【添乗員同行】
ポルトガル旅行ツアーを解説
&最安値を比較!

添乗員同行のポルトガル旅行ツアーを簡単に解説!
  • 海外旅行は初めてという方
  • ご年配の方
  • 予算に限りがある方
  • ポルトガル語・ミランダ語に自信がない方
も、このサイトを見れば大丈夫!
ポルトガル旅行の基礎や、予算や日数別にツアープランを比較できる便利サイトまですべてご紹介します!

ポルトガル旅行の最安価格をラクラク比較♪
詳しくはコチラ≫

ポルトガルとは?

ポルトガルとは、西ヨーロッパのイベリア半島に位置するユーラシア大陸最西端の国です。
北と東にスペインと国境を接し、西と南は大西洋に面しています。国が南北に長く、気候は北部海岸地方と内陸地方、南部地方とで少しずつ異なりますが、年間を通して温暖で過ごしやすいといえます。


この国の多くの文化は、大西洋に面した立地の影響を受けています。
たとえば、塩漬け干しダラやイワシのグリルは国民食であり、国民に人気の旅行先はアルガルヴェのビーチです。
さらに、太古の時代の壁画や、黄金期である大航海時代の建造物など、歴史に触れる世界遺産が数多く残っており、それらはポルトガルが海上帝国として猛威を振るった 1500 年代~1800 年代に建てられたものです。


首都リスボンは海外交易の拠点として発展した港町で、大航海時代から旅人達が集う町には、今も黄色の路面電車が行き交い、素朴で趣ある光景が楽しめます。他にも、ポートワインで有名なポルト、王侯貴族に愛されたリゾート地シントラ、大陸最西端の最果ての地・ロカ岬など見どころは満載です。

もちろん日本でも海外旅行先として人気があり、隣接するスペインと併せて周遊するコースなど、数多くの企画で販売されています。

JTBでは「添乗員同行!おひとり参加ヨーロッパ」という特集が組まれており、1人部屋追加代金が割引価格で設定されていたり、1名から催行確約という1人参加の方にうれしいポイントを押さえています。
中には「(羽田発)6つの世界遺産とユーラシア大陸最西端へ ポルトガルハイライト」というツアーもあり、ルフトハンザ航空でドイツ国内を経由し、ポルトガルに入国し、各所を観光後はリスボンから再びドイツを経由して帰国するというものです。
詳しくはパンフレットがあるようですので、ご確認くださいね。

添乗員付きのポルトガル旅行にかかる金額は、朝食付き・燃油サーチャージ代込みで、7日間、約160,000円~250,000円が目安金額です。
(シーズンや燃油価格の変動によって、最大金額が変わる場合もあります)

東京発(羽田発・成田発)・中部国際空港発・関西発・名古屋発・福岡空港発…
など、各地の航空会社を利用した様々なツアープランが各旅行会社から提供されています。

また、利用航空会社によっては、追加運賃の支払いで、エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードすることもできます。
追加料金の支払い先は航空会社ではなく旅行会社であることが多いため、ビジネスクラスを希望する場合は、念のため利用会社に連絡を行いましょう。

人気のポルトガル観光スポット

・サン・ロケ教会
1584年に日本の天正遣欧少年使節団が宿舎として1カ月間ほど滞在していたイエズス会の教会で、日本との深い繋がりがある場所です。
この教会は16世紀末にイタリア人の建築家によって建てられました。

教会の奥にあるサン・ジョアン・バプティスタ礼拝堂は、モザイクやめのう、瑠璃などで華麗に装飾され、イタリアのバロック建築の傑作と言われています。


・ベレンの塔

テージョ川の河口にあるベレンの塔は、マヌエル1世の命によって16世紀初頭にジェロニモス修道院と同じマヌエル様式で建てられた石造りの塔です。
真っ白で風情のある外観は、純白のドレスを着た貴婦人に例えられています。


当時は、テージョ川を監視して、リスボン港を守る要塞として使用され、1階は水牢、2階は砲台、3階には王族の居室となっていました。
3階のテラスからは向こう岸にある、巨大なキリスト像やクリスト・レイを見ることができます。
大航海時代を代表する建物として、世界遺産にも登録されています。


