次回イベントのご案内
こちらのイベントは終了しました!

研究者に会いに行こう!

近年、将来就きたい職業ランキングでも上位に現れはじめた「研究者」と触れ合いませんか。
東京大学・千葉大学・筑波大学の大学院生らや教員が、実験や工作を交えながら最新の科学をわかりやすく紹介します。世界と競い合いながら日々進歩している科学の世界を、ちょっとのぞいてみませんか。

【開催概要】
★ 日 時 :いずれも15:00~16:30 (14:45~受付開始)
 ① 4月22日(日) 130億年 銀河の旅               (菅原 悠馬 東京大学大学院)
 ② 5月27日(日) 氷が語る地球の今昔     (宮本 千尋 東京大学大学院)
 ③ 6月17日(日) 自然環境からわかるヒト社会 (野村 一貴 東京大学大学院)
 ④ 8月05日(日) 発掘!化石体験講座             (泉 賢太郎 氏 千葉大学 特任助教)
 ⑤ 9月09日(日) 小さな砂粒の大きな力          (小林 怜夏 筑波大学大学院)
 ⑥ 10月7日(日) いのちの設計図をみつけよう (赤津 亜希 千葉大学大学院)
★ 場 所 :流山市立森の図書館 (①~④,⑥)
       流山市おおたかの森センター(⑤のみ)
★ 対 象 :小学3年生~6年生
★ 参加費 :各回2,000円(実験・工作あり。1回からご参加いただけます)
※ 準備の都合上、取消連絡の日時により、参加費に対する以下の割合のキャンセル料を申し受けます。指定の口座までお振込みください。なお、振込手数料はご負担ください。(7日前以降20%、3日前以降40%、前日60%、当日100%)
★ 定 員 :各回20名(事前予約制,先着順)
★ 締切り :各回前日24:00
★ 主 催 :流山サイエンスエデュケーションラボ(NSEL)
★ 共 催 :流山市立森の図書館、流山市おおたかの森センター、流山市立こども図書館
★ 問合せ :nsel.sci_at_gmail.com("_at_"を@に変えてお送りください。)
★ 申 込 :以下のフォームよりお申込みください

活動報告

2018/2/11 Sun.

NSELキックオフイベントを行いました!

NSEL初イベントは小学生のための科学講座。国立天文台から羽村太雅氏をお招きし,宇宙についてのお話をしていただきました。

低学年の部「手のひらに宇宙を乗せてみよう」
前半は国立天文台の電話相談たくさんの質問を羽村さんにぶつけ,各々が持つ宇宙のイメージを膨らませていきました。みんなの元気と集中力にはスタッフもびっくり‼各々,思い思いにスパンコールをちりばめ,こだわりの星座ストラップができたようです。

高学年の部「宇宙に星をちりばめよう」
高学年のみんなは,立体星図工作に挑戦!難しい工作も,積極的に質問したり,お父さんお母さんと一緒に作ったりと一生けん命取り組んでくれました。
親子で会話しながら工作をする姿は,NSELが目指す「科学コミュニケーション」そのものでした。

NSELとは?

毎日にちょこっとサイエンスを。
流山に密着した活動で,地域の皆様の知的好奇心を満たします!

2017年に立ち上げたばかりのボランティア団体です.
流山市に在住の大学院生を中心に流山に縁のあるメンバーが活動しています.
地域の皆様にわくわくしてもらえる機会を提供していきます.

メンバー

代表
小林 怜夏

筑波大学大学院
システム情報工学研究科 修士1年

4歳から流山市に住んでいます。流山市って「どこからも遠くない」ところが好きです。
普段は,地盤工学という分野で,砂粒の動きについて研究しています。将来は人類未踏の場所にがんがん踏み込むエンジニアになりたいです。好きな飲み物は牛乳です。

事務局長
赤津 亜希

千葉大学大学院
医学薬学府 修士1年

私の人生のモットーは、今を楽しく過ごすこと。皆さんと一緒に楽しめるイベントづくりを目指します!
普段Facebookの管理をしているのは私です。どんどんイベント情報アップしていけるように頑張ります。ちなみに平日は、研究室で実験してます。

宇宙担当
菅原 悠馬

東京大学大学院
宇宙線研究所 博士課程1年

天文学者を目指して研究をしています。特に専門は銀河の天文学です。NSELのイベントでトークを担当する際には、主に宇宙の話をします。おもろいイベントをやっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

関連リンク


【姉妹グループ】
 柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)
 http://udcx.k.u-tokyo.ac.jp/KSEL/