り、【布ナプキン】を普及させ、最終的にはフェアトレード商品を製作し、日本への販売を開始します。

また並行して、日本での布ナプキン普及、環境保護発信へとつながる支援活動にしていきます。

自己紹介とNEPALについて

7年前から日本にいるネパール人留学生のケアサポートをおこなっております。

初めてNEPALに来たのは2015年。大地震の半年後でした。

初めてネパールに来た時からすっかりNEPALに魅了され、5年間で合計15回NEPALに行き、半分NEPAL半分日本の生活を送っています。

NEPAL人のやさしさと人懐っこい性格とNEPALのSLOW LIFEに幾度となく救われ、NEPALと日本をつなぎ、NEPAL支援がしたいと思い、この度この布ナプキンプロジェクトfor NEPALを立ち上げました。

+++++++++++++++++++++++++

NEPALってどんな国?

世界一高い山エベレストがあります!

お釈迦様(Buddha)が生まれた国です!

料理は基本カレー味!

壮大な大自然の中、ビスタレイビスタレイ(ゆっくりゆっくり)な生活を送っています。日本人にはNEPAL時間は最高の癒しとなります。

忙しい毎日に疲れている方はどうぞNEPALに息抜きにいらしてくださいね。是非、NEPALの風に癒されてください!!

NEPAL人について①

コミュニケーション能力が非常に高く、また言語の習得能力が諸外国と比べてもかなり高いです。なぜか?NEPALには様々な民族がいます。その民族によって使う言葉が違ったりもします。TVはケーブルTVで、何百もチャンネルがあり、NEPAL語はもちろんお隣インドのドラマや映画、漫画が放送されており、小さい頃からインド語を耳で聴き勝手に覚えてしまいます。3歳から小学校入学準備の幼稚園が始まり、基本的には英語教育が始まります。私立の学校は英語、公立の学校はNEPAL語によって授業が行われています。(最近では公立も英語での教育に変わってきています)観光大国であるNEPALには、外国人が常にいます。

首都カトマンズで働いている子はほとんどが英語話せます。日本留学していた学生や、日本語を勉強している学生も多いので、日本人とわかると、『こんにちは。お元気ですか?』っと声をかけてくれます。耳で聴き覚えるのが得意な彼ら、彼女たちは日本語の発音も完璧にコピーします。変なアクセントなどもつかないので、本当にびっくりします。

*************************************

NEPAL人について②

誰でもみんなfamilyです。ご近所さん、幼馴染、知ってる人ならみんなDai(お兄ちゃん)Dede(お姉ちゃん)です。

子育ても1家族で育てるというよりは、子供は大切な宝物だといわれていて、みんなで育てる。っという考え方があります。

日本人のどこ知れずのこんな私でもいつもWelcomeで迎え入れてくれて、夕飯をごちそうになったり、パーティーに呼んでくれたり、結婚式に招待してくれたり、でもこれ行かないと大変です。

家族なのにどうして来ない?かなり強引に誘われます。そして行ったら飲んで食べて、踊るに強制参加です。

とにかくNEPALでは家族をとても大切にします。とくにお母さんに対してのリスペクトは半端ないです。

お母さんからの愛情をたっぷりもらって育ったNEPALの子供たちは自己肯定感も高く、とても素直で純粋です。

また、宗教はヒンドゥー教と仏教が混ざっていて独特です。日本でも昔はよく言われていた、【悪いことをしたらバチがあたるよ!】みたいにNEPALでは【悪いことをしたら神様が見てるよ】っと言われています。

NEPAL人について②

誰でもみんなfamilyです。ご近所さん、幼馴染、知ってる人ならみんなDai(お兄ちゃん)Dede(お姉ちゃん)です。

子育ても1家族で育てるというよりは、子供は大切な宝物だといわれていて、みんなで育てる。っという考え方があります。

日本人のどこ知れずのこんな私でもいつもWelcomeで迎え入れてくれて、夕飯をごちそうになったり、パーティーに呼んでくれたり、結婚式に招待してくれたり、でもこれ行かないと大変です。

家族なのにどうして来ない?かなり強引に誘われます。そして行ったら飲んで食べて、踊るに強制参加です。

とにかくNEPALでは家族をとても大切にします。とくにお母さんに対してのリスペクトは半端ないです。

お母さんからの愛情をたっぷりもらって育ったNEPALの子供たちは自己肯定感も高く、とても素直で純粋です。

また、宗教はヒンドゥー教と仏教が混ざっていて独特です。日本でも昔はよく言われていた、【悪いことをしたらバチがあたるよ!】みたいにNEPALでは【悪いことをしたら神様が見てるよ】っと言われています。

現在 布ナプキン プロジェクト
サポーターを募集しております!

サポーター希望の方は下記
布ナプ☆サポーター申込書を送信してください。


会社名 NPO法人 J.I.L.S.A (Japn international Life Support Association)
設立年月 2016年4月
会社住所
TEL
FAX
ホームページ
〒802-0014 
福岡県北九州市小倉北区砂津2丁目14番13号
Japan+81(0)93-980-1546
Japan+81 (0)93-980-2331
HP http://j-i-l-s-a.jimdo.com/
Email
japal.kazumi.2020@gmail.com
会社住所
TEL
FAX
ホームページ
〒802-0014 
福岡県北九州市小倉北区砂津2丁目14番13号
Japan+81(0)93-980-1546
Japan+81 (0)93-980-2331
HP http://j-i-l-s-a.jimdo.com/