・ペーナ宮殿

シントラにある宮殿で、1836年にマリア女王2世の王婿であるフェルナンド2世によって、標高500mの場所に建てられました。
ゴシック風、マヌエル風、イスラム風など様々な建築様式が入り交じり、19世紀のロマン主義を象徴する建物として有名です。

1995年には「シントラの文化的景観」として、シントラの宮殿やレガレイラの宮殿とともに世界文化遺産に登録されました。

・ロカ岬

カスカイス北部にあるユーラシア大陸最西端の場所にある岬です。
観光案内所では、自分の名前入りのユーラシア大陸最西端に到達したという証明書を発行してもらうことができます。

高さ140mの断崖には灯台と、ポルトガルの詩人カモインスによる「陸が終わり、海が始まる」と書かれた碑があります。
目の前には大西洋の目の覚めるような青さの美しい海が広がります。特に、ここから見る夕日は心が洗われるようでおすすめです。


・ジェロニモス修道院

エンリケ航海王子を称えるため、マニュエル1世がヴァスコ・ダ・ガマの海外遠征で得た資金で建てた修道院です。
16世紀初めに着工し、完成したのは19世紀と、完成までに300年以上も費やした修道院は、その完成度の高さから、ポルトガル建築の最高峰と言われ世界遺産にも登録されています。


・発見のモニュメント

テージョ川に立つ高さ52mの巨大なモニュメントで、1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して作られたものです。帆船をイメージしており、海へ出航する勇ましさを表現しています。
そして、モニュメントの先端にはエンリケ航海王子、宣教師、天文学者など第一線で活躍した32人のレリーフがあります。屋上にも上ることができ、そこからはテージョ川とベレン地区を見渡せます。


・サン・フランシスコ教会

世界遺産に登録されているポルト市内の歴史地区にあるサン・フランシスコ教会は、1233年にサンチョ2世によって聖フランチェスコへ捧げるために建てられました。
ゴシック様式の傑作とも言われるこの教会は、外観は質素な造りなのに対し、内観はブラジルから運ばれてきた600㎏もの金を使用し、バロック様式の金泥細工の装飾が施されており、とても豪華です。


・コインブラ大学

ポルトガル第三の都市にして、学問の古都としても名高いコインブラにある欧州屈指の名門コインブラ大学は、1290年に設立された国内最古の大学で、主な建築群が並ぶアルタ地区とソフィア地区は世界遺産に登録されています。

敷地内にはキャンパスだけでなく、豪華絢爛なジョアニナ図書館や植物園などもあり、観光名所としても知られています。
学生祭が開催される5月には、大学伝統の黒マントを羽織った学生たちをあちこちで見ることができ、この町独特の学生ファドを聴くこともできます。

ポルトガルの観光スポットをもっと見る≫

人気のポルトガルグルメ

ポルトガルに滞在中、観光の際や滞在ホテルなどで必ず食べたい人気グルメをご紹介します!

・バカリャウ

ポルトガル伝統の干しダラを使った料理のことです。
ポルトガルで水揚げされたタラは塩漬けや干しものなどの保存食として重宝され、そのタラを使った料理も発展していきました。

パンと混ぜて作るフィッシュボールや煮込み・オーブン焼きなど調理法によりバリエーション豊かに変身します。色々なバカリャウ料理に挑戦してみるのもおすすめです。


・カタプラーナ鍋

円盤型の銅鍋を指しますが、この鍋を使って野菜やシーフードを蒸し煮にした料理のことでもあります。
ポルトガル南部、アルガルヴェ地方の郷土料理が発祥とされ、トマトベースの素朴な味が特徴のシンプルな料理となっています。


エビや魚などのシーフードのほか、牛肉などの肉類がスタンダードな鍋の具ですが、お店ごとに味付けや使う食材が異なるので、ぜひお好みのカタプラーナ鍋を探してみましょう。


・アローシュ・デ・ポルヴォ

タコのリゾットのことを言い、お米をよく食べるポルトガル家庭の味として親しまれています。
トマトやニンニク、ワインの効いたソースと一緒に煮込んだ米に、食感にアクセントが効いたタコが絶妙にマッチします。タコ以外の魚介類を使った料理もあるので、食べ比べてみるのもおすすめです。


・アルソダ

こちらもポルトガルの家庭料理として多くの人に親しまれていますが、日本人にとってはめずらしい、パンの入った雑炊です。
にんにくとパクチーで味付けしたスープにパンが入っており、一口食べると調味料の香りが口いっぱいに広がります。

