なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

持続可能な農村を
デザインする

農村の維持・保存のその先へ
「(一社)農村振興センターみつけ」は
地域の皆様とその実現を創造していきます。


私たちは地域の「残したいもの」を
「残せる宝」に変え、
その先にある目的を実現するための
お手伝いを地域目線で行います。

取組事業

見附市広域協定運営事業
【一市一組織運営での多面的機能支払事業】
新潟県見附市全域参加による、多面的機能支払・支払交付金事業の実施を行っています。
広域協定団体設立
コンサルティング・視察受入
【元行政マンの人脈を生かしたスピードある対応力】
広域協定運営組織を設立しようとする地域へ向けたコンサルティング、研修事業等を行っています。


市民参加型・社会実験事業
【農家目線・集落目線での企画立案・連携】
廃村(栃窪)を市民参加で維持管理をすることにチャレンジ中。将来的には市民ファームの設立を予定。


刈羽村広域協定運営委員会運営業務
【提携市の多面的機能支払事業のサポート】
新潟県見附市の多面的機能支払・支払交付金事業のノウハウを提携市である刈羽村に全面サポートを実施しております。


見附市学校給食見附産米供給業務
【学校給食に見附産米を供給する】
見附市における一層の地消地産、大規模農家の育成、農家の所得向上等を図ることを目的とする。また、学校給食で市内各地域の多様な品種の見附産米を使用し、生産者や生産地域を明確にすることにより、児童生徒の食に対する一層の理解を促すことを目的とする。


視察研修受入出向
【広域協定立上げ・お困りごとをサポート】
多面的機能など、全国で実績のある見附市の活動内容を研修として承っております。
研修は有料となります。
ご用命、詳細は以下フォームまで。
市民参加型・社会実験事業
【農家目線・集落目線での企画立案・連携】
廃村(栃窪)を市民参加で維持管理をすることにチャレンジ中。将来的には市民ファームの設立を予定。


更新履歴

2018.5 Facebookを公開しました
2018.1 地域おこし協力隊募集ページを公開しました(終了しました)
2017.12 Webページを開設しました
2018.1 地域おこし協力隊募集ページを公開しました(終了しました)

スタッフ紹介

事務局長
椿 一雅(つばき かずまさ)
見附市役所にて農業担当を10年
見附市広域協定を全国初行政主導で1市1組織として設立
25年勤めた見附市役所を退職後、事務局長に就任
全国各地より、研修や講演の依頼に対応
令和2年1月に合同会社いち会(いちえ)を設立

アクセス

詳細
お車の場合:北陸自動車道、中之島見附IC下車(15分程)
電車の場合:JR信越本線「見附駅」下車(徒歩20分程)
住所  〒954-0006 新潟県見附市新潟町2566-2
連絡先 0258-86-8411 MAIL kouiki-mitsuke@eagle.ocn.ne.jp

会社概要

会社名 (一社)農村振興センターみつけ
代表者 代表理事 高橋 賢一
事務局長 椿  一雅
設立 2017年
事業内容 新潟県見附市広域協定運営、コンサルティング、各種補助事業等
設立 2017年

視察研修申込、お問合せはこちらまで

ご質問、ご要望などお気軽にどうぞ
サイトでご紹介した以外の当社団法人の取組み、ご意見や講演のご依頼なども以下フォームよりお問い合わせください。

※業務都合により、ご返答にお時間を要する場合もございますが、予めご了承のほどよろしくお願いします。