「農」のある暮らし
しぜんのうほうすすめ

最近、自然農法や自然農という言葉や、
有機農産物として野菜がスーパーに並び
売られている姿も
目にする事が
十数年前と比べると多くなりました。

食べたもので体ができていくのであれば、

何を食べるべきか考える方が
多くなってきている事なのかもしれません。

 また、
『自分で食べるものを、自分で栽培する』
といった、

家庭菜園をやられる方も、
できるだけ家族のため、自分のために、

安全で安心して食べる野菜を栽培する方も
増えてきていると感じています。


色々な技術・その方法が、
参考書の中に出ていたり、

色々な講習会、知人から聞いたりする事が
あると思います。

人によっては、「不耕起栽培」だと。
人によっては「炭素循環型」が良いと。
「何もしない自然のままの栽培をする事」だ。
「堆肥を入れれば良い」
「米ぬかが良いや鶏糞が良い」。

「この玉を畑の土に入れれば水が浄化されて、またその波動によって作物は良く育つようになる」
「この菌を入れると良い」

等など色々な栽培をされている方も多い。

私は全てが間違いだとも思わないし、
全てが合っているとも思わない。

何が正解なのかは、
どんな栽培方法をしても
「自分の畑でチャンと野菜が育つ」
ことが一番重要だと思ってます。

自分の畑に合った栽培技術を見つけ出す事です。
もう一つ重要なのは、
栽培する野菜、また自然界の仕組みを取り入れた
栽培方法が一番重要なんだと思います。


今は、化学肥料や化学合成農薬に力を
借りながら栽培している農産物が

スーパーに並ぶ野菜の大半を占めています。
耕地面積が狭い日本において、
農業による生産力を上げていくために

色々な技術が確立してきました。

しかし、環境問題や、食品の安全性からみると、
その弊害も少しずつ見え始めてきており、
日本の農業を見直す時期に入ってきているのではないかと感じております。

少しでも栽培の在り方を変えていこう。
少しでも農薬や化学肥料を減らしながら
栽培していこうと

意識することが大切なんだと思います。

家族の健康を守るものとして、
何を選択して何を食卓にあげるのか

ひとりひとりが考える時ではないでしょうか?

こんにちは!
「農」のある暮らしを提案する
自然農法普及員の板坂康行です

「食べる」とは、「食」とは何なのか?「食べる」とは生きていくために
欠かす事の出来ないもの。
そのための「食」とは、人を良くするものであって欲しいと願います。

食を取り巻く環境は年々変化しつつあり、『何を選択して、何を食べれば良いのか』と考えなければいけない時代になってきています。誰もが「安全で安心できるものを食べたい」と願っていると思います。

「農」のある暮らし。けっして高いハードルでは無いと思います。
自分の出来る範囲で、無理にならないように取り組んでみて下さい。

野菜を通して季節を感じ、自然を感じとってみて下さい。
きっと、今より『自然に沿った生活を心がける』という事が大事であると
感じられると思います。

できる事から始めてみませんか?
先ずは最初の一歩を踏み出す事がとても大切なのだと思います。

植物(野菜)は人間よりも進化?

上記の写真は大豆を写したものです。
同じ土と種。栽培も同じ環境にしたものです。
生育が左右で変わりました。
ただ一つだけ違う点は、
それぞれにかけた言葉だけの違いです。
良い言葉(褒めながら育てた)と
悪い言葉(貶しながら育てた)
言葉だけの違いでどうしてこれだけの
生育の差が出来たのでしょうか?

植物は人間の誕生よりもはるか昔から、この地球上に生存しています。その分、人間よりも進化していると考えられています。進化の過程を遺伝子情報量で見る方法がありますが、植物は人間の遺伝子情報の数倍あるそうです。人間よりも進化している「植物」でありますから、人間の科学では証明できていない事も多く存在します。

普段何気なく見ている植物、食べている野菜は、実は不思議な生きものなのです。

もしかすると…

植物には「」があるのかもしれない!

人の言葉を理解する能力があるかもしれません!

心(感情)をもっているのかもしれません!

人を癒す能力があるのかもしれません!