レストランによっては上に卵のトッピングが乗って提供されることもあり、こちらはよりマイルドな味わいを楽しむことができますよ。


・フランセジーニャ

パンにチョリソーやハム、えびを挟み、上から目玉焼きとチーズをかけたボリュームたっぷりの組み合わせが魅力の、ポルトの名物料理です。

フランセジーニャとは「フランスの女の子」という意味で、クロックムッシュが元になっているそうですが、名前のイメージとはかけ離れ、見た目が豪快なB級グルメ。
フライドポテトやトマトソースなどの付け合せと一緒に提供されるので、ガッツリ食べたい方におすすめできる料理です。


・パステル・デ・ナタ

ポルトガル伝統のお菓子で、日本では”エッグタルト”の名称で知られており、もともとはリスボン近くのベレン地方の修道院で作られたものが、現在は広く食べられるようになりました。
サクッとした外の生地と中のとろりとしたカスタードクリームのコントラストが絶妙のタルト。

ぜひ現地で焼きたての温かいものを食べてみてください。思いのほかしつこくなく、1つのサイズが小さいので、次々食べてしまいそうです。

人気のポルトガルグルメをもっと見る≫

ポルトガル旅行ツアーの口コミまとめ 

初めての海外旅行。
添乗員さんのお陰で安心して楽しめました

私も妻も気が付けば還暦。「長年支えてくれてありがとう」と妻に感謝の意を込めて、海外旅行をプレゼントしました。初めての海外旅行に選んだ場所はポルトガル。ポルトガル語はしゃべれないのでガイドさんと添乗員さんが付いたツアーを選びました。
旅行前は、楽しみという気持ちの反面「言葉の問題」を考えると、不安も大きかったのですが。
いざポルトガルにつくと、美味しい食事やきれいな景色、日本では味わえない異国の様々な魅力に圧倒されました。初めての海外旅行がポルトガルで、本当によかったと妻も私も感激。
また「言葉の問題」ですが、買い物などの際は、ガイドさんがポルトガル語を英語に、添乗員さんが英語を日本語に通訳してくれたおかげで滞りなく楽しむことができました。
娘夫婦や孫へのお土産を一緒に考えてくれた添乗員さんには頭が下がりません。楽しい旅行を、ありがとうございました。叶うなら次回も是非、同じ添乗員さんにお願いしたいです。
(栃木/60代/男性) ※画像はイメージです

笑顔の絶えない7日間でした

息子が8歳、娘も5歳になったので、そろそろいいかな?と思って念願の海外旅行にポルトガルを選びました。本当は新婚旅行で海外へ行こうと思っていたのですが、子供にも外国の景色を見せたい!と思って、ずっと楽しみにしていました。
私が参加したツアーは、コインブラ, リスボン, ポルトを7日間で旅するツアーでした。
添乗員さんが同行してくれるツアーなので、ガイドさんの英語の通訳はもちろん、「ありがとう」や「こんにちは」などの簡単なポルトガル語も教えてくださいました。
そのお陰で、息子も娘も初めてポルトガルの人とコミュニケーションを交わせたときは本当にうれしそうで、私も旦那もすごく感動しました。
子供を連れて海外旅行、大変そうなイメージですが、本当に楽しかったです。
家族で共有する素敵な思い出がまた一つ増えて、本当に良かったです。
日本に帰ってきてから、旦那は「次どこ行く?」ばっかり言っています。笑
早ければ来年にでも、今度は別の国へ家族旅行に行きたいと思います!
(静岡/30代/女性)※画像はイメージです

一生忘れられない思い出ができました

彼女と付き合って5年目、プロポーズもしたいし、思い出に残るところに行きたい!…ということで、海外旅行が趣味な友達がすすめてくれたポルトガルへ行きました。
ポルトガルに行く前、彼女は「治安が不安」「言葉通じる?」と不安がっていたので、添乗員つきのツアーを申し込みました。
実際ポルトガルに行くと、安全なコースを回ってくれたお陰か治安の悪さも感じなかったし、英語で話すガイドの言葉を翻訳してくれたので、安心して旅行を楽しめました。
あと、彼女はポルトガル系の雑貨が好きなので、添乗員の人におすすめのお土産屋さんとか教えててもらって、自分よりポルトガル満喫してると思いました。
プロポーズですが、行きの飛行機の持ち物検査で指輪が彼女に気づかれないかヒヤヒヤしたけど、無事に成功しました!
添乗員の人にこっそり聞いたら、満天の星空がお勧めらしいので、星空の下でプロポーズしました。一生忘れられません!
食べ物も空気も美味しかったし、ポルトガルの人もみんな優しかったので、絶対にまた行きたいです。
(東京/20代/男性) ※画像はイメージです

