うちにかぎって認知症って関係ないでしょう?

お父さんも、お母さんも元気だし
認知症なんて関係ない
介護が必要になっても
介護保険があれば大丈夫
高齢者ドライバーの事故が
増えているけど、うちは大丈夫!
認知症になったら施設に入ってもらおう

いやいや、そこのあなた認知症は身近な問題です

POINT
1

1300万人以上が認知症及びその予備軍になると言われています

2025年に認知症高齢者が730万人、軽度認知障害(MCI)の人が580万人と見込まれ、合計すると1,300万人に達すると予想されています。
 この数は国民の9人に1人、65歳以上に限れば、実に3人に1人が認知症あるいはその予備軍になるという可能性が浮かび上がっています。
(Yahoo!ニュース特集 2017/3/25 配信から)
 認知症は、誰がいつなってもおかしくない病気なのです。

POINT
2

高齢者ドライバーによる加害者事故が増えています

警察庁が今年1月に発表した統計によれば、75歳以上の死亡事故のうち、認知症や認知機能が低下している恐れがある人の割合は5割。この3年間で1.5倍に増えています。
 これは高齢者ドライバーが事故を引き起こす「加害者」になってしまう側面が大きくなってきていると言えます。
(Yahoo!ニュース特集 2017/3/25 配信から)

POINT
3

認知症の方を介護するのは大変です

厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」は、現在介護をしている方々のなかで、ストレスを感じている人が非常に多いという事実を報告しています。
 グラフをご覧いただくとわかるように、全体の平均としては男性において62.0%、女性において72.4%もの人がストレスを抱えながら介護をしていると回答。性別に考えると、女性の多くがより負担を感じているのです。
(老人ホーム検索サイト「みんなの介護」より 「第291回 介護者の約7割がストレスを抱えながらの介護に苦しんでいる!?その原因を調べてみると“お金”も大事なキーワードだった!(2017/7/28)」から抜粋)

認知症の症状は下のイラストのようなものがあります。これらの症状に対応するのが、なかなか難しく介護ストレスの要因の一つとなっています。

(老人ホーム検索サイト「みんなの介護」より 「認知症の全知識」から抜粋)
POINT
4

重くのしかかる介護費用

認知症など、介護が必要になった場合、経済的負担も重くのしかかります。
 例えば、有料老人ホーム検索サイト「探しっくす」の掲載記事「介護にかかる費用はいくら?在宅介護と老人ホームを比較しました(2017/4/24)」によると、
 在宅介護にかかる費用は、介護保険を使っても毎月平均69,000円、介護期間を健康寿命から考えて10年とすると約900万円かかる計算となります。
 また、有料老人ホームに入居する場合、入居一時金が0~数百万円、月額料金が、平均20~25万円かかります。
 経済的にも要介護にならないようにすることが大切です。

私は、このような認知症問題を少しでも解決できるように活動をしています

NPO 介護予防で日本を元気にする会の小城俊之(こじょうとしゆき)です。

 私は
  • 小さいころ認知症の祖父を介護していた祖母や叔母が大変な思いをしてきた姿を見ていたこと
  • テレビや新聞で、認知症予備軍と思われる高齢者ドライバーが引き起こす死亡事故のニュースを見て心を痛めていたこと
  • 介護保険を含め、介護費用が年々増加していくこと
などから、認知症は大きな社会問題の一つとして、少しでも解決できることができればと、活動を始めました。

 主に認知症予防を目指した脳トレーニング講座「脳若トレーニング」を自治体様主催の講座や介護施設様向けに実施しています。

 今回、笠間ショッピングセンター様のポレポレルームでの体験教室を実施します。

 これは、私にとって認知症予防活動の新たな活動の場となります。これを機会に笠間市はもちろん茨城県の方々に、少しでも興味を持っていただき実践して欲しいと願っています。

楽しい脳トレ「脳若トレーニング」とは!

  • iPadを使った脳トレプログラムです(詳しくはトレーニングメニュー例を参照してください)
  • 読み・書き・計算・パズルなど一人黙々のトレーニングではなく、おしゃべり・会話が中心のトレーニングなので、お友達の輪が広がります
  • iPadを使うのでIT機器に興味がある男性にも好評な講座です
  • 受講者さんはiPadを触るのが初めての方ばかりです。安心して講座に参加してください
  • iPadはこちらで準備します。iPadの販売はしません
  • 講座の中でiPadを使うトレーニングがありますが、iPadの使い方を学ぶ「iPad講座」ではありません。

こんな方におすすめです

  • 物忘れが気になる方、人の名前が出てこない方
  • 運転免許更新時の認知機能検査対策をしたい方
  • 今後、定期講座を予定しているので、たくさんの人と交流したい方

体験教室参加者募集

「いきいき・ワクワク 楽しい脳トレ!」体験教室の参加者を募集します。今後、ご要望により定期講座を計画しています。定期講座は毎月第一、第三月曜日の月2回、参加費は2,000円を考えています。

今回の体験教室は笠間市の後援をいただき開催します。
 
 
日付:2018年6月4日(月)、18日(月)
   (各日、両日どちらでも参加OK)
時間:10:30~11:20
場所:笠間ショッピングセンター
   ポレポレルーム1-1(1階)
対象:65歳以上(目安)の男女
定員:各回先着20名
料金:1回1,000円
   (定期講座も1,000円を予定)

お問合せ・お申込み
NPO介護予防で日本を元気にする会(担当:小城(こじょう))
電話:080-9814-7418
E-mail:kjls001@outlook.com

トレーニング効果の実績

16名の受講者様が5か月間(18回)講座を受講しました。受講前後の各機能検査で、合計得点が記憶機能検査で20%、注意・実行機能が42%アップしました。

全国自治体様導入実績

脳若トレーニングは全国89市町村の自治体様で開催実績があります。
  • 科学的根拠のあるトレーニングであること
  • 地域コミュニティ、通いの場の形成など地域活性化に寄与すること
などが、採用される理由です。

受講者様の声の一例です

6か月間の脳若トレーニングを受講された方のお手紙をいくつか紹介します。

トレーニングメニュー例

脳若トレーニングは10種類、合計500メニュー以上の中から組み合わせてトレーニングを行いますので、飽きることなく継続的に楽しむことができます。

短期記憶

運転免許更新時の認知機能検査の対策に役立ちます

回想法

昔の出来事を思い出しながら会話を楽しみます

想起トレーニング

頭の中にある記憶を必要な時に取り出すトレーニングです

体験教室参加者募集

「いきいき・ワクワク 楽しい脳トレ!」体験教室の参加者を募集します。今後、ご要望により定期講座を計画しています。定期講座は毎月第一、第三月曜日の月2回、参加費は2,000円を考えています。

今回の体験教室は笠間市の後援をいただき開催します。
 
 
日付:2018年6月4日(月)、18日(月)
   (各日、両日どちらでも参加OK)
時間:10:30~11:20
場所:笠間ショッピングセンター
   ポレポレルーム1-1(1階)
対象:65歳以上(目安)の男女
定員:各回先着20名
料金:1回1,000円
   (定期講座も1,000円を予定)

お問合せ・お申込み
NPO介護予防で日本を元気にする会(担当:小城(こじょう))
電話:080-9814-7418
E-mail:kjls001@outlook.com