なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

平文俊全氏が代表を務める
ノーバル・ホールディングスって?

この記事では、株式会社ノーバル・ホールディングスについて事業内容や実績、企業としての特徴などをご紹介しています。太陽光発電や株式会社ノーバル・ホールディングスについて興味がある方はぜひ目を通してみてください。
平文俊全氏が代表を務める株式会社ノーバル・ホールディングスは、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの普及を目的とした事業を行う企業です。
枯渇することのない再生可能エネルギーは今注目を集めており、将来性が期待される分野の一つです。
株式会社ノーバル・ホールディングスは本社を構える茨城県内でNo.1の実績を持つほどの経験とノウハウがありますが、どんな事業を行っているのか、具体的にはわからないという人もいるでしょう。
そこで今回は株式会社ノーバル・ホールディングスについて、企業の概要や事業内容などを解説していきます。

株式会社ノーバル・ホールディングスとはどんな企業?

株式会社ノーバル・ホールディングスは、茨城県内で太陽光発電関連事業を行う企業の中でもNo.1の実績を誇っています。
商社を介さずに資材調達することにより、仲介費用を削減できるという強みを持つ企業です。
まずは、そんな株式会社ノーバル・ホールディングスとはどのような企業なのかみていきましょう。


代表取締役を務める平文俊全氏とは?


  • 企業として新たに取引を始める場合、相手先の企業はもちろん、企業の代表を務める人物についても気になるものです。
    どういった経歴を持ち、どういった理念のもとに事業を行っているのか、きちんと知っておくことは良好な関係を築くためにも必要なことです。
    では、株式会社ノーバル・ホールディングスの代表取締役を務める平文俊全氏とは、どんな人物なのでしょうか?
    平文俊全氏は、平文暉朗氏と共同で同社の代表を務めていますが、ネット上で詳細を見つけることはできませんでした。
    しかし、茨城県内で太陽光発電関連事業の中でもNo.1の実績を誇る企業を代表することから、信頼できる人物であることは確かでしょう。


企業概要と事業概要

  • 企業概要
    茨城県つくば市に本社を構える、株式会社ノーバル・ホールディングスは再生可能エネルギーの普及を目的とした独立系投資グループです。
    自社で保有する発電所はもちろん、他社の発電所建設についての助成や共同投資事業にも取り組んでいます。
    また、子会社である合同会社ノーバル・テクノロジーと合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドの3つの会社を管理する役割も担っています。
  • 事業内容
    再生可能エネルギーの普及を目指し、社内はもとより、社外の各分野の専門家からサポートを受けながら発電所の開発・運営を行っています。
    太陽光発電や風力発電を行う子会社を管理することで、グループ全体で一連のプロセスをノンストップで取り組めるのです。
  • 事業内容
    再生可能エネルギーの普及を目指し、社内はもとより、社外の各分野の専門家からサポートを受けながら発電所の開発・運営を行っています。
    太陽光発電や風力発電を行う子会社を管理することで、グループ全体で一連のプロセスをノンストップで取り組めるのです。

株式会社ノーバル・ホールディングスの仕事内容と実績

再生可能エネルギーの普及を目的とする株式会社ノーバル・ホールディングスですが、実際にはどういった実績を残しているのでしょうか?
ここからは、発電所設置までに必要なプロセスと、同社の実績をみていきましょう。
発電所設置までのプロセス
太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの発電所を設置するには広大な土地が必要です。
また、効率よく発電するために木を伐採するなどの整地作業も行わなくてはなりません。
そのため、知識やノウハウがない業者が行うと自然破壊につながるおそれがあり、国によって厳しく規制されています。
発電所が完成するまでのプロセスは次の通りです。

①用地の取得
発電設備の建設に適した土地を探します。
発電所建設には多くの制約や条件をクリアしなければならず、時間をかけて調査し、土地の所有者と交渉を行います。

②行政確認
森林法、農地法、埋蔵文化財保護法などに抵触しないか行政確認が必要です。
また、候補地が規制区域に該当する場合は開発許可、転用許可を取得しなければなりません。

③設計
法規制や付近の送電網を考慮して発電規模を決めた後、電力会社と協議の上設計を進めます。

④事業計画認定の取得
系統連系方法や費用負担について電力会社と協議し、経済産業省へ事業計画認定を申請します。
売電単価が確定するのは電力会社と接続契約が締結された後です。

