ノワーレの妊娠線予防効果を徹底検証

この記事を読めばノワーレの効果についてすべてがわかる。
ノワーレをこれから使おうか迷っている、あなたにオススメの記事をなっています。
特に妊娠8ヶ月以降の対処方法について詳しく書いています。

ノワーレ(Noiret)の妊娠線予防の効果とは!?

ノワーレの主な効果は、妊娠線の予防とできてしまった妊娠線にもあります。
他にも保湿や肌トラブルにも効果があります。

実際にノワーレを使い始めるのは妊娠8ヶ月ぐらいからで問題ありません。
使い方は、ケチらずにたっぷりと使いましょう。
これがまずは妊娠線予防の1つのポイントです。

また、お腹だけに塗るのではなく、ふともと、お尻、腋のした等にも妊娠線が出来る可能性があるので、たっぷりとノワーレを塗っておきましょう。

ノワーレの特徴とは!?

特徴としては、定期購入をいつでも解約できること。出産月に出産祝いがもらえることです。

さらには90日間の返金保証もあるので、安心して利用できます。

ノワーレは、皮膚科医も診断済みで妊娠中でも安心して利用できます。

他にも妊娠線予防クリームは販売されていますが、ノワーレは唯一、できてしまった妊娠線にも効果があります。

余談かもしれませんが、多くの雑誌でも紹介される程の人気商品にもなっています。

他にも特徴をあげると書ききれないほどあるのですが、主な特徴について説明させてもらいました。

多くの方の口コミをまとめてみた

ノワーレの効果について多くの方が口コミをしているので、まとめてみました。

ノワーレの良い口コミ
・できてしまった妊娠線がうっすらとなってきました。
・保湿効果もあるので、乾燥してかゆかったのが解消されました。
・医師が監修しているので妊娠中でも安心して利用することができました。

ノワーレの悪い口コミ
・用量が少ないと思いました。もう少し用量を多くしてもらいたいです。
・購入時の入力フォームをもう少し簡単にしてもらいたいです。
・クリームが少なくなると使いにくいので使いやすくしてもらいたいです。

ノワーレの含有成分について

パワーヒアルロン酸
ノワーレに含まれるパワーヒアルロン酸により、妊娠線の予防が可能となっています。
他の妊娠線予防クリームには含まれていないノワーレ独自の成分となっています。
シアバター
保湿効果で有名なシアバターがノワーレには含まれています。
他にも多くの妊娠線予防クリームには含まれている保湿効果に期待ができる成分です。
ヒアルロンオリゴヒアロベール
聞きなれない成分とは思いますが、この成分も妊娠線の予防には欠かせない成分となっています。
パワーヒアルロン酸とヒアルロンオリゴヒアロベールの効果により、妊娠線の予防がばっちりです。
ヒアルロンオリゴヒアロベール
聞きなれない成分とは思いますが、この成分も妊娠線の予防には欠かせない成分となっています。
パワーヒアルロン酸とヒアルロンオリゴヒアロベールの効果により、妊娠線の予防がばっちりです。

ノワーレを使う部分と使い方

お腹の妊娠線予防
妊娠線の予防といえば、お腹です。
使い方としては、朝とお風呂上がりにたっぷりとノワーレを塗りましょう。
たったこれだけで、妊娠線の予防が可能です。
お尻にできる妊娠線予防
お尻に妊娠線ができることを知らない人も多くいます。
産後にお尻に妊娠線が出来ていたことを知って、プールでは短パンを履いている方も多くいます。
ですので、お尻にもノワーレをたっぷりと塗っておきましょう。
太ももにも妊娠線ができる
お尻と同様で太ももにも妊娠線ができます。
ノワーレを使えば、できてしまった妊娠線も薄くできることが可能ですが、妊娠線の予防はしておきましょう。
使い方はお腹と同じで朝とお風呂上がりにたっぷりと塗るだけで問題ありません。
ワキの下にもできるので注意
少数派にはなりますが、ワキの下にも妊娠線ができることがあります。
毎日、チェックして妊娠線が出来てからノワーレを使っても良いのですが、お腹に塗った後、手に付いているノワーレをワキに延ばして予防をしておきましょう。
ワキの下にもできるので注意
少数派にはなりますが、ワキの下にも妊娠線ができることがあります。
毎日、チェックして妊娠線が出来てからノワーレを使っても良いのですが、お腹に塗った後、手に付いているノワーレをワキに延ばして予防をしておきましょう。
以上がノワーレの効果と使い方になります。
これから、出来てくる妊娠線の予防をしっかりとしていきましょう。

株式会社Trydea JAPAN

東京都渋谷区
公式サイト
問合せ