ポルトガル旅行ツアーの感想で多かったものは…

添乗員付きのポルトガル旅行ツアーに参加された方にアンケートを行ったところ、感想として多かったのは以下の通りでした。
1.添乗員付きだから安心感があった
初めて海外旅行に行かれた方に多い感想でした。
  • 安全なコースをまわってくれた
  • 出発から到着まで一緒なので、心強かった
  • ツアーに関する質問にやさしく答えてくれた
  • 現地に詳しい人がいるのは心強かった
などの声が寄せられています。
2.添乗員の下調べや申し込みのお陰でスムーズな行動ができた
添乗員とは現地を案内してくれる「ガイド」とは違い、ツアー客の旅程管理を行う人です。そのため、
  • 添乗員さんが美術館に予約してスムーズに手続きしてくれたおかげで、ゆっくり観光することができた
  • 海外の土産物屋はぼったくり料金が心配だったけど、添乗員さんがしっかり調べてくれたおかげで気兼ねなくショッピングを楽しめた
  • お店の営業時間までしっかり把握してくれて、安心できた
という声が多かったです。

3.言葉の不安がなくなった 現地ガイドの中では、日本語ではなく英語のみでガイドを行う方もいます。 そこで、「英語が不安」という方に、日本語と英語の通訳をしてくれる添乗員さんも多いです。 また、現地の基本的な挨拶を教えてくれる添乗員さんもいます。
  • 買い物中値段がわからないとき、添乗員さんが英語でお店の人に聞いてくれた
  • ガイドさんの英語が聞き取れないとき、日本語でやさしく通訳をしてくれて安心できた
  • 子供に簡単な挨拶を教えてくれた
などの声が寄せられています。 口コミから、添乗員さんのお陰で円滑にポルトガル旅行を楽しめた様子が分かりますね。

添乗員付きのポルトガルツアーを一括比較してみる!≫

ポルトガル旅行を格安で申し込む裏ワザ

数ある旅行サイトの中から、最も自分に合った旅行プランを探すのは非常に困難…。
そういった方のために、様々な旅行サイトの添乗員付きツアープランを一括で比較できる、便利でお得なサイトをご紹介いたします!

ポイント1:添乗員付きツアーに特化!

ほかの海外旅行サイトは、「添乗員付き」といっても、結局は添乗員付きとそうでないツアーをごちゃ混ぜに紹介してくることも多々…。
しかし、「テンツキ」は添乗員付きツアーに特化したサイトなので、紹介しているのは添乗員付きのツアーだけ!
安心して添乗員付きの海外旅行を探すことができます!

ポイント2:各社のポルトガル旅行ツアーを一括比較!

海外旅行サイトは多数あって、自分の予算や希望に沿ったツアーを選ぶのは大変。
そこで、添乗員付きツアーの専門サイト「テンツキ旅行」でポルトガル旅行を検索すれば、様々な旅行会社のポルトガル旅行ツアープランを一括で比較することができます!

ポイント3:サイトが見やすくて分かりやすい!検索も簡単♪

添乗員付きツアーの専門サイト「テンツキ旅行」は、
  • 行きたい方面
  • 予算・日程
  • フリーワード
の3つから添乗員付き旅行プランを簡単検索!
画面が見やすくてインターネットが苦手な方でも大丈夫。
海外旅行初心者の方にも、わかりやすいサイトになっています!

「行きたい」がきっと見つかる。まずはお気軽に検索から♪
テンツキ旅行というサイトでは、
コストパフォーマンスの優れた格安ツアープランから、

少人数でゆったりと旅ができる快適な旅のプランまで、
様々な添乗員付きの旅行プランを比較することができました!
まずはお気軽に、行き先や予算に合わせたツアープランの検索をはいかがでしょうか?
※管理人も使用しましたが、サイトに利用料はかかりません。
※旅行プランの検索に個人情報の入力は必要ございません。