⑤工事の手配
工事の進行スケジュールを基に資材と要員の手配を行います。

⑥造成開始
土地の造成は法令や周辺環境への配慮を行いながら進めるため、工事期間が変化しやすいです。

⑦建設開始
発電設備の他に安全性を高めるため、外周フェンスや警備システムの建設を行います。

⑧完成
電力会社の送電網に設備を連結させれば完成です。

株式会社ノーバル・ホールディングスの実績

一つの発電所を設置するまでに多くのプロセスを要し、国や自治体への届け出や許可申請も必要です。
また、発電機器に関する資材は海外から調達することも珍しくなく、輸送や通関手続きには知識やノウハウが必要です。
そんな発電所の開発設置について、株式会社ノーバル・ホールディングスは10箇所を超える発電所の設置を完了させています。
この実績が同社の信頼性の高さを物語っているといえるでしょう。

発電所建設過程で起きた反対運動とは?

多くの実績を誇る株式会社ノーバル・ホールディングスですが、福岡県飯塚市で設置が進む発電所「NOVAL SOLAR 福岡」にて周辺住民から反対運動を起こされてしまいました。

反対運動の背景

枯渇することのない再生可能エネルギーである太陽光発電ですが、発電所の設置には、日当たりのいい広い土地が必要です。
そのため、山や丘といった場所が選ばれることが多く、「NOVAL SOLAR 福岡」も白旗山という山の一部に設置を計画していました。
これが周辺住民にとっては大きな問題でした。
山を整地するということは木を伐採することになり、雨が降ると土砂災害のリスクが高まるのではないかと不安になってしまったようです。
また、太陽光パネルの設置により電磁波が発生する、パネルからの反射光により周辺の気温が上昇するといった噂も持ち上がり、反対運動は過熱していきます。

株式会社ノーバル・ホールディングスが行った対応

発電所の設置に反対運動が起こったことで株式会社ノーバル・ホールディングスは対応を行いました。
  • 法を遵守したうえで進めていること
    ・都市計画法、自然公園法、自然環境保全法、農地法、都市緑地法、浸水想定ハザードマップ、土砂災害ハザードマップ→対象外区域
    ・埋蔵文化財保護法→調査済み該当なし
    ・森林法→福岡県から林地開発許可を取得済
    ・自然環境保全条例→飯塚市における公式プロセスを完了済

  • 発電所の設置予定地はもともと別の企業が所有しており、木は伐採されていたため、自然破壊は起きていないこと(もともとシャモットの処分場であった)
  • 雨が降っても下流には負担がかからないように調整池を設けていること
  • むしろ今回調整池が建設されることにより、大雨などの災害時により安全な状態を保てる環境になること
  • 住宅地にパネルの反射光が向き続ける設計にはなっていないため、気温が上昇することはないということ
  • 設置する発電設備は市街地の電柱の電圧よりも低いため、発電所から強力な電磁波が飛ぶことはないということ
  • 事故発生時は自動停止する仕組みとなっており、発電所はすべて第三者賠償責任保険に加入しているため、万が一事故が発生してしまった場合、周辺住民など第三者の損害を補償してくれること
  • 発電所の設置予定地はもともと別の企業が所有しており、木は伐採されていたため、自然破壊は起きていないこと(もともとシャモットの処分場であった)

国や自治体への許可申請も問題なく済んでいることもあり、高い安全性のもとに発電所の設置が計画されていることを説明しています。

まとめ

本社を構える茨城県では太陽光発電関連事業においてNo.1の実績を誇る株式会社ノーバル・ホールディングスは、多くの発電設備設置実績から注目度が高まっている企業でもあります。
太陽光パネルをはじめとした発電設備の設置についてはさまざまな噂が飛び交いがちです。
整地による自然破壊や環境への影響を心配してしまうのは、周辺住民にとっては仕方がないことかもしれません。


しかし、発電所の設置には国や自治体に対し、いくつもの許可申請が必要になり、むやみに建設ができないようになっています。
また、同社の対応を見ると、しっかりと対策を取り、周辺住民に対し誠実な説明を行っていることがわかります。


同社では、社内外から専門家のサポートを受けているため技術面はもちろん、商社を介さない調達手法など、トータルで取り組める仕組みが整っているため、今後もさらなる発展が期待できそうです。