これらは、感じる世界だと思います。実際にを播いて、育ててみて欲しい。
もし自分の中で新しい発見感じることがあれば、それを大切にしてもらいたいです。

学び方、取り組みの在り方はいろいろ

農家・家庭菜園で栽培を始めている方向けのセミナーです。化学肥料を有機質肥料に変える。化学合成農薬を自然農薬に変えるといっただけでは、中々上手に栽培できない場合が多いのです。そんな栽培に対する疑問を解決する。栽培に対してのアドバイスを行います。
野菜(植物)と向き合う中で、色々な発見、気づきがあるかもしれません。
そういう意味では、「畑の楽考」の先生は野菜達です。野菜を育てる事は、自分も育てられていくのだと思います。みなさまの「育てる」をお手伝い、サポート致します。畑初心者様向けの学ぶ場です。
畑を借りてまではハードルが高い。時間も無い。土地も無い。そんな方には、小松菜、葉ネギ、パセリなど、キッチンに置ける大きさから、ナス、トマト、キャベツ、玉葱等ベランダに置ける大きさまで。土地が無くても野菜生活はできます。そんなプランターを使った栽培をお伝えします。
畑を借りてまではハードルが高い。時間も無い。土地も無い。そんな方には、小松菜、葉ネギ、パセリなど、キッチンに置ける大きさから、ナス、トマト、キャベツ、玉葱等ベランダに置ける大きさまで。土地が無くても野菜生活はできます。そんなプランターを使った栽培をお伝えします。

自然農法セミナー

☆環境に負荷を欠けず、安全な農産物を栽培する農法であるということ。

 ⇒日本の様に栽培面積が小さい場合は、
  面積当たりの収穫量を上げる事が必要になって
  きます。その為の品種改良や栽培技術が進んで
  いく中で、化学肥料や化学合成農薬を使う事が前提
  となっています。大量の化学肥料は環境汚染や、
  病害虫発生⇒農薬散布⇒人体への影響も。
  硝酸態窒素の濃度が高くなる⇒メトヘモグロビン
  血症や、癌のリスクも上がる。
 ⇒面積当たりの化学肥料使用量、
  日本は世界トップクラス。
  それにより病害虫の発生のリスクが高まる。
 ⇒農薬の使用量も世界トップクラス。
 ⇒有機物は全て安全かというとそういう訳ではない。
  有機物でも使い過ぎると野菜の硝酸イオン値も
  上昇しますし、未熟な畜糞堆肥は環境汚染、
  水質汚染にもつながります。
  必要な有機物を正しく使うという事が大切です。
 
☆野菜の特徴(生理)を理解し、野菜が自ら育っていく力をサポートしていく
 農法であること。
 ⇒基本的には必要以上の肥料や、農薬も使用したく
  ないので、栽培する野菜がどんな性質で、どんな
  環境が好きなのかを考えて栽培していく事が
  大切です。
 ⇒例えば、一番好む温度帯はどのくらいなのか、
  光がよく当たる場所が良いのか、
  肥沃な畑を好むのか、肥沃ではない畑を好むのか、
  水分が多い方が良いのか、少ない方が良いのか、
  根が浅いのか、深いのか
  などなど、野菜それぞれの特徴を理解して
  栽培していくという事です。
 ⇒野菜は「光合成」をしながら自ら育っていきます。
  植える時間帯、植える天候等も野菜が臨む
  一番良い形で植えてあげる事が大切です。
 
☆野菜を育む「土」と「種」が大事な農法であること。
 ⇒一番重要なのは、野菜の根が多く張れる土を
  作ってあげる事であります。
 ⇒土には野菜を健全に育てる力が本来備わっている
  と考えています。それを発揮させていくために、
  通気性が良く、保水性や排水性に優れた土を
  作っていく、工夫していくことが必要です。
 ⇒「土」と同じくらい重要なのは「種」です。
  昔は自らの畑で採種されていた方が多かったですが、
  今は、種を購入する時代に変わってきました。
  種の素晴らしい所は、親の性質を引き継いで
  いくという事です。
  自然農法の畑で種をとっていく事で、
  自然農法に適した種になっていくという事です。
  もっと言うと、自分の畑で種を採り続けていくと、
  だんだん自分の畑に合う、作りやすい「種」に
  なっていくという事です。但し「種」に関わる法律
  もありますので、採種する場合は注意が必要です。
 
☆土や作物に愛情をかける
 ⇒人や作物だけでなく、土にも尊い生命が
  宿っています。したがって、自然の力を生かして
  健全に野菜を育てるには、土や野菜に愛情をかける
  ことが大切であります。
 ⇒土には昆虫や小動物などが一杯生きています。
  また、土1gの中にいる微生物
 (微生物とは肉眼では見えない生き物)は
  約2億~10億いると言われています。
  そう考えると凄く多くの生物が土の中で生きている
  という事です。
 ⇒作物も人間よりも進化していると考えられている。
  遺伝子情報の数が人間の数倍から数十倍あると
  言われています。
  科学的に証明できない事がたくさんあります。
  種を播くと根が下にいき、芽が上に出てくる。
  あの小さな種が地球の磁場を理解し、
  上下が分かっていないとそうはならないですよね。
  最近、音楽を聞かせると成長がよいとか、
  愛情をかけ、声をかける野菜と、
  そうではない野菜では成長が違うとか、
  実験すると結果としてはそうなるが、
  何故そうなるのかが今の科学では証明できて
  いません。そういう不思議な植物を育てている
  という事が面白さでもあるのだと思います。

畑の楽考

~畑から食卓まで~

土に触れ、「一粒の種」を播く。
皆さんの愛情を受けながら、
大地に根を下ろし力強く育つ野菜。
収穫した野菜を、心を込めて調理して、
感謝の心で食してみる。
その一連の流れの中で、時には「悩み」ながら、
「考え」ながら、そして「楽しみ」ながら、
野菜と向き合い、会話し、
大地に育まれていく野菜の姿を見つめていく。
もしかすると色々な発見があるかもしれません。
色々な気づきがあるかもしれません。
それは、私たちがこの地球上で生きていく上で大切な学びになるかもしれません。
そういう意味では、「畑の楽考」の先生は
野菜たちです。
みなさんの「育てる」をお手伝い、サポートをさせていただきます。

プランターでの栽培

かんたんそうで、失敗しやすいプランターでの
野菜づくり
野菜をプランターで育てるには
ちょっとした知識(コツ)が必要です
野菜に応じたプランター選び。
畑とは違い、水やりの回数が増えるプランターは土が固まりやすく、どんな土を選択するかも
考えなければなりません。

作りたい野菜に合わせたプランター選び、
栽培方法、苗や種の提供(一部のみ)
やプランターの土づくりや、プランター用土の選び方など、要望に応じた内容で
栽培をお手伝いさせていただきます。


味噌づくり
味噌の材料である、大豆、糀、塩にこだわり、
みんなで作る手作り味噌講座。毎年1月~3月に10会場
程度(愛知県・三重県を中心に)開催しております。
その他、各種食育講座(豆腐づくり、コンニャクづくり)、材料を厳選した料理教室等を企画運営してます。
生産者と消費者の顔の見える販売会
多くの農家との繋がりで、地域や場所に応じて、手から手の精神でお野菜をお届けしてます。また、安全性の高い食品等を購入できるお店や宅配システムのご案内も出来ます。地域によって様式が異なりますので、興味のある方はお問合せ下さい
「土と箸」

🔹土から人への「はし渡し」
🔹食べ物を身体へ届ける「はし渡し」
🔹親から子への「はし渡し」
🔹「いただきます」に思いを込めて
6名の有志で立ち上がった「土と箸」
定期開催するセミナーと合わせ、学校や企業様向けセミナーや出張講座も承ります。

「土と箸」

🔹土から人への「はし渡し」
🔹食べ物を身体へ届ける「はし渡し」
🔹親から子への「はし渡し」
🔹「いただきます」に思いを込めて
6名の有志で立ち上がった「土と箸」
定期開催するセミナーと合わせ、学校や企業様向けセミナーや出張講座も承ります。

自然農法セミナー(2021年)
愛知県:常滑市、武豊町、あま市、春日井市
岐阜県:岐阜市(旧柳津町)、揖斐川町
三重県:桑名市、四日市市
にて開催が決まっております。場所、開催頻度や参加費等は会場ごとに異なるので、詳細はお問合せ下さい。
なお、新規会場開催に対してもご相談下さい。
セミナー参加費は1,000円/人・回 
程度となります。

畑の楽考(2021年)
桑名市の城南萱町にて開催しております。4月~11月までのセミナーと
my畑(有料)や実習畑での野菜作りとなります。
単発参加の場合は1,000円/人・回
通しの参加の場合は6,500円/人・8回です。
今後は、新規会場の開催も考えていきます。各地域での開催を希望される方はお問合せ下さい。

プランターでの栽培
5月上旬に夏野菜(トマト、ナス、ピーマン等)
を育てよう。
6月下旬には、大豆をプランターで栽培して、
味噌づくりの時に自ら育てた大豆を一部入れ込み「世界に一つだけの私だけのお味噌」づくり。
9月中旬に秋野菜(ミニ白菜、キャベツ、ブロッコリー等)を育てよう。
プランター、苗、土、その他備品代を含め、
2,000~3,000円/人・回
の参加費となります。
その他、周年を通したプランターでの「ミニ野菜づくり(小松菜、水菜、二十日大根等)」も開催できます。

プランターでの栽培
5月上旬に夏野菜(トマト、ナス、ピーマン等)
を育てよう。
6月下旬には、大豆をプランターで栽培して、
味噌づくりの時に自ら育てた大豆を一部入れ込み「世界に一つだけの私だけのお味噌」づくり。
9月中旬に秋野菜(ミニ白菜、キャベツ、ブロッコリー等)を育てよう。
プランター、苗、土、その他備品代を含め、
2,000~3,000円/人・回
の参加費となります。
その他、周年を通したプランターでの「ミニ野菜づくり(小松菜、水菜、二十日大根等)」も開催できます。

味噌づくり
毎年1月~3月にかけて10会場ほどで味噌づくりを開催しています。
拘った原材料(大豆、塩、糀「米、麦、豆」)を使用して、
自分の手で作る味噌。各会場、ご家族で参加される方も多いです。
12月~1月にかけて、参加者を募り、味噌の材料注文が始まります。
作る味噌の種類や量によって金額が変わります。
味噌材料代(3,300円~8,750円)
+講習料1,000円。
※講習の内容によって講習料は変わってきます。ご了承下さい。
講座に参加して作るも良し、材料のみを注文して、ご自宅で作るも良し。
「作り方レシピ付き」、youtubeにも作り方をupします。
興味のある方は12月頃にお問合せ下さい。
生産者と消費者の顔の見える販売会
自然農法で栽培されている生産者の野菜の販売。生産者の思いを、こだわり、美味しい農家レシピをお伝えできるように販売会を開催しています。
★多度朝市(毎月第2日曜日)
9:00~14:00 「紬」の屋号
★大山田グリーンフェスタ(毎年11月3日)
★MOAグリーンマーケットでの野菜市
(名古屋店、半田店、岐阜店、久居店)
その他、ルート便や宅配システムがあります。
詳細な情報を知りたい方はお問合せ下さい。
「土と箸」(2021年)
これだけは知っておきたい「食のおはなし会」の開催。
新型コロナウィルスの感染拡大の中にあって、私たちは何を考え、どう行動してきたでしょうか?
今という時期(とき)だからこそ、お伝えしたい想いがあります。
人は土から離れてはいけないのです(身土不二)ひとりひとりの状況に応じたライフスタイルを見つけていきます。
★3月開催 10日(1日目)、24日(2日目) 定員12名 10:00~13:00
★4月開催 14日(1日目)、21日(2日目) 定員12名 10:00~13:00
★5月開催 12日(1日目)、19日(2日目) 定員12名 10:00~13:00
 ※参加費:5,000円/人 (2日分の参加費となります)
参加を希望されます方は問い合わせ願います。
その他、教育現場や企業向けのセミナーも行います。
「土と箸」(2021年)
これだけは知っておきたい「食のおはなし会」の開催。
新型コロナウィルスの感染拡大の中にあって、私たちは何を考え、どう行動してきたでしょうか?
今という時期(とき)だからこそ、お伝えしたい想いがあります。
人は土から離れてはいけないのです(身土不二)ひとりひとりの状況に応じたライフスタイルを見つけていきます。
★3月開催 10日(1日目)、24日(2日目) 定員12名 10:00~13:00
★4月開催 14日(1日目)、21日(2日目) 定員12名 10:00~13:00
★5月開催 12日(1日目)、19日(2日目) 定員12名 10:00~13:00
 ※参加費:5,000円/人 (2日分の参加費となります)
参加を希望されます方は問い合わせ願います。
その他、教育現場や企業向けのセミナーも行います。

プロフィール

板坂 康行(イタサカ ヤスユキ)
愛知県小牧市在住
石川県立の農業大学を卒業後、「青年就農準備校」として認定を受けた、現「公益財団法人 農業・環境・健康研究所 農業大学校」にて2年間、永続可能な農業を基盤にした健全な農業経営に関わる知識・技術を学び、同校が認定を進める「MOA自然農法普及員資格」を取得。
 卒業後は、中部地区(愛知・三重・岐阜・長野・静岡)の自然農法の普及員として、農家の育成と合わせ、農産物の生産・流通・消費の確立に取り組んでいます。 
 現在は(株)エム・オー・エー商事の農産部に所属し、生産者の発掘、育成に取り組むと共に、家庭菜園の普及、育成にも力を入れ、数多くの教室を持っている。
また、野菜市などの販売会や、食育に関わるセミナーの企画運営を行う。


農業関連の資格:
MOA自然農法普及員
農産物検査員 国内農産物検査(米穀、麦、大豆)
JGAP指導員


お問合せ
各種講座及びセミナーのお問合せ、連絡はメールにてお